【キーンランドカップ2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の札幌メイン、キーンランドカップに出走を予定しているダノンスマッシュ、セイウンコウセイ、ライオンボスの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

札幌日刊スポーツ杯予想結果

1着◎ヒーリングマインド
2着△サトノシャーク
3着△トロピカルストーム

単勝 610

馬連 10,210

ワイド 2,530

昨日の記事にも書きましたが、このレースは当たった事は当たったものの、なかなかしょっぱい結果となりました。馬連を100円しかもっていなかった事は勿論、3連複を当てる事が出来なかったのは痛恨。勝ち馬は前走後から狙っていた馬だったので、ここで大回収出来なかったのは痛すぎます。

テレQ杯予想結果

10着◎ブラックランナー

NST賞予想結果

15着◎サイタスリーレッド

札幌記念予想結果

1着△ブラストワンピース
2着△サングレーザー
3着△フィエールマン

4着◎ワグネリアン

本命馬の勝ち負けが中心の馬券で勝負していたので3着でもハズレ。相手に穴馬を1頭連れてくるような結果を期待していたので、ガチガチでは手も足も出ず。馬連、ワイド共にガッツリ当てるつもりでしたが、ここは完全に能力の読み違いでした。すみません。

北九州記念予想結果

1着◎ダイメイプリンセス
2着△ディアンドル
3着☆アンヴァル

単勝 3,080

3連複 14,490

ワイド 2,550円 1,810円

先週の爆発はまさかのここでした。3連単で帯ったんじゃないですか?という連絡も数件頂きましたが、残念ながら3連単は本線の組み合わせしか購入していなかったので全く届きませんでした。それでも単勝やワイドの配当がそこそこ強かったです。3連複は何故か激安でしたが、これで5週連続重賞的中と今が調子のピークかもしれません。

馬連、馬単を全く買っていなかった事やもっと強気に攻めなかった事など色々と終われば考えてしまう部分もありますが、タラレバを言っても仕方なし。とりあえず先週は土日共にプラス収支で終える事が出来た事を素直に喜びたいと思います。

ただ、先週は札幌記念で結果を出せなかったのは素直に反省。北九州記念が当たったから許してくれという考えは一切ありませんので、今後も借りを数倍にして返せるような予想が出来るように頑張ります。

キーンランドカップ一週前追い切り

ダノンスマッシュ

除外明けの一戦となるが、今回の動きを見る限りでは全くと言っていいほどその影響はないと思ってよさそう。併せた2頭をあっという間に千切ってそのままひとり旅といった追い切りだったが、抜け出してからの動きも凄まじく、頸をしっかりと使いながらグイグイと力強く前へ出た。

脚の回転も相当速く、リズムを最後までしっかりと刻みながら豪快に駆け抜ける姿は圧巻の一言で、まともならぶっちぎってくるほどの迫力すら感じられた。

セイウンコウセイ

ナックビーナスを調教パートナーにしての併せ馬。動きの大きさや力強さはこちらの方が上回っているように思えたが、可動域の広さや硬さが影響して手応えの割には直線で伸び切れていないのは気になるポイントで、結局余裕の手応えを残したままだったナックビーナスをにクビ差遅れ。リズムの取り方にも最後まで違和感があったので、今回は相手の動きを評価したくなった。

ライオンボス

前走の追い切りとはまた違った印象を受ける点がどう影響するかわからないものの、終始馬なりではあったが3頭併せでしっかりと負荷をかけられており、動きの軽さを見ると前走からの反動はほぼ皆無と思っていいのでは。ただ、馬体に余裕がない点は少なからず競馬に響くと思うので、最終追い切りの内容次第では少し評価を下げるのも面白そう。

予想オッズ

1 ダノンスマッシュ 2.7
2 リナーテ 4.4
3 タワーオブロンドン 4.6
4 ライオンボス 8.3
5 アスターペガサス 8.4

最後にキーンランドカップの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

重賞6週連続的中がかかっていますが、今週は新潟よりもこちらに色がありますので枠順次第では勝負したいと思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第14回 キーンランド(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

夏の短距離重賞は牝馬の活躍が目立つが、このレースも過去10年で7勝、現在6年連続連対と“牝馬優勢”となっている。純粋に斤量面で有利であり、3歳牝馬と古馬の牡馬では6キロ差付くこともあるのだから、牝馬が活躍しやすい理由はハッキリとしている。

しかし、必ずしも牝馬だけを狙えばいいという話ではない。牝馬同士のワン・ツー決着は3度しかないのだから、牡馬やセン馬のジャッジもしっかりとできなくては、馬券的中には近づけない。

事実、1番人気の勝利は僅かに2度しかなく、“牝馬優勢”の傾向がわかっていながら全ての年で万馬券決着となっており、一昨日は12番人気エポワスから11万4130円的中を狙い撃ったように、10万馬券以上の決着が3度もある。世間的には“難解”なレースと言えよう。

なぜ“難解”になるのか。それは、北海道は調教施設が札幌競馬場、函館競馬場に分かれていることに加え、今は外厩仕上げが主流となっており、入厩10日でレースに出走することも少なくないから。牧場施設は一般マスコミの取材範囲外であるから、競馬場にいる期間が少なければ取材する時間もほとんどないため、その馬の状態、陣営の思惑などをシッカリ把握することなどできない。

そもそも、夏競馬期間中の一般マスコミは人手不足に喘いでいるから、重賞だろうと調教の時計やコメントの合わせ、要するに使い回しを行うのが普通。こういった情報をアテにしていては、的中に近づくのは至難の業と言えよう。

無論、競馬界の大物OBや大物関係者が情報ルートとして名を連ね、業界最高峰の情報網を持つと自負するシンクタンクは、人手不足や取材不足は無縁の話。各方面から関係者情報を入手することができるから、夏競馬期間中はより情報力が生きることになる。

我々の情報力、そして本物の関係者情報の存在を多くの競馬ファンに知って頂くため、今週はキーンランドカップの【情報注目馬5選】を特別無料公開する。シンクタンクの情報を未体験の方は、同日に行われる北九州記念と合わせて活用して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第14回 キーンランド(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク