【キーンランドカップ2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の札幌メイン、キーンランドカップに出走を予定しているダイアトニック、ダイメイフジ、フィアーノロマーノ、ヤマカツマーメイドの最終追い切りに関する記事を。

今週は1歳馬の更新でいっぱいいっぱいなので追い切りの記事は気になる馬だけの軽めの更新となりますのでご了承下さい。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬後半

タイセイアベニール 2人気4着
サクラトゥジュール 4人気6着
ミッキーワイルド 7人気13着
マイネスサーパス 4人気11着
ベストアプローチ 4人気10着
ミッキーブリランテ 7人気5着
ゴールドクイーン 4人気16着
カリビアンゴールド 5人気5着
穴レッドアネモス 11人気1着
アナザートゥルース 5人気3着
ミヤジコクオウ 2人気2着
アストラエンブレム 7人気9着
ノーブルマーズ 5人気5着
ブライティアレディ 16人気11着
ノームコア 2人気1着

先週の追い切り注目馬は札幌記念のノームコアが2人気で1着。北九州記念は無難にモズスーパーフレアを指名する事も考えましたが、ここは夏競馬らしく攻めていきました。ただ、馬券は久々にマイナス収支を叩き出してしまったので、今週はまず巻き返す事を目標に頑張りたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 予告の重賞勝負で断然の実績 ■

先週の札幌記念でも3連単をきっちりと的中!

8月23日・札幌記念[G2]

[3連単] 1万860円的中!

大物馬主関係者が大金獲得に挑む

【キーンランドカップ・G3】

馬連1点勝負!

今回限り特別無料配信!

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

キーンランドカップ最終追い切り

ダイアトニック

先週それなりに負荷をかけられていたとはいえ、今週はいつも以上に軽く反応を確かめる程度の追い切りとなっている。先週から動きに大きな変わりはないが、やはりいつも以上にこじんまりとした走りが気になってしまうので、この点が競馬にどこまで影響してくるか。

後、先週この馬の癖を考えるとおとなしすぎると書いたが、今週の動きを見る限り活気が出たという感じもしないので、内面が活性化されていない点はやはりどうしても割り引いて考える必要があるのでは。決して悪い追い切りではないが、いつものこの馬の動きとの比較になるとちょっと足りない気も。

ダイメイフジ

コース追いではないが、動きは軽く素軽い。可動域の広さは勿論、脚の回転の速さや地面を捉える時の力強さも目に付いており、身体全体を大きく使って走れていた点は高く評価しておく必要があるだろう。トモは少し薄いが、決して枯れているという訳ではないので、今回は前走を使った上積みにも期待が持てるのでは。

フィアーノロマーノ

動きに全く無駄がなくフォームも最後まで一切ブレない。頭の高さが目に付く事が多い馬ではあるが、今回に関してはその癖も見られないので、この変化はおそらくいい方向に転ぶのでは。脚もとにも一切硬さがなく、柔らかみのある馬体と軽い脚捌きからすると叩かれた上積みは相当大きい印象を受ける。

ヤマカツマーメイド

前半から気合い乗り十分で活気のあるキビキビとした動きが目に付いている。手応え十分に直線に入った時はいつでも相手をぶっちぎれるだけの余裕があると思ったが、相手が前に出ても一切反応がなく、そのまま相手に先着を許してしまいフィニッシュと少し物足りなさが残る追い切りとなってしまった。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第39回 新潟2歳S(G3)>

出世レースにGI級と隠れ穴馬が出走

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

数多くのGI馬を輩出している出世レースの2歳重賞。同レースの連対馬ではロードクエスト、ウインファビラス、ハープスタ-、イスラボニータ、ジャスタウェイ、セイウンワンダー、エフティマイヤ、マイネルレコルト、ショウナンパントルなどがGIで連対、勝利している。一昨年の勝ち馬ケイデンスコールもNHKマイルCで2着に好走している。

また、過去10年で164頭中70頭の牝馬が出走し[4.2.4.61]。

19年1着馬ウーマンズハート、17年2着馬コーディエライト、16年1着馬ヴゼットジョリー、15年2着馬ウインファビラス、13年1着馬ハープスター、10年1着馬マイネイサベルなど牝馬が6頭連対(4頭が優勝)しており夏に強い牝馬の好走が目立つ。

過去10年の人気馬の成績では、1人気[4.2.0.4]、2人気[0.1.2.7]、3人気[4.1.0.5]となっており1人気で勝ったのはケイデンスコール、ロードクエスト、ハープスター、シンメイフジの4頭で後にGIでも活躍している実力馬だ。

平均配当では、馬連6730円、3連複3万0380円、3連単18万4010円。馬連3桁配当は3度、馬連万馬券は3度。3連単10万馬券以上が3度で最高配当は86万7410円。

二桁人気馬が3頭馬券圏に好走しているように人気薄が馬券に絡むレースではあるが上位人気馬で決着するケースも少なくない。

過去の傾向では先行馬よりも差し、追い込み脚質の方が成績上位。上がり3ハロンの時計が速い馬の連対率も高くなっており終い切れる脚を使える馬が有利。過去10年の優勝馬も10頭中9頭がメンバー中1~2位(上がり3ハロン)となっている。

長い直線の外回りコースで約659Mある直線。逃げ馬には厳しい条件だが、穴を開けるのは逃げ・先行馬。2歳若駒とあってキャリアが浅く、まだ未完成な馬が殆どで、現時点での完成度と新潟コースに適した脚質の馬に勝つチャンスがあるだろう。

出世レースで知られる2歳重賞戦。競馬セブンでは社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報など馬券に直結する内部情報を入手済。週末の情報は必見です。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『新潟2歳S・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

 

スポンサーリンク