【京成杯2018予想】本命エイムアンドエンド

スポンサーリンク


おはようございます。

土曜の競馬は全くダメ。今年は初日は悪くなかったものの、いきなり大きい馬券を数本逃すという失態もありイマイチ流れに乗れていない感じがするのでそろそろ一発欲しいところです。ただ、ここは焦らずいつものように無難に当てにいくようなレースはしっかりと当てて、攻めるレースはがっつり攻めるという感じで流れが来るまでひたすら待とうと思います。

では続いて中山メイン、京成杯の予想+αの記事を。イェッツイ、ロジティナ、コズミックフォース、エイムアンドエンド、ダブルシャープ、サクステッド、デルタバローズ、ジェネラーレウーノなどが出走予定。

日経新春杯の予想に関しては更新済みです→ 日経新春杯2018予想

PR【▼競馬素人の方でも月間42万円の利益を出せた指数予想を無料提供▼】

今週の大勝負レース!京成杯の予想見解を無料で公開!

>>> 無料登録はコチラから!

京成杯

本命はエイムアンドエンド

前走の未勝利戦は派手な勝ち方ではなかったが、勝ち時計はなかなか優秀。多少馬場やコースに恵まれた感もあるがそれを差し引いても十分評価できる内容だろう。道中の前向さ、直線で追い出してからモタモタしていた点などからしてかなり若さを感じるが、それでもしっかりと勝ち切ったあたりは能力の高さあってのもの。

これまで2戦は東京コースを使われているが、レースセンスや血統面からして本来は中山コース向きの馬では。父エイシンフラッシュは2010年の京成杯の勝ち馬、母ロフティーエイムは福島牝馬ステークスの勝ち馬という点からして中山の2000mという舞台は歓迎と言える。

対抗はジェネラーレウーノ

今回の枠を考えるとおそらく番手からの競馬になると思うが新馬戦の内容からして全く問題ない。こちらも連勝中とはいえ地味な馬ではあるが京成杯と相性の良い葉牡丹賞の勝ち馬で、更に父がロベルト系のスクリーンヒーローなら無難に走ってきそう。能力を考えると本命馬が走ってくるような展開になればこの馬も上位だろう。

▲にコズミックフォース

初戦は前が残る展開の中、後方から追い込んで3着と負けて強しの内容、前走の未勝利戦は内からスッと抜け出して完勝とここ2戦をみる感じでは能力はOPでも通用する。

父キングカメハメハ、母父ネオユニヴァースならまず中山が向かないという事はなさそうで、むしろ本命馬同様、ここ2走よりもパフォーマンスを上げてくるのでは。初戦のように位置取りが後ろすぎると届かない可能性もあるが、中段ぐらいからレースを進める事になればラストは弾ける可能性は高い。

☆穴は人気的にも人気ブログランキングへが面白い。

ここ2走の内容が強く感じた事も勿論ではあるが、このレースの特徴を考えると血統的には1番買っておきたい馬。人気を考えるとこの馬が本命でもよかったが今回はちょっと枠順が気になってしまいこれ以上評価を上げる事が出来なかったものの、直線で上手く外に出せば一気のごぼう抜きがあっても。逆に内で詰まって何も出来ないという可能性も十分考えられる馬なのでこのあたりは鞍上の手綱捌きにかかっている。

◎エイムアンドエンド
〇ジェネラーレウーノ
▲コズミックフォース
☆穴人気ブログランキングへ
△穴スラッシュメタル
△サクステッド
△ダブルシャープ
△ライトカラカゼ
△コスモイグナーツ

☆穴はこちら→ 人気ブログランキングへ

初春ステークス

人気ブログランキングへ
〇リンガスウーノ
▲コパノマイケル
☆レレマーマ
△サザンボルケーノ
△穴エルフィンコープ

推奨馬券

◎単勝、馬連、◎→〇▲⇔印の3連単

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第65回 日経新春杯(G2)

<<参加者全員!>>
万馬券を狙う【お年玉馬券】を
特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

有馬記念後の中長距離の重賞、ハンデ戦ということで、一線級からの参戦は決して多くはないが、賞金の高いG2ということもあり、重賞で上位争いを演じてきた実績馬や、新年の飛躍を狙う素質馬らが参戦することで、以前と比較して注目度が増してきた1戦だ。昨年は、当時準OPの身だったシャケトラが2着、一昨年はオープン入り直後のシュヴァルグランも2着と、後にGI戦線で活躍する馬の名も見られる。

ハンデ戦故に、斤量差も踏まえた上で、各馬の間にある実力差を的確にジャッジすることが馬券的中へのポイントとなる。しかし、最大のポイントとなるのは各陣営の思惑。「今の内に賞金を加算して春に備えたい」という陣営もいれば「この後は放牧に出す予定だから、とりあえず使うことにした」という陣営もおり、同じ実績馬でも全く参戦の経緯が違うこともある。

また、格下からの挑戦でも「今年はこの馬に期待しているんだ。ココでも勝ち負けになる」という陣営がいれば「自己条件だと適鞍がないし、ココなら斤量が軽いからね。賞金でも咥えて帰ってきてくれれば御の字」という陣営も。こうした情報さえ入手出来れば、どの馬を買うべきかは一目瞭然だが、建前しか載らない新聞紙やネット上の誰でも見れる情報上では、こうした陣営の本音を知ることはまず不可能と言っていい。

もちろん、創業23年を誇る当社は、今年も各陣営から本音を聞き出せる情報収集態勢が万全に整っている。そこで、今週は当社シンクタンクの情報を初めて入手する方に限り、日経新春杯の【お年玉馬券】や、出走各馬の関係者情報の一部を特別無料公開することが決定した。馬券を買う予定のある方は、是非とも馬券的中のポイントとなる”本物の情報”を入手して頂きたい。(※お年玉馬券の公開は初めてシンクタンクを利用する方に限らせて頂きます)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第65回 日経新春杯(G2)

<<参加者全員!>>
万馬券を狙う【お年玉馬券】を
特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク