【京成盃グランドマイラーズ2021予想】本命グレンツェント

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は8日の船橋メイン、京成盃グランドマイラーズの予想を。グレンツェント、アクアリーブル、アドマイヤゴッド、タービランスなどが出走するダート1600mのS3レース。

なお、7日に行われるマリーンカップの予想はnote内にて更新済みです。

【マリーンカップ2021予想】

今回のマリーンカップは初ダートや昇級初戦、そして一気の距離短縮など色々と複雑な条件、ローテでの出走となる馬が絡んだレースなので、頭数の割にはかなり楽しめそうな一戦と言えるでしょう。

地方競馬2021年予想結果

報知オールスターカップ ◎タービランス△マンガン▲サウンドトゥルー
ニューイヤーカップ 〇トランセンデンス◎ジョーロノ▲サヨノグローリー
船橋記念 競争中止
TCK女王盃 ◎マルシュロレーヌ▲レーヌブランシュ☆プリンシアコメータ
川崎記念 ハズレ
シンデレラオープン トリガミ
佐賀記念 ハズレ
報知グランプリカップ ハズレ
金盃 ☆マンガン○トーセンブル◎サウンドトゥルー
雲取賞 〇ランリョウオー◎トランセンデンス△タブラオ
ユングフラウ賞 ▲ウワサノシブコ◎ケラススヴィア〇グロリオーソ
エンプレス杯 ◎マルシュロレーヌ▲サルサディオーネ△マドラスチェック
フジノウェーブ記念 △キャプテンキング◎ベストマッチョ〇グレンツェント
名古屋大賞典 ◎クリンチャー△バンクオブクラウズ☆ロードブレス
黒船賞 ハズレ
ダイオライト記念 ハズレ
京浜盃 ハズレ
桜花賞 ハズレ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪杯も穴モズベッロが激走!

直近10戦7勝と最も得意とするG1桜花賞も無料公開!

【桜花賞注目穴馬】

中山記念注目馬5選

ケイデンスコール5人気→2着
バビット
ヒシイグアス1人気→1着
クラージュゲリエ
ウインイクシード7人気→3着

フェブラリーS注目馬5選

カフェファラオ1人気→1着
アルクトス
ワンダーリーデル8人気→3着
ソリストサンダー
レッドルゼル

フィリーズレビュー馬注目馬5選

シゲルピンクルビー8人気→1着
エルカスティージョ
オパールムーン
ララクリスティーヌ
ヨカヨカ3人気→2着

中山牝馬S注目馬5選

ロザムール5人気→2着
ドナアトランテ
リアアメリア
サトノダムゼル
ランブリングアレー7人気→1着

【桜花賞注目穴馬】

京成盃グランドマイラーズ

グレンツェント

今回は抜けて強い馬が一頭いるが、得意のマイルなら好勝負に持ち込めるとみてあえて馬券はここから組み立てる。

近走は勝ち切る事は出来ていないが、お世辞にも条件が合うとはいえないレースを使われての結果なので、むしろ強豪馬を相手に大崩れする事なく走っている点を評価すべきか。

更にマイルは久々になるが、カジノフォンテンやミューチャリー、リッカルドといった実力馬と差のない競馬を繰り返している距離になるので、本馬の持ち場は間違いなくこの距離だと思っていいだろう。

脚質的にどうしても取りこぼしが多くなってしまうタイプではあるが、今回は圧倒的人気馬が主導権を握る可能性が高いレースなので、他馬が早めに前を捕まえにいく展開になれば本馬の直線大外一気がハマる事になるのでは。

カジノフォンテン

ここは実績を考えると圧倒的人気に支持される事になると思うが、去年末からの競馬を見ると今回の相手であれば当然あっさりと勝たなければいけない存在なので、普通にこれ以上印を落とす訳にはいかない。

ただ、休ませて馬がガラッと変わった事は事実も、どちらかといえば中距離路線で化けたようなタイプなので、隙があるとすれば今回のマイルという距離になるか。

それでも東京大賞典でオメガパフュームを最後の最後まで苦しめ、前走で中央馬を相手にあっさりと勝ち切った点は評価しなければならないので、よっぽどの事がない限り今回は恥ずかしい競馬にはならないだろう。

人気ブログランキングへ

今回は久々のマイルが課題となるも、錚々たるメンバーを相手に見せ場たっぷりの競馬をした前走がかなり強く感じたので、カジノフォンテンに少なからず隙があるここなら好勝負に持ち込んでくる可能性が高いのでは。

逃げ馬を早めに捕まえにいくような強気の競馬を選択した場合に潰されてしまうという不安はあるが、いつものように自分のリズムを崩さずある程度の位置を取って溜める競馬に持ち込めば不発はないとみる。

アクアリーブル

牝馬ではトップクラスの能力の持ち主ではあるが、今回は強力な牡馬が相手のレースになるので、これまでのような楽な戦いにはならないか。それでもコース適性の高さを考えれば上位に食い込めるだけの資格は十分にある馬だと思うので、上手くインベタ出来れば流れ込みがあっても。

◎グレンツェント
〇カジノフォンテン
人気ブログランキングへ
☆アクアリーブル

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

なお、7日に行われるマリーンカップの予想はnote内にて更新済みです。

【マリーンカップ2021予想】

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第81回 桜花賞(GI)>

無敗の2歳女王ソダシを
脅かす隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

桜花賞の優勝馬は過去に溯ると史上初の牝馬三冠馬となったメジロラモーヌやマックスビューティー(2冠馬)、シャダイカグラ、アグネスフローラ、ニシノフラワー(GI3勝)、ベガ(2冠馬)、ファレノプシス(2冠馬・GI3勝)、テイエムオーシャン(2冠馬・GI3勝)、スティルインラブ(3冠馬)、ダンスインザムード(GI2勝)、ダイワスカーレット(2冠馬・GI4勝)、ブエナビスタ(2冠馬・GI6勝)、アパパネ(3冠馬・GI5勝)、ジェンティルドンナ(3冠馬・GI7勝)、アーモンドアイ(3冠馬・GI6勝)、昨年は無敗の3冠馬に輝いたデアリングタクト(3冠馬・GI3勝)などの名牝が名を連ねる。

過去10年、人気別の成績では1人気[1.3.1.5]、2人気[5.3.0.2]、3人気[1.1.3.5]。1人気で勝利したのは14年ハープスターのみで2着も3頭と苦戦。また、単勝1倍台の圧倒的人気に推された5頭も連対したのは14年ハープスター(1着)と18年ラッキーライラック(2着)の2頭で1人気の信頼度は低い。

過去10年の平均配当は馬連3790円、3連複1万7530円、3連単11万4370円。馬連3桁配当は4度あり順当な決着も多いが馬連万馬券が1度あり荒れるケースもある。3連単最高配当は67万9300円。二桁人気の伏兵馬は13年プリンセスジャック(14人気③着)1頭のみが馬券圏に好走しているが、大波乱になるケースは少ない。

昨年はデアリングアクトが無敗で桜花賞を制し、その後も敗れる事なく3冠を達成。今年は4戦無敗の2歳女王ソダシが出走。阪神JFでは白毛馬初のGI制覇を記録。昨年に続き無敗での1冠獲りなるか注目。

阪神JFでソダシにハナ差敗れたサトノレイナスがリベンジに燃えている。ソダシ同様に桜花賞に直行するがGIタイトル奪取なるか。クイーンCの覇者アカイトリノムスメは3連勝の勢いで挑む。初の関西遠征など課題はあるが3冠馬アパパネを母に持つ良血で素質も十分だ。

その他では、ここまで5戦4勝、前哨戦のチューリップ賞を同着で優勝したメイケイエール、エリザベスタワー、フェアリーS優勝馬で2連勝中のファインルージュやアールドヴィーヴルなどがスタンバイ。桜花賞は2年連続的中。今年も馬券に直結する裏情報を極秘入手済!馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『桜花賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第81回 桜花賞(GI)>

無敗の2歳女王ソダシを
脅かす隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク