【菊花賞2020予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、菊花賞に出走を予定しているヴェルトライゼンデ、コントレイル、バビットの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

無双の地方競馬、そして好調の海外競馬と後足りないのは中央のみという状況でしたが、待ちに待った大きな流れが訪れました。

府中牝馬ステークス予想結果

1着△サラキア
2着〇シャドウディーヴァ
3着◎サムシングジャスト

ワイド 1,870

3連複 23,160

3連単 189,020

昨日の記事でも軽く触れましたが、ここは基本的に本命対抗の印2頭、本線馬券メインで購入と書いたようにほぼ予想通りの本線的中。

勝負度がそこそこ高ければ点数を絞っていたので3連複は2000~3000円ほど持っていてもおかしくないレースでしたが、今回は残念ながらそこまで購入は出来ず。仮に3連複を2000~3000円ほど購入していれば帯まで届いていましたが、こちらも今回はお預けという結果に…。

それでも頭数が少ない事もあって点数が極端に絞れたレースだったので、万が一の事故待ちで購入した3連単マルチまでハマり、重賞では久々の10万馬券的中となりました。

これで不調だった9月~先週までの中央の負けを軽く2,3回捲れるほどは回収出来ましたので、後はこの流れを去年大爆発した菊花賞に持っていくだけ、と思っていた矢先、今週は日曜にもう一発大きな的中が待っていました。

オクトーバーステークス予想結果

11着◎ロシュフォール

win5はここで終了。

秋華賞予想結果

1着〇デアリングタクト
2着…マジックキャッスル
3着◎ソフトフルート

本命馬の出遅れ、大外ぶん回しを見た時はさすがに〇意が湧きましたが、最後の最後、ハナ差で何とか馬券に。

肝心の馬券ですが、府中牝馬ステークスと同じくほぼ対抗馬との組み合わせがメインの馬券(というかデアリングタクトが馬券になっていなければワイドしかなかった)だったので、3連単を含めて色々と適当に流した馬券も当たるには当たりましたが、大きかったのは意外に本命馬との組み合わせで買ったワイドだったというオチ。

またこのレースなどの買い方、馬券の組み立て方に関しては次回の海外、もしくは勝負レースなどがあった際に触れていく事も考えているので、府中牝馬を含めての本命対抗のタネ明かしはもうしばらくお待ち下さい。

なお、今回の土日の件で沢山お問い合わせを頂いておりますが、まだきっちりと返信出来ていないというのが現状ですので、この平日にぼちぼちと返信していこうと思っております。


今週は3歳クラシック最終戦!

第81回 菊花賞 (G1)

2019年2着サトノルークス(8人気)
2018年3着ユーキャンスマイル(10人気)
2017年2着クリンチャー(10人気)
2017年3着ポポカテペトル(13人気)

菊花賞では3年連続で3連複

8番人気以下の関西馬が馬券になっている!

そして今年は!


秋華賞のように断トツ人気のコントレイルが勝っても万馬券になる!

菊花賞の勝負買目情報

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【無料入手方法はコチラ!!】

菊花賞一週前追い切り

ヴェルトライゼンデ

入りから脚と頸を出すタイミングが合わず、全体的にややちぐはぐな内容、動きに。それでも前半からしっかりとスピードに乗り、追われると鋭く伸びて前を走る調教パートナーにきっちりと先着。

脚の回転の速さや乗った時のスピード、そして動きがこじんまりとしている割には滞空時間が長く感じる事など前走時の動きからガラッと気配を変えてきたので、ほぼ間違いなく上積みには期待が持てるだろう。

コントレイル

前半から気合い乗り十分で、いきっぷりが半端ない。ほぼ手綱を持ったままで相手に並びかけると一瞬にして抜き去ってその後は一人旅。動きは非常にパワフルで力強いが、気になる点を挙げるとすれば少し気持ちが表に出すぎている点。

この点を考えると今回は距離が距離なだけに不安がないという訳ではないので、この馬に関しては出来というよりも最終追い切りでどこまで平常心を保って走れているかがカギとなるのでは。逆にいえば内面以外は全く隙が見当たらないというのが現時点での答えとなる。

バビット

フォームの安定感と広い可動域が目立っており、適度に活気がある点にも好感が持てる。相手に並びかけたタイミングで一気にスイッチが入り、その後は身体を大きく使ってグイグイと伸びてあっという間に着差を広げた。しっかりと脚の使いどころもわかっており、最後の手応えを見てもまだまだ余裕を感じられたので、距離が延びるのは間違いなく合っているだろう。

馬体の張りや毛艶を見ても前走からの上積みも期待が持てそうなので、このまま上手く調整が進めば相当怖い存在になりそう。

予想オッズ

1 コントレイル 1.1
2 ヴェルトライゼンデ 6.8
3 バビット 13.7
4 サトノフラッグ 29.6
5 アンティシペイト 39.9

最後に菊花賞の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

去年は先週の土曜の府中牝馬ステークスのように◎ワールドプレミアで大爆発した相性のレース。過去に何度も帯っているレースでもありますので、今回の菊花賞もダントツ人気がいても自分らしく当然強気に狙っていきます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第81回 菊花賞(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

言うまでもなく、今年の主役は史上3頭目の無敗の3冠達成がかかるコントレイルだろう。
勝てばディープインパクトと親子で無敗の3冠達成と、過去に例を見ない快挙となるだけに、競馬界、スポーツ界全体が注目するニュースであることは間違いない。

しかも、ディープインパクトは去年亡くなったばかり。『日本競馬界の至宝』とも呼ばれた名馬の意思を継ぐ存在として、新たなスターホース誕生を待ちわびる人々は少なくない。

競馬である以上、“絶対”はありえないが、前哨戦の神戸新聞杯を楽勝し上々のスタート。やはり、この馬抜きで菊花賞を考えるのは難しいと言わざるを得ない。

だからと言って、馬券が堅い、配当が低いと考えるのは早計だ。

セントライト記念を上がり馬バビットが制し、神戸新聞杯では1勝クラスのロバートソンキーがダービー5着のディープボンドを競り負かし3着と好走するなど、春のクラシック組は、前哨戦と言えども物足りない走りだった。

世代No.2のサリオス不在で、それ以下はほぼ横一線と言ったような状況。フルゲート18頭に対して特別登録には29頭がエントリーしているのも、この状況を見越してのこと。

2着で4800万円、3着で3000万円、5着でも1200万円の賞金が入ってくるのだから、『勝てずとも……』と考える陣営がいるのは当たり前。

まして全馬が初出走となる淀の3000m、着狙いの人気薄が馬券圏内に食い込むことは、十分に起こりうる。

無論、『打倒コントレイル』を掲げる陣営も存在しないわけではない。ディープインパクトが3冠を達成した菊花賞でも、6番人気アドマイヤジャパンがあわやのシーンを作って2着と健闘。

2番手以下がほぼ一線のレースで馬券的中を掴むには、各陣営の思惑をしっかりと把握しておかねばならないのだ。

一般マスコミや世間の注目は間違いなくコントレイルに集中することになるだろう。そして、普段は競馬にあまり興味のない人も、「馬券を買ってみよう」と参加するムードにもなるはず。

必然的に表に出る情報量は多くなるが、その質たるや、いかばかりか。陣営のコメントは建前が当たり前、核心に迫るものなどは無いに等しい。

業界最高峰の情報網を有する弊社シンクタンクは、騎手、厩舎、馬主、生産者、外厩、エージェントなどなど、あらゆる関係者から情報を入手できる態勢が整っており、世間に流布するアテにならない情報ではない、『本物の関係者情報』を入手。

どの陣営が勝負に出てどの陣営が着狙いなのかといった思惑を把握して、しっかりと馬券を組み立てることができる。

もし菊花賞の馬券を買うのであれば、世間と一線を画す『本物の関係者情報』で買ってみてはいかがだろう。今週は特別に菊花賞の関係者情報と馬券候補が簡単に絞れる【情報注目馬5選】を無料公開するので、ぜひ利用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第81回 菊花賞(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク