【菊花賞2018予想オッズ】穴馬一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、菊花賞に出走を予定している穴馬、アイトーン、オウケンムーン、カフジバンガード、グローリーヴェイズ、シャルドネゴールド、タイムフライヤー、メイショウテッコン、ユーキャンスマイルの一週前追い切りの記事を。

有力馬の一週前追い切りに関する記事は既に更新済みです。

菊花賞有力馬の一週前追い切りに関する記事はこちら

3点勝負買い目を無料公開

菊花賞一週前追い切り

アイトーン

フォームが美しく、安定した走りではあるが、その割には脚が上がらず力強さに欠けるような走り。ただ、可動域は広く、身体を大きく使えている点はプラス材料といえ、ここに良い意味での重さが加わってくれば万全の態勢で出走できるのでは。一応最後まで脚を使い切れており、スピードも十分感じられるので、課題は残しているが決して悪い追い切りではなかった。

オウケンムーン

頭が高いのは相変わらずも、ここはいつも言うように肩甲骨の太さも影響しているので、大きく減点する必要はない。それでもフォームがいつも以上に硬く、脚裁きも鈍い。調教パートナーであるコズミックフォースにもあっさりと遅れてしまった点は気になるポイントで、良い頃はもう少し追われた時の反応も良かっただけに、一週前追い切りとはいえ、少し物足りなさが残った内容と言える。馬体をみても少し緩い。

カフジバンガード

一週前とはいえ、かなり意欲的な追い切り。フォームも美しく、軸も安定しており、脚裁きも非常に軽く回転も速い。調教パートナーに並んで追われると一瞬にして反応し、後は相手を置き去りにしてぶっちぎるだけ。地面を蹴る力もかなり強く、飛節もよく伸びた。脚、頸のリズムも良く、これだけ負荷がかかっていれば最終追いでは軽く調整するだけで馬は整うだろう。

グローリーヴェイズ

多少フォームは乱れるが頭の位置は安定しており、身体全体を使ってしっかりと動けた。ただ、追われた時の反応がかなり悪く、追われても追われても全く伸びず。結局調教パートナーには遅れをとってしまうが、相手との手応えを考えるとこちらがかなり劣った動きだったと言える。

シャルドネゴールド

頭の高さが目立つも、身体はしっかりと使えており、馬体に硬さもみられない。脚の回転も速く、可動域も十分ではあるが、欲を言えばもう少し力強さが欲しかった。調教パートナーには遅れてしまうが、動きに関してはそこまで悪いものではなく、負荷も十分かかっている事を考えると一週前追い切りとしては合格点だろう。馬体の張りをみても馬は出来ている。

タイムフライヤー

動きは硬く、脚の伸びがイマイチ。脚裁きももっさりとしており、好調時と比べると物足りなさを感じるが、フォームはキレイで安定しているので、出来そのものは悪くなさげ。よって単純にピークが過ぎたという見方も。負荷は十分かけらた追い切りなのでこれ以上を求めるのは酷。

メイショウテッコン

脚裁き、可動域、馬体の張りとどこを取っても水準以上。仕掛けられた時の反応はやや物足りないが、エンジンがかかるとしっかりとスピードに乗って相手を突き放す。目立った動きではないが、マイナス材料がない走りで、ブレないフォームをみても調子は良さそう。後はひばらをみると少し余裕がありそうなので、最終追い切りで負荷をかけられれば。

ユーキャンスマイル

マカヒキと合わせる意欲的な追い切り。そのマカヒキには遅れを取るも手応えを考えると悪い印象は受けない。可動域も広く、地面を蹴る力も強かったので、後はもう少し馬体全体に張りが出れば仕上がるだろう。フォームも安定していてキビキビとした動きなので調子は良さそう。

予想オッズ

ブラストワンピース 3.0
エタリオウ 3.7
エポカドーロ 3.8
ジェネラーレウーノ 7.2
メイショウテッコン 12.1

最後に菊花賞の注目穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

前走の内容も良く、内枠を引けば面白い存在。意外と人気がなさそうなので狙って損はないでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第79回 菊花賞(G1)>

昨年も特大馬券!
今年もダービー馬不在で大波乱!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

淀の3000mで行われる三冠最終戦・菊花賞。神戸新聞杯を制したワグネリアンが天皇賞(秋)へ出走するため、これで4年連続ダービー馬不在の菊となる。

世代の頂点に立つ馬が回避するとあって、新潟記念を制したブラストワンピース、皐月賞馬のエポカドーロ辺りが1番人気に支持される可能性が高いが、前者は例を見ないローテ、後者は3000mの距離…と不安材料が無きにしもあらず。

「ダービー馬が神戸新聞杯を制し、菊花賞に出走しなかった」ケースは昨年も同様で、2着に10番人気のクリンチャー、3着に13番人気のポポカテペトルと人気薄が入り、3連複13万、3連単55万馬券の大波乱決着。今年も波乱の目は十分あると考えて良いだろう。

人気上位勢に付け入る隙があるならば、注目すべきは「トライアル惜敗組」となるか。セントライト記念3着のグレイル、神戸新聞杯2着のエタリオウは前走からの上積みもあり、距離延長も問題ないタイプ。神戸新聞杯3着のメイショウテッコンも世代随一のスタミナを誇り、先行脚質は坂の下りがある京都外回りで有利に働くはず。またトライアルでは無いものの、ラジオNIKKEI賞で目の覚める末脚を披露したフィエールマンも鞍上ルメール騎手で不気味な存在だ。

また、信濃川特別を勝って鞍上モレイラ騎手で直行するグロンディオーズや、兵庫特別を楽勝したアフリカンゴールドなど今年は「条件戦組」もタレント豊富。

大混戦が予想される中で「各馬の力量」を把握しておくことが菊花賞を的中させるための近道といえるが、競馬セブンは常日頃から東西トレセンで密な情報収集を行っており、そのジャッジの正確性は業界内でも随一。既に出走馬の力量調査も済んでおり、後はレース当日に馬場や天候を加味した最終結論を出すだけ、という段階。前走後の状態や中間の気配、陣営の思惑など最終ジャッジする週末情報は必見です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第79回 菊花賞(G1)>

昨年も特大馬券!
今年もダービー馬不在で大波乱!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク