【京成杯オータムハンデ2018予想】本命ゴールドサーベラス

スポンサーリンク


おはようございます。

続いて日曜の中山メイン、京成杯オータムハンデの予想を。ウインガニオン、ショウナンアンセム、ストーミーシー、ミッキーグローリー、ヤングマンパワー、ロジクライ、ワントゥワンなどが出走する芝1600mのG3ハンデ戦。

追い切り、セントウルSの予想記事はこちら


3点勝負買い目を無料公開

京成杯オータムハンデ

本命はゴールドサーベラス

オープンクラスに昇級して以降は結果を残す事が出来ていないが、ここ3走は実績のない距離が大きく着順に影響しており、決して力負けではないだろう。

4走前のダービー卿チャレンジトロフィーではスタートで立ち遅れ、更に直線では大外を通る非常にロスの多い競馬。それでも最後はしっかり脚を伸ばしてグレーターロンドンとアタマ差の競馬と、条件が揃ったレースであれば重賞でも十分勝ち負け出来るだけの能力を持った馬。

これまでの成績を見てわかるように、今回の中山マイルは本馬にとってベストの条件と言え、ダービー卿チャレンジトロフィーのような競馬にならなければここはまず上位争いに加わってくるだろう。ただ、問題は鞍上。この騎手が乗る馬を重賞で本命にする事はほぼないので、今回はお荷物覚悟での◎となる。

対抗は穴人気ブログランキングへ

前走も直線で見せ場をつくっており、ここに来て復調気配を感じる1頭。枠順は少し微妙ではあるが、それなりの位置で競馬が出来る点も強みで、前の馬を見ながら直線で並びかけるような展開になれば、そのまま流れ込みがあるのでは。

▲にミッキーグローリー

オープン初戦がG3とハードルは低くないが、本馬の能力からしてこのメンバーであればまず能力は足りる。今回と同じコースで行われた3走前の条件戦ではゴールドサーベラスに3馬身差をつけて快勝しており、むらさき賞では骨っぽい馬を相手に善戦を繰り返しているエアウィンザーとタイム差なしの競馬。

そして前走はエマノンを並ぶ間も無くあっさりと交わして勝利しており、これらの内容を考えるとここも力を出し切れば勝ち負け争いに加わってくるだろう。

☆にロジクライ

中京記念はペースが流れる中で先行し、差し馬が台頭するレコード決着の中で勝ち馬から0.1秒差の2着に粘る強い内容。今回も自分の形であれば大崩れはしないかもしれないが、調教の動きを見ると少し前走の反動がありそうな感じもするので、過信は禁物か。

ただ、あまりにも差し馬が評価されるようなら逆にこの馬に加え、対抗馬、そしてショウナンアンセムとそれなりの位置で競馬が出来る馬を上位評価して馬券を組み立てたくなる。

◎ゴールドサーベラス
〇穴人気ブログランキングへ
▲ミッキーグローリー
☆ロジクライ
△穴ショウナンアンセム
△ロードクエスト
△ストーミーシー
△トーセンデューク
△ワントゥワン
△ヒーズインラブ
△ウインガニオン

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第63回 京成杯AH(G3)>

自信のペナルティ付き!もし、この
京成杯AHを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年は11人気ガリバルディ(2着)、15年には13人気フランジェリコ(1着)、11人気エキストラエンド(2着)、09年は14人気アップドラフト(2着)、08年は10人気レッツゴーキリシマなどの二桁人気馬が馬券圏に好走しておりように波乱の多いハンデ重賞。3連単では222万馬券が出ている。

マイルCSを目標に秋緒戦の始動戦として出走する馬、賞金加算が最大目標で勝負を懸けて来る陣営の隠し玉、サマーマイルシリーズ優勝を目指す勝負馬など、各陣営では使い方がそれぞれだが、陣営の本気度が分かれば荒れるハンデ重賞も狙って獲れる!競馬セブンでは各陣営の本音話を独占スクープ!お見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『京成杯AH・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第63回 京成杯AH(G3)>

自信のペナルティ付き!もし、この
京成杯AHを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク