【キーンランドカップ2019予想】+小倉日経オープン他

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の札幌メイン、キーンランドカップの予想を。ダノンスマッシュ、ナックビーナス、ペイシャフェリシタ、カイザーメランジェ、アスターペガサス、ライオンボスなどが出走する芝1200mのG3レース。

土曜はWAJ2が12人気☆穴ドゥーカの4着で泣き、BSN賞は◎サルサディオーネが最後の最後に差されてしまい痛恨の2着。△アイファーイチオーとの馬連とワイドは取れたものの、単勝が僅かの差で逃げていきました。

それ以上に3着に10人気の☆コパノチャーリーが粘りきれなかった事で7万馬券だった3連複を取り逃し、数十万馬券ついていた3連単も僅かに噛み合わず取れないという大ダメージを受けてしまいました…。

かなりやる気が削がれてしまったので日曜は見送る事も考えましたが、相変わらず買い目がバシッとハマらないものの予想の調子は非常に良いので、半泣きになりながらも馬券は購入する事にしました。

土曜の事もあって記事を書くまで全く気付きませんでしたが、今考えるとキーンランドカップは非常に相性の良いレースで、去年、一昨年もそれなりに爆発した記憶がありますので、重賞6週連続的中にはもってこいのレースと言えるでしょう。

今週はベタに当てに行く事も考えましたが、ベタに当てに行って外すよりも狙って当てた時の方が当然リターンが大きいので、調子が良い時こそ狙うべきでは。外れればまた連勝出来るような予想をすればいいだけなので、ここはいつものリズムを崩さず自分の考えを貫きます。

まずは札幌メインの予想の前に小倉と新潟メインの予想を軽く。

小倉日経オープン

アウトライアーズ

前走は直線の不利が痛かったが、それでも勝ち馬から0.4秒差の6着まで詰め寄っており、ベストの距離での競馬となる今回は更なる前進に期待が持てるだろう。

新潟2歳ステークス

◎穴人気ブログランキングへ

2歳戦は能力よりも経験値という事でこの馬を本命に。追われた時にグイっと伸びるフォームと最後の手応えを考えるとクラスが上がっても能力は通用しそうで、2着馬につけた着差は大きいとは言えなかったが、それ以上に勝ち方が素晴らしいと感じたので、人気がないようなら普通に買いたい一頭と言える。

3点勝負買い目を無料公開

キーンランドカップ

本命はハッピーアワー

前走のマイルカップはいつものように出足がつかず後方からの競馬。多少展開は見方したものの、直線大外から7着まで追い上げてきた内容には見どころがあり、勝ち馬と0.4秒差の競馬であれば負けて強しと言える。

2走前のファルコンステークスでも桁違いの脚を使って差し切っており、この時2着だったグルーヴィットが中京記念で勝利した事を考えると本馬の能力もそれなりに高いと解釈するのが自然な答えで、初の古馬相手の競馬でも力は十分足りるのではないだろうか。

すずらん賞の勝ちっぷりをみても1200m戦は間違いなくこの馬に合っており、洋芝への適性もまず低いとは思えないだけに、案外今回の条件はツボという可能性すら考えられるだろう。

全体的に硬さがあるタイプなので休み明けだけは歓迎とは言えないかもしれないが、それでも人気が地味であればいきなりから狙っていくのが馬券的には正解と言えるのでは。

対抗は人気ブログランキングへ

枠順、舞台設定と走る条件はほぼ揃っているので、ここはまず勝ち負け争いに加わってくる一頭と言える。前走も強豪馬を相手にしてそれなりに走っているので、一気の相手ダウンとなる今回はまともであれば楽々押し切りまであっても。本来はここに本命を打つべきなのかもしれないが、前売りでは単勝の割に連系の馬券が売れてしまっているので、それなら安定の対抗でいいだろう。

▲にデアレガーロ

少しムラはあるが、近走のレース内容を考えるといよいよ馬が本格化した印象を受けるので、今回は久々でも能力通りであれば侮れない存在と言える。手の合う鞍上が乗れるのもプラスで、今回の枠で上手く立ち回る事が出来れば去年以上の着順に期待が持てる。

☆にダノンスマッシュ

特に大きく嫌う材料は見当たらないが、高松宮記念が案外だった事と函館を除外された影響が少しでもあれば今年も取りこぼしてしまう事も十分考えられるので、今回はその分だけ評価を下げての4番手とした。

◎ハッピーアワー
人気ブログランキングへ
▲デアレガーロ
☆ダノンスマッシュ
△ペイシャフェリシタ
△タワーオブロンドン
△リナーテ
△シュウジ
△アスターペガサス
△カイザーメランジェ
△セイウンコウセイ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

一応対抗馬の人気も程々ではあるので、土曜のWAJ2のようにここからの縦目も軽く購入しておく。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第14回 キーンランド(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

夏の短距離重賞は牝馬の活躍が目立つが、このレースも過去10年で7勝、現在6年連続連対と“牝馬優勢”となっている。純粋に斤量面で有利であり、3歳牝馬と古馬の牡馬では6キロ差付くこともあるのだから、牝馬が活躍しやすい理由はハッキリとしている。

しかし、必ずしも牝馬だけを狙えばいいという話ではない。牝馬同士のワン・ツー決着は3度しかないのだから、牡馬やセン馬のジャッジもしっかりとできなくては、馬券的中には近づけない。

事実、1番人気の勝利は僅かに2度しかなく、“牝馬優勢”の傾向がわかっていながら全ての年で万馬券決着となっており、一昨日は12番人気エポワスから11万4130円的中を狙い撃ったように、10万馬券以上の決着が3度もある。世間的には“難解”なレースと言えよう。

なぜ“難解”になるのか。それは、北海道は調教施設が札幌競馬場、函館競馬場に分かれていることに加え、今は外厩仕上げが主流となっており、入厩10日でレースに出走することも少なくないから。牧場施設は一般マスコミの取材範囲外であるから、競馬場にいる期間が少なければ取材する時間もほとんどないため、その馬の状態、陣営の思惑などをシッカリ把握することなどできない。

そもそも、夏競馬期間中の一般マスコミは人手不足に喘いでいるから、重賞だろうと調教の時計やコメントの合わせ、要するに使い回しを行うのが普通。こういった情報をアテにしていては、的中に近づくのは至難の業と言えよう。

無論、競馬界の大物OBや大物関係者が情報ルートとして名を連ね、業界最高峰の情報網を持つと自負するシンクタンクは、人手不足や取材不足は無縁の話。各方面から関係者情報を入手することができるから、夏競馬期間中はより情報力が生きることになる。

我々の情報力、そして本物の関係者情報の存在を多くの競馬ファンに知って頂くため、今週はキーンランドカップの【情報注目馬5選】を特別無料公開する。シンクタンクの情報を未体験の方は、同日に行われる北九州記念と合わせて活用して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第14回キーンランド(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク