【キーンランドカップ2020予想】本命アスタールビー

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の札幌メイン、キーンランドカップの予想を。カッパツハッチ、ダイアトニック、ダイメイフジ、フィアーノロマーノ、ライトオンキューなどが出走する芝1200mのG3レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

土曜は良いところなしで今週もマイナス収支スタート。日曜も守らず攻めていくので、1つでも当たればサクッと捲れると思いますが、馬場状態が不透明な事もあるので攻めるに攻めきれないというのが現状。

ただ、結局当てにいく予想をしても馬場に苦しめられるというのがオチのような気もするので、あまり気にせず普通に購入します。

新潟2歳ステークス

フラーズダルム

母、父共に完全に2歳重賞向きのタイプ。前走のレース内容からしても今回の相手でも力は通用すると思うので、後は今の新潟の馬場がどうかという感じになるか。ただ、血統的にも今回のコースがマイナスに転ぶ事はなさそうなので、頭の馬券を中心に相手は手広く流して事故を待ちたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 予告の重賞勝負で断然の実績 ■

先週の札幌記念でも3連単をきっちりと的中!

8月23日・札幌記念[G2]

[3連単] 1万860円的中!

大物馬主関係者が大金獲得に挑む

【キーンランドカップ・G3】

馬連1点勝負!

今回限り特別無料配信!

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

キーンランドカップ

本命はアスタールビー

これで3走連続の本命となるが、馬券が大きくハマったしらかばステークスに続いて今回もこの馬から大爆発を狙いにいく。

とにかくこの馬に関しては今年の北海道競馬でのレース内容が素晴らしく、前走のしらかばステークスは勿論、2走前のTVh杯では先行馬が総崩れの展開の中を逃げて勝ち馬から0.1秒差の2着に粘る強い競馬で結果を残しており、近2走の結果だけ見ると得意の洋芝での競馬であれば重賞でも力は足りる印象を受ける。

3前走のUHB杯こそ人気を裏切る形となってしまったが、この日はゲートが決まらず中段からレースを進める形になった事に加え、直線では大外を回す厳しい展開になった事がそのまま着順に繋がった感じなので、敗れたとはいえ、ジリジリと脚を伸ばして4着まで追い上げてきた事を評価すべきレースと言えるか。

今回は一気の相手強化に加え、同型との兼ね合いがカギとなるが、引き当てた枠を考えると逃げ馬を見ながらすんなり番手でレース運び出来る可能性が非常に高く、更に他馬とのハンデ差があるここならコース適性の高さだけで上位に食い込んでくる可能性は十分考えられるので、人気が地味ならもう一度狙って損はない馬と言えるのでは。

乗り慣れた鞍上が乗れないというのはマイナスになるが、今回の鞍上であれば極端に割り引く必要もないと思うので、後はスタートを決めてこの馬の競馬に持ち込んでくれる事を祈るのみ。

対抗はダイアトニック

ハンデ58キロを背負って楽々勝ち切ってしまった前走の内容からすると今回のメンバーなら負けられないぐらいの存在ではあるが、揉まれる可能性のある最内枠と再びのハンデ58キロは想像以上に厳しいと思うので、ここは力は抜けていても取りこぼすパターンも十分考えられるのでは。

フィアーノロマーノ

この手のタイプは何となく罠っぽい感じもするが、展開不向きの中で直線だけで前との差を詰めてきた前走の函館スプリントステークスの内容がそこそこ強く感じたので、二度目のスプリント戦で慣れが見込める今回は更なる前進に期待が持てそう。

ただ、極端に前が残るような展開になれば前走のように掲示板止まりという可能性もあり得るだけに、過信は禁物といった感じか。

穴に人気ブログランキングへ

近走の結果だけを見ると積極的に買いたくはならないが、洋芝のスプリント戦がこの馬に合わないという事はないと思うので、手の合う鞍上が乗り方を工夫してくるようであればそろそろ一撃が出ても驚けない。

過去にはG1馬を相手に好勝負に持ち込んだ実績もあるので、能力的には今回のメンバーの中に入っても劣っているという事は考えられない。

◎アスタールビー
〇ダイアトニック
▲フィアーノロマーノ
☆穴人気ブログランキングへ
△ライトオンキュー
△ダイメイフジ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第39回 新潟2歳S(G3)>

出世レースにGI級と隠れ穴馬が出走

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

数多くのGI馬を輩出している出世レースの2歳重賞。同レースの連対馬ではロードクエスト、ウインファビラス、ハープスタ-、イスラボニータ、ジャスタウェイ、セイウンワンダー、エフティマイヤ、マイネルレコルト、ショウナンパントルなどがGIで連対、勝利している。一昨年の勝ち馬ケイデンスコールもNHKマイルCで2着に好走している。

また、過去10年で164頭中70頭の牝馬が出走し[4.2.4.61]。

19年1着馬ウーマンズハート、17年2着馬コーディエライト、16年1着馬ヴゼットジョリー、15年2着馬ウインファビラス、13年1着馬ハープスター、10年1着馬マイネイサベルなど牝馬が6頭連対(4頭が優勝)しており夏に強い牝馬の好走が目立つ。

過去10年の人気馬の成績では、1人気[4.2.0.4]、2人気[0.1.2.7]、3人気[4.1.0.5]となっており1人気で勝ったのはケイデンスコール、ロードクエスト、ハープスター、シンメイフジの4頭で後にGIでも活躍している実力馬だ。

平均配当では、馬連6730円、3連複3万0380円、3連単18万4010円。馬連3桁配当は3度、馬連万馬券は3度。3連単10万馬券以上が3度で最高配当は86万7410円。

二桁人気馬が3頭馬券圏に好走しているように人気薄が馬券に絡むレースではあるが上位人気馬で決着するケースも少なくない。

過去の傾向では先行馬よりも差し、追い込み脚質の方が成績上位。上がり3ハロンの時計が速い馬の連対率も高くなっており終い切れる脚を使える馬が有利。過去10年の優勝馬も10頭中9頭がメンバー中1~2位(上がり3ハロン)となっている。

長い直線の外回りコースで約659Mある直線。逃げ馬には厳しい条件だが、穴を開けるのは逃げ・先行馬。2歳若駒とあってキャリアが浅く、まだ未完成な馬が殆どで、現時点での完成度と新潟コースに適した脚質の馬に勝つチャンスがあるだろう。

出世レースで知られる2歳重賞戦。競馬セブンでは社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報など馬券に直結する内部情報を入手済。週末の情報は必見です。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『新潟2歳S・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク