【京成杯2020予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、京成杯に出走を予定しているヒュッゲ、スカイグルーヴ、ロールオブサンダー、ディアスティマの最終追い切りに関する記事を。なお、先日更新し損ねた一週前追い切り記事がありますので、ウインカーネリアン、フルフラットの追い切りを追加しています。

予想オッズ

1 スカイグルーヴ 2.3
2 ゼノヴァース 4.6
3 ヒュッゲ 5.4
4 ロールオブサンダー 7.0
5 ウインカーネリアン 8.1

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着

今年一発目の追い切り注目馬はどちらもダメ。馬券もイマイチの週だったので、今週は何とか良い結果を出せたらと思っています。

3点勝負買い目を無料公開

京成杯最終追い切り

ウインカーネリアン

特別悪い癖はみられないが、これといって目立つ動きではなく、至って平凡な追い切り。調教パートナーの手応えの良さが目立っている事もあるが、こじんまりとした小さな動きと軽すぎる脚捌きが目に付いている。

点数を付けるならど真ん中の50点としておきたいが、重賞での追い切りという事を考えるともう少し何かに特化したような動きが欲しかったというのが本音ではある。

ヒュッゲ

先週は少し追われてからの反応が悪く見えたが、今週は調教パートナーであるノーブルカリナンを突き放す見どころのある追い切り。ヨレてしまった点は割り引きではあるが追われてからの反応もまずまずで、頸と身体をしっかりと使ってリズム良く駆け抜けた。

胸は少し広いが、ラストの手応えにもまだまだ余裕があったので、それなりに仕上がったと思っていいのでは。ただ、可動域をみると完成するのはもう少し先になるか。

フルフラット

真っ直ぐ安定した走りと頸と脚を上手く使った走りが目に付く一頭で、胸とトモの張りは抜群に良く見える。馬は少し遊んであるが、遊びながらもこれだけ動けるという事はまだ余裕があるという事になるか。

馬体全体に筋肉が分布したタイプで、トモの大きさと脚もとの硬さからするとダートの1400mぐらいが合いそうな感じもするが、スピードを活かす展開に持ち込めば芝でも十分やれるだろう。ただ、今回の距離は普通に長そう。

ロールオブサンダー

ラスト1ハロンの動きや反応からすると気はなかなか強そうだが、内面はしっかりとセーブ出来ている。ひばらに余裕はあるものの、馬体の張りは上々で、地面を蹴る力にも迫力があった点はプラス。

胴に遊びがある点からするとスタミナ勝負は歓迎のタイプだと思うので、ここもスタミナやパワーが求められるような競馬になれば上位といえる存在か。一応ここがダメでも京都新聞杯や青葉賞辺りで人気が落ちるようなら狙ってみたい。

スカイグルーヴ

前半から脚捌きが鈍く全体的に動きがもさっとしているが、フォームの乱れは一切感じられない。ただ、その動きの影響もあってか、追われてからの反応もイマイチで、まだ馬体に緩さがある点からしても仕上がり途上といった感じになるのでは。最後は何とか相手に食い下がって前に出る姿勢を見せはしたものの、動きに派手さがない点はちょっと引っかかってしまう。

ディアスティマ

毛艶がピカピカで馬体の張りやフォームの安定感は素晴らしいが、肝心な動きに関しては馬体ほど素晴らしいとは感じず至って平凡な追い切り。それでもスパッと切れるような脚は使えていないが、相手の前に出てからのしぶとさはなかなか見どころがあり、最後まで抜かせなかった点だけは一応の評価は必要となる。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

かなり難しいレースになりそうではあるが、一応追い切りの動きではこの馬が一歩リードしている印象を受けた。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第67回 日経新春杯(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2015年に馬連万馬券的中をお伝えしたことがあるように、ハンデ戦らしい高配当決着になる時もあるが、近3年は1番人気が勝利し、4年連続連対中と堅実な成績を残している。しかも、去年の勝ち馬グローリーヴェイズは同年の香港ヴァーズを制し、一昨年の勝ち馬ミッキーロケットは宝塚記念を勝ち、その他にもシュヴァルグラン、ルーラーシップ、ヒルノダムールなどの好走馬がGI馬となっていて、まさに“出世レース”となっている。

その要因の1つとして、外厩施設の充実で調教、育成技術が大幅に向上し、長期休み明けのデメリットが少なくなったことがあげられる。なおかつ、ノーザンファームを中心とした大手牧場は、有力馬を使い分けるのが当たり前で、G2となれば有力なステップとして選択肢になり得る。ローテーションの概念が変わり始めていることは、去年のGIの結果からしても明らかだろう。

今年も、出世が期待される素質馬の存在はカギとなるだろうが、その有無を含めて確かなジャッジができる情報が必要となる。その情報とは、ネット上やスポーツ紙に専門紙といった、誰でも目ができるところにあるものではない。騎手、厩舎、馬主、生産者、エージェント、外厩といったあらゆる競馬関係者と太いパイプを持つシンクタンクだから聞ける関係者の本音なのだ。

日経新春杯は、これからの古馬中長距離路線を占う上で重要な1戦となる。確かな情報を掴んでおくことは、このレースのみならず、今年のGI、重賞の馬券攻略のカギとなりうる。競馬ファンの方々にその事実を知ってもらうべく、今週は日経新春杯の関係者情報と、馬券候補が一気に絞れる【情報注目馬5選】を特別に無料公開。愛知杯、京成杯と合わせて、ぜひともご覧頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第67回 日経新春杯(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク