【キーンランドカップ2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の札幌メイン、キーンランドカップに出走を予定しているカイザーメランジェ、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュ、ナックビーナス、ハッピーアワー、ライオンボスの最終追い切りに関する記事を。

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着

キーンランドカップ最終追い切り

カイザーメランジェ

軽快な脚捌きでリズム良く走れており、可動域の広さと力強さが目に付く動き。内の調教パートナーには遅れを取ってしまったが、中の馬には余裕の手応えで先着しているので、この遅れに関してはあまり気にする必要はないだろう。馬体の張りも悪くは見えないので、力は出せる出来にあるとみる。

タワーオブロンドン

少し緩い追い切りだったが、調教パートナーを軽く捻るような楽な動きで、脚捌きにも非常に軽さがあった。ただ、身体の使い方はイマイチで、頸の可動域の狭さと動きの硬さも目立っている。それでもトモの張りは抜群に見える馬で、仕上がりに関しては決して悪い印象を受けないが…。

ダノンスマッシュ

先週の一週前追い切りの動きが素晴らしかったが、今週の動きもそれに匹敵するほど豪快で力強い動き、追い切りだった。脚捌き、馬体の張り、可動域とどこを取っても悪い点が見当たらず、除外された影響は皆無と思っていいだろう。この馬に関しては多くを語る必要はない。

ナックビーナス

相手の出方をみるような追い切りではあったが、相手がなさけない動きをしたにしても直線で一気に加速してそのまま突き放すという素晴らしい動きを披露。脚もとと頸に多少硬さは残っているが、身体は全く太い感じはなく、久々でも馬はしっかりと仕上がったと思っていいのでは。先週の追い切りもなかなかよく見えたので、総合して考えると普通に好調と言える内容だった。

ハッピーアワー

舌を出している点と頭が高い点は非常に気になってしまうが、身体の使い方と脚捌きは久々の割にはしっかりとしている印象を受けた。肩の付け根からしっかりと脚を前へ出せている点にも好感が持て、最後まで余裕の手応えのまま駆け抜けた点を考えると案外買えそうな一頭で、当日内面がセーブ出来ていれば面白いかもしれない。

ライオンボス

前走の動きが抜群だったのでその時との比較になるとかなり劣った動きに見える。こじんまりとした小さな動きが逆に目立っており、脚捌きにも重苦しさがあって身体も全く使えていない点を考えるとピークは前走だったか。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第14回 キーンランド(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

夏の短距離重賞は牝馬の活躍が目立つが、このレースも過去10年で7勝、現在6年連続連対と“牝馬優勢”となっている。純粋に斤量面で有利であり、3歳牝馬と古馬の牡馬では6キロ差付くこともあるのだから、牝馬が活躍しやすい理由はハッキリとしている。

しかし、必ずしも牝馬だけを狙えばいいという話ではない。牝馬同士のワン・ツー決着は3度しかないのだから、牡馬やセン馬のジャッジもしっかりとできなくては、馬券的中には近づけない。

事実、1番人気の勝利は僅かに2度しかなく、“牝馬優勢”の傾向がわかっていながら全ての年で万馬券決着となっており、一昨日は12番人気エポワスから11万4130円的中を狙い撃ったように、10万馬券以上の決着が3度もある。世間的には“難解”なレースと言えよう。

なぜ“難解”になるのか。それは、北海道は調教施設が札幌競馬場、函館競馬場に分かれていることに加え、今は外厩仕上げが主流となっており、入厩10日でレースに出走することも少なくないから。牧場施設は一般マスコミの取材範囲外であるから、競馬場にいる期間が少なければ取材する時間もほとんどないため、その馬の状態、陣営の思惑などをシッカリ把握することなどできない。

そもそも、夏競馬期間中の一般マスコミは人手不足に喘いでいるから、重賞だろうと調教の時計やコメントの合わせ、要するに使い回しを行うのが普通。こういった情報をアテにしていては、的中に近づくのは至難の業と言えよう。

無論、競馬界の大物OBや大物関係者が情報ルートとして名を連ね、業界最高峰の情報網を持つと自負するシンクタンクは、人手不足や取材不足は無縁の話。各方面から関係者情報を入手することができるから、夏競馬期間中はより情報力が生きることになる。

我々の情報力、そして本物の関係者情報の存在を多くの競馬ファンに知って頂くため、今週はキーンランドカップの【情報注目馬5選】を特別無料公開する。シンクタンクの情報を未体験の方は、同日に行われる北九州記念と合わせて活用して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第14回 キーンランド(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク