【金鯱賞2018予想オッズ】穴馬・ブレスジャーニー馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は金鯱賞に出走を予定しているブレスジャーニーの馬体診断の記事を。

ここは凱旋門賞以来の出走となるサトノダイヤモンドと4歳世代トップクラスの能力を持ったスワーヴリチャードの対決に注目が集まりそうですが、サトノダイヤモンドは調教をみる感じ本調子とは言えず、対するスワーヴリチャードは前哨戦を前哨戦っぽい仕上げで使ってくる馬だけにここに他の馬が割って入る隙はそれなりにありそうですが果たして。

ブレスジャーニーの過去の馬体診断の記事に関してはこちらに↓

ブレスジャーニー馬体診断

―【PR】―――――――――――――――

凝縮された濃厚な情報公開まで…残り僅か!

━━━━━━━━━━━━━━━━━
競馬は「実益」になる!

少しでも多くの方へ
的中する喜びを届けたい!

鉄板級とも言える極秘情報を無料でお届け!

今週は【金鯱賞】

の、濃厚な情報を公開決定!!

無料登録はこちら!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

金鯱賞馬体診断

ブレスジャーニー

有馬記念のパドック

馬体重466キロ、前走からプラス4キロでの出走。過去の記事でも書いたがデビューしてから今まで1度も馬体重を減らした事のない馬。ここも馬体重を増やしてきたが特別太いという感じはしない。

チャレンジカップではそれなりに馬は出来ていたものの、毛艶やトモの張りからしてまだまだ本調子という感じはしなかったので当然ここでも上積みに期待したが、馬体や仕上がりよりも内面の乱れが目に付いた。2歳の頃は気持ちを外へ出すようなタイプだったが、歳を重ねて内面が成長した影響で無駄なエネルギーの消費を抑える事が出来るようになった点を褒めていた馬だったので、それが出来なくなっていた事は非常に残念ではある。

それに加えてやはり強豪揃いのG1となれば馬体が目立つ事もなかったので、この日は少し評価しすぎてしまった事を反省しなければならない。ただ、他馬との比較になれば劣っては見えるものの、この馬との過去の馬体との比較になれば前走より上がり目はあったという感じなので、使われつつ強くなっているという点は間違いではないだろう。

この世代で馬体だけで言えば個人的にスワーヴリチャード、ペルシアンナイトに次いでブレスジャーニーという位置付けなので、当然相手落ちの今回も期待はしてしまう。腐ってもサウジアラビアロイヤルカップでダンビュライトを、東京スポーツ杯でスワーヴリチャードを破った馬。一番使いたい時期を棒に振ってしまった事は相当痛いが、この先順調に馬体が成長すれば大舞台でもやれるだけの能力があると思っている。

予想オッズ

スワーヴリチャード 2.0倍
サトノダイヤモンド 2.8倍
ヤマカツエース 7倍
メートルダール 10倍
ブレスジャーニー 15倍

調教内容は勿論だがサトノダイヤモンドが凱旋門賞以来の競馬という事を考えると今回はスワーヴリチャードの方が票を集めそう。トリオンフが出走ならヤマカツエース、メートルダールに割って入るぐらいのオッズにはなるか。

では最後に金鯱賞の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

穴馬はブレスジャーニーとして注目馬はやはりこの馬。コース適性で明らかに売れそうな馬ですが評価しない理由がない今回は普通に勝ち負けでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第52回 フィリーズR(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
フィリーズRを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

桜花賞の前哨戦、1967年に阪神4歳牝馬S(現3歳)として創設。2001年にフィリーズレビューに名称が変更された。桜花賞のトライアルレースで3着までが優先出走権が与えられる。過去の勝ち馬では、エイシンサニー、イシノルーブル、キョウエイマーチ、フサイチエアデール、ローズバド、ヤマカツリリー、ラインクラフト、アストンマーチャン、アイムユアーズ、メイショウマンボ、クイーンズリングなどGI戦線で活躍した馬が多い。

過去10年、人気別の成績では、1人気[2.3.0.5]2人気[2.0.2.6]3人気[2.1.0.7]と上位人気馬はそれぞれ2勝しているが、1人気が連対率5割をキープしている。平均配当では、馬連1万2820円3連複4万8710円3連単32万4990円波乱傾向。16年8人気ソルヴェイグ、10年9人気サウンドバリアー、08年11人気マイネレーツェルが優勝し波乱の立役者となっている。二桁人気馬も4頭馬券圏に好走しているように、若駒牝馬でもあり荒れる牝馬重賞

ステップレース別では500万条件[4.3.3.50]と最多勝利数の4勝を挙げている。その他では阪神JF組[2.3.4.16]、エルフィンS組[2.1.1.14]、クイーンC組[1.1.1.14]。同レースをステップにして桜花賞で好走したのは08年のレジネッタ(桜花賞1着)、昨年のレーヌミノル(桜花賞1着)の2頭のみ。距離が異なるだけに本番に直結するケースは少ない。

競馬セブンではここ5年で4度的中のドル箱レース13年には3連単9万6300円の特大万馬券を的中している。今年のフィリーズレビューでも人気にならない厩舎の秘密兵器やとなる陣営が「桜花賞では勝負にならないから、ここが目一杯勝負」と送り出す勝負馬など、紙面上には載らない関係者情報を独占入手!週末情報は馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『フィリーズR・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク