【京成杯オータムハンデ2018予想オッズ】穴馬・ヤングマンパワー馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、京成杯オータムハンデに出走を予定しているヤングマンパワーの馬体診断の記事を。

どうやら台風が直撃する模様。

学生は夏休みが終わったと思った途端、早くも夏休みの延長という事になりそうですね。自分も長い夏休みを終えたばかりなので少し羨ましいと思ってしまいますが、台風で川の氾濫や浸水などの被害が出そうな点は心配です。

とりあえず休み明けなので少しボケもありますが、今週末からようやく秋競馬。北海道の涼しさに体が慣れたせいで暑さにやられていますが、今日辺りから徐々にエンジンをかけていこうと思います。

その他重賞に関する記事はこちら


3点勝負買い目を無料公開

京成杯オータムハンデ馬体診断

ヤングマンパワー

マイラーズカップのパドック

馬体重520キロ、前走から̠̠マイナス2キロ。もともと馬体をつくるのに時間がかかるタイプではない馬なので、間隔があいていた事はそこまで心配はしていなかったが、ひばらのラインをみても馬体が寂しく、数字以上に細く感じる。

トモや肩の筋肉量も物足りなさを感じ、この馬としては気配もやや薄め。手綱からもいつものような力強さを感じられず、ガツンとくる気性が表に出ていない時点で仕上がり途上だったのは間違いない。

踏み込みをみても浅く、トモの筋肉が薄い影響で歩様も柔らかく感じてしまう点は、ゴリゴリのスピード短距離馬として考えるとプラスになる事はない。

関屋記念のパドック

538キロ、前走からプラス18キロと大幅に馬体重を増やしてきた。以前にどこかで触れた事があるが、この馬は気性面が安定しないタイプなので馬体を保つのが非常に下手な馬。ひばらのラインをみても前走との違いは歴然で、今回は明らかに太い。

ただ、トモ、肩の筋肉量も明らかに増えており、調教の動きも一変していた事からすると調子は確実に上向いている。それでもまだ全盛期時と比べると物足りなさを感じてしまう事は事実で、当初は割と上位評価する予定ではあったが、結局動きから本調子とはいかずという理由から△止まりとしたが、結果は見せ場十分の4着と逆の意味で期待を大きく裏切ってきた。

しっかりと地面を捉えながら歩けていたり、手綱から力強さを感じれるようになったりと復調気配を感じる事も出来るが、それでも気持ちはまだまだ入り切っておらず、ガツンと来る気性面が表に出てくるようならいよいよ本調子と言えるサインか。

去年の走りを見ていると極端に衰えた様子は感じられないので、前走を使われた上積みを考えるとそろそろ一発があってもいい頃。ただ、おそらくそこはオッズにも反映されてしまうので、穴という穴で買える可能性は低いが、それでも人気的には十分狙えそうなレベルなので、中間の動き次第ではそれなりの印を打ちたい1頭。

予想オッズ

ロジクライ 2.8
ミッキーグローリー 4.3
ヒーズインラブ 6.0
ワントゥワン 7.1
ロードクエスト 7.2

1人気はもう一つ重賞に手が届きそうなロジクライ。おそらく実績的にも少しだけ人気は抜けるか。続いて勢いのあるミッキーグローリーも、ワントゥワンぐらいまではそこまで大きな差はないオッズとなりそう。

最後に京成杯AHの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

今回のメンバーであればこの馬の能力でも十分足りる。ハンデ差を活かせば勝ち負け争いに加わってくるだろう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第63回 セントウルS(G2)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマースプリントシリーズの最終戦ではあるが、今年はアレスバローズがCBC賞、北九州記念を連勝し、チャンピオンの座をほぼ手中におさめている状況。そうなると、GI・スプリンターズSを占う上で、最も重要視すべき前哨戦という意味合いは、一層色濃くなってくる。

実際、高松宮記念を制した春のスプリント王・ファインニードルがココから始動予定。昨年も制した相性のいい舞台であり、今年も人気になることは必至だろう。だが、あの世界のロードカナロアですら2年連続で負けている一筋縄ではいかないレースで、前哨戦だからこそ、決して力通りの結果とはならない1戦なのだ。

休み明けの実績馬がどれくらい仕上がっているか、どんな思惑で使っているのか、ココに向けての勝負度合いを見極めることが、前哨戦における馬券攻略の大きなカギとなる。しかし、公正競馬を謳う以上、世間に出る情報や新聞に載る関係者のコメントは建前ばかり。本当の情報や、厩舎の裏事情は一部の親しい関係者しか聞くことができず、一般競馬ファンは真実を知らないままに、馬券を買わされることも多々あるわけだ。

だからこそ、元騎手・元調教師といった競馬界の大物OBや、サークル内の事情通など、多種多彩な大物関係者たちを情報ルートとして擁する弊社シンクタンクの情報力が、的中に直結することになる。この情報力を競馬ファンの方々にも体感して頂くため、今週は【セントウルS・3連単勝負馬券】を特別に無料公開させて頂く。セントウルSの馬券を購入する予定がある方は、是非とも一度チェックして頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第63回 セントウルS(G2)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク