【京王杯スプリングカップ2021予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、京王杯スプリングカップに出走を予定しているエーポス、ラウダシオンの一週前追い切りに関する記事を。

なお、こちらの京王杯スプリングカップの予想や土曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【京王杯スプリングカップ2021予想他】5月15日勝負レース

予想オッズ

1 ラウダシオン 2.5
2 タイセイビジョン 4.2
3 ミッキーブリランテ 6.8
4 グルーヴィット 9.9
5 エアアルマス 11.5

先週のソングラインはまさかまさかのオッズでしたが、このレースは狙っている馬が地味な人気で買えそうなので、いつものように狙えそうな条件と言えるでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週の大勝負レースヴィクトリアマイル!

本命はグランアレグリアではない!

【ヴィクトリアマイル注目穴馬】

桜花賞注目馬5選

ファインルージュ(8人気)→3着
ソダシ(2人気)→1着
アールドヴィーヴル
ソングライン
サトノレイナス(1人気)→2着

フラワーカップ注目馬5選

ホウオウイクセル(5人気)→1着
エンスージアズム(2人気)→2着
ルース
ユーバーレーベン(1人気)→3着
イズンシーラブリー

フィリーズR注目馬5選

エルカスティージョ
シゲルピンクルビー(8人気)→1着
ヨカヨカ(2人気)→2着
ララクリスティーヌ
オパールムーン

中山牝馬S注目馬5選

リアアメリア
ドナアトラエンテ
ロザムール(5人気)→2着
ランブリングアレー(7人気)→1着
サトノダムゼル

【ヴィクトリアマイル注目穴馬】

京王杯スプリングC一週前追い切り

エーポス

脚と頸を出すタイミングが最後の最後まで合わないので全く見栄えはしないが、重心の安定感と脚の回転の速さは評価出来る。ただ、一応長く良い脚は使えているものの、綺麗な尻上がりラップは刻めていないので、これでもまだまだ完成途上という感じになるか。

馬体の緩さと筋肉の張りを見ると前走を使われた上積みは当然大きいが、良い頃の馬体との比較になると今回は程遠い出来と言えるので、完全に復調するまでにはもう少し時間がかかってしまいそう。

ラウダシオン

フォームに全く無駄がなく、重心の安定感と広い可動域を活かしたスピード感のある走りを見ると何もケチをつける事が出来ないぐらいの内容、追い切りと言える。

馬なりで徐々に加速し、最後も軽く気合を入れただけで内面に一気にスイッチが入り、身体をグイグイと大きく使ってグーンと伸びていったので、単純な出来だけの比較になれば前走とほぼ遜色ないというところまで持ってこれたと思っていいのでは。

最後に京王杯スプリングCの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

なお、こちらの京王杯スプリングカップの予想や土曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【京王杯スプリングカップ2021予想他】5月15日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第16回 ヴィクトリアM(GI)>

グランアレグリア陣営が
恐れる穴馬は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬ではダンスインザムード(GI2勝)、ウオッカ(GI7勝)、ブエナビスタ(GI6勝)、アパパネ(GI5勝)、ヴィルシーナ(GI2勝)、ストレイトガール(GI3勝)、アーモンドアイ(GI9勝)など、3冠馬や牡馬相手のGⅠでも勝っている名牝が名を連ねる。

人気別の成績では、1人気【2.3.0.5】、2人気【1.0.1.8】、3人気【0.1.2.7】と1人気が5連対しているが、2.3人気馬はそれぞれ1連対のみとなっている。1人気で優勝したのは昨年のアーモンドアイ、ヴィルシーナの2頭のみ。

過去10年の平均配当では馬連で1万1380円、3連複31万3560円、3連単225万9920円。馬連3桁配当は2度、馬連万馬券が2度、3連単10万馬券以上が4度、3連単最高配当は2070万5810円の特大馬券が出ている。

また、二桁人気の伏兵馬では19年はクロコスミア(11人気・3着)、17年はデンコウアンジュ(11人気・2着)、15年ケイアイエレガント(12人気・2着)、ミナレット(18人気・3着)、14年ヴィルシーナ(11人気・1着)、13年ホエールキャプチャ(12人気・2着)など6頭が馬券に絡み波乱の立役者になっている。

過去の成績からリピーターの好走が目立つ。ノームコアは19年1着・20年3着、ジュールポレールは18年1着・17年3着、ストレイトガールは14年が3着も15.16年を連覇、ヴィルシーナも13.14年を連覇、ホエールキャプチャは12年1着・13年2着など5頭が馬券圏に好走している。

今年はGI4勝のグランアレグリア、19年の2歳女王で前走の高松宮記念2着のレシステンシア、前走の阪神牝馬Sで初重賞制覇したデゼル、ダービー卿CTで牡馬を撃破し初重賞制覇、只今4連勝と勢いに乗るテルツェット、GI馬ダノンファンタジーやリアアメリア、シゲルピンクダイヤなどがスタンバイ。

昨年はアーモンドアイが人気に応えて勝ったが大波乱決着が多い牝馬限定マイルGIでもあり今年のメンバー構成なら大波乱の可能性は大きい。競馬セブンでは波乱の立役者になり得る「隠れ穴馬」の存在を独占スクープ!隠れ穴馬が馬券に絡めば好配当は間違いなし。人気の盲点となり出走する「隠れ穴馬」の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ヴィクトリアM・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第16回 ヴィクトリアM(GI)>

グランアレグリア陣営が
恐れる穴馬は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク