【菊花賞2018予想考察】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、菊花賞に出走を予定しているエタリオウ、エポカドーロ、グレイル、コズミックフォース、フィエールマン、ブラストワンピースの一週前追い切りの記事といつものように先週の予想結果を軽く。

菊花賞という事もあって時間があれば馬体診断やその他の馬の追い切り記事も更新したいところですが、まずは有力どころから書いていきます。

大原ステークス予想結果

5着◎アドマイヤエイカン

府中牝馬S予想結果

1着〇ディアドラ
2着☆リスグラシュー
3着▲フロンテアクイーン

10着◎ソウルスターリング

ここはがっつり縦目でした。ミスパンテールは即消し、その他も馬もぱっとしない感じだったので、絞り込むのは非常に簡単なレースでしたが、肝心の軸が全くダメでした。調教抜群の☆リスグラシューの取りこぼし馬券も考えましたが、さすがにこの人気では買えず。

東京ハイジャンプ予想結果

1着△サーストンコラルド
2着☆ヨカグラ
3着〇タイセイドリーム

4着◎ルペールノエル

ここは▲タマモプラネットの最後の落馬が非常に痛かったです。◎ルペールノエルもその影響を受けた事で最後はあと一歩という感じ。

オクトーバーS予想結果

5着◎アドマイヤアルバ

秋華賞予想結果

1着◎アーモンドアイ
2着…ミッキーチャーム
3着…カンタービレ

直線では△穴ランドネが良い感じだったのでもらったと思いましたが無念の相手抜け。狙いとしては悪い感じはしませんでしたが、少し足りませんでした。

3点勝負買い目を無料公開

菊花賞一週前追い切り

エタリオウ

脚裁きは鈍く、身体の硬さも目に付くが、負荷をしっかりとかけられており、ラストの追い方をみてもかなり意欲的な追い切りと言える。スピード感には大きく欠ける走りも、その分パワー寄りの力強い走り方をしており、今回の舞台を考えるとここはプラス材料として考えたい。馬体はすっきりとしないが、これだけ追われるとある程度は絞れてくるだろう。

エポカドーロ

フォームは美しく、安定感のある走り。脚裁きもスムーズで、回転も速い。負荷はあまりかかっていないが、軽く仕掛けられただけですぐに反応し、最後は楽にフィニッシュ。可動域も広く、馬体の張りも抜群なので、一週前追い切りの時点である程度馬は出来ている。気になる点をあげるとすれば前走時の一週前追い切りの方がよく動けていた事か。ただ、今回も悪い点は見当たらないので、調子は維持出来ているとみる。

グレイル

頭の高さが気になるも馬体に硬さは感じられない。それでも頸と脚のリズムが若干悪いのは減点せざるを得ないか。ただ、可動域は十分で、身体全体を使って大きく走れている点には好感が持て、スピード、パワーどちらも感じられる力強い走りと言える。追われてからの反応、馬体の張りがイマイチのように思えるが、このひと追いである程度馬が活性化する事が予想されるので、ここは多少の減点としたい。

コズミックフォース

フォームは美しいが、手応え以上のものは感じられず、動きとしては平凡。それでもしっかりと脚は上がっており、脚裁きも軽かった。追われた時の反応もまずまずといえ、調教パートナーであるオウケンムーンよりは動いた。少し馬体が緩いので、最終追い切りでもう少し負荷をかけてもらいたい。

フィエールマン

フォームは安定しており、可動域、脚裁き、馬体の張りとどこを取っても悪い点が見当たらず。軽く仕掛けられると一瞬にして反応し、ラストの伸びは抜群に良かった。脚もよく上がっており、頸とのリズムも取れている。あっさりとした評価となってしまったが、書く事がないぐらいシンプルに評価出来る動きだったといえる。まず好調。

ブラストワンピース

前走同様に非常にダイナミックで力強い走り。可動域も広く、地面を蹴る力も相当強い。単純はパワー型という走りではなく、乗ってからのスピードも抜群で、脚の回転の速さをみても動きからは隙らしい隙は見当たらず。ただ、フォームはお世辞にも美しいとは言えず、馬体に多少硬さがあるのがいかにもハービンジャー産駒という感じ。頸と脚のリズムも微妙なので、この点をどう評価するか。

最後に菊花賞の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ローテはあまり歓迎とは言えないが、能力は間違いなく高い。ここに向けてしっかりと馬はつくられているので後は枠順次第といった感じ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第79回 菊花賞(G1)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

神戸新聞杯を制し、秋緒戦で好スタートを切ったワグネリアンは、距離適性を考慮して天皇賞・秋へ向かうことに。となれば、皐月賞馬エポカドーロが主役と言える存在だが、スタートで躓くアクシデントはあったものの、前走の神戸新聞杯は4着と初めて馬券圏外に終わっただけでなく、自身の死角を露呈した格好。そもそも、全馬にとって初めてとなる京都3000mの舞台だけに、虎視眈々と最後の1冠を狙う陣営は少なくない。

その他にも、新潟記念から異例のローテーションでGI獲りを狙うブラストワンピース、前哨戦のセントライト記念を制したジェネラーレウーノ、1勝馬ではあるが、これまでの走りを見れば実力は確かな神戸新聞杯2着馬エタリオウなど、多士済々なメンバーが揃っている。

そんな“混戦”ムードの時こそ、モノを言うのが情報力。競馬界の大物OBを筆頭に、業界最高峰の情報網を有するシンクタンクは、騎手、厩舎、馬主、生産者、外厩、エージェントなど、あらゆる関係者から情報を入手し、どの馬が“買い”で、どの馬が“危ない”のかを把握することができる。

昨年は55万馬券と大波乱決着になったレースだが「今年も10万馬券以上の決着は十分にある」というのが、事情通の関係者たちの大半の意見。しかし、新聞やネットなど、一般マスコミを介して流れる情報だけを頼りに馬券を買うのは、極めて心許ないと言わざるを得ない。

そこで、今週は競馬総合情報社シンクタンクがお届けする菊花賞の【3連単勝負馬券】を特別に無料公開させて頂く。菊花賞の馬券を購入される方は、是非このチャンスをお見逃しのないようご注意頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第79回 菊花賞(G1)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク