【金鯱賞2022予想オッズ】過去勝ち馬・追い切り評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中京メイン、金鯱賞に出走を予定しているレイパパレ、ジャックドールの一週前追い切りに関する記事と馬券のポイント、先週の予想結果を。

金鯱賞、中山牝馬ステークスの予想など、土~日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【金鯱賞2022予想他】3月12,13日勝負レース

先週は土曜にボウズをくらった時は今週も地方のプラスを週末で溶かすパターンか、と思ってしまいましたが、かなり自信があった弥生賞を最高の形でぶっ刺し、一撃大捲り。

その他にも勝負度を一段階落としてしまったのは残念でしたが、湾岸ステークスの一撃10万馬券もハマり、好調だった1月と同じく、得意の中山開催で祭りは始まる。

オーシャンステークス予想結果

6着◎キルロード

ここは悪くない予想が出来たと思いますが、上位に入線した馬も全て相手止まりという事もあり、全体的に読み違い。

チューリップ賞予想結果

5着◎ウォーターナビレラ

正直人気的にも買いたい馬がこの馬か4着馬しかいないレースだったので、この結果は仕方なし。ただ、ちょっと不完全燃焼の競馬でした。

橿原ステークス予想結果

6着◎シゲルヒラトリ

思い切って狙いましたが、惜しくもない6着。

湾岸ステークス予想結果

1着△キングオブドラゴン
2着〇エドノフェリーチェ
3着◎スルーセブンシーズ

3連複 10,630円

3連単 102,250円

※こちらのレースの買い方のポイントはnote内で公開している通り。

欲を言えば本命の2着が欲しかったですが、半分マグレでも3連単がハマり、大きな回収、特大ホームラン。

勝負度を一段階落としてしまったのは痛恨ではあるものの、+αのレースとして購入していたからこその3連単的中、そして相手を極限まで絞れてのレースだったので、このレースに関しては良い方向に転んだのではないでしょうか(普通の勝負レースだとこの馬の頭の馬券はほぼ買えなかったと思います)。

いつもの+αよりも相手が2頭ほど多かったレースですが、それでも相手印5頭での的中でこの配当なら文句無しでしょう。

大阪城ステークス予想結果

1着△アルサトワ
2着◎カレンシュトラウス
3着△アイコンテーラー

本命に迷いはなかったものの、痛恨の2列目抜け。対抗馬も後一歩の競馬でした。

弥生賞予想結果

1着◎アスクビクターモア
2着〇ドウデュース
3着△ボーンディスウェイ

単勝 670円

馬連 780円

馬単 2,180円

3連複 4,990円

3連単 25,180円

ここは自信あり、かなり強めに購入と書いたように、結果的に馬券も最高の形でハマり、文句なしの超特大ホームラン。

相手本線を対抗馬の一頭に絞ったレースという事もあって、この配当でも湾岸ステークスの10万馬券が霞んで見えるぐらいの結果となりました。

本気で帯を狙っていたレースだったので帯には大きく届かずという結果も、1点だけ購入していたド本線の馬単もガッツリとハマり、予告通りの今年一番の大回収に。

本命は予想よりも売れていた事は誤差でしたが、枠、追い切り、相手関係、コースと何もかもが揃っていての好走でしたので、バレていてもこのオッズならまずまずやれたのでは。

今週からはこちらも得意の中京が帰ってきますので、中山、阪神、中京と回収出来る条件が揃った=祭りの始まりでしょう。よって地方、中央共々、引き続き期待して頂ければ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

豪華メンバー揃う金鯱賞!

去年も断トツ人気のデアリングタクトの死角をキャッチ!

今年もとっておきの穴馬を教えます!

【金鯱賞注目穴馬】

波乱決着となった先週の重賞もズバリ!

弥生賞情報注目馬5選

③リューベック
⑥ボーンディスウェイ(9人気)→3着
⑦ドウデュース(1人気)→2着
⑨インダストリア
⑩アスクビクターモア(3人気)→1着

オーシャンS情報注目馬5選

①マリアズハート
②スマートクラージュ
⑦ジャンダルム(2人気)→1着
⑩ナランフレグ(4人気)→2着
⑭ビアンフェ(5人気)→3着

アナタの使い方次第で高配当も狙える!

【金鯱賞注目穴馬】

金鯱賞過去・出走予定他

【過去5年成績】

17年
ヤマカツエース 牡5 1人気
ロードヴァンドール 牡4 7人気
スズカデヴィアス 牡6 13人気

18年
スワーヴリチャード 牡4 1人気
サトノノブレス 牡8 8人気
サトノダイヤモンド 牡5 2人気

19年
ダノンプレミアム 牡4 2人気
リスグラシュー 牝5 5人気
エアウィンザー 牡5 1人気

20年
サートゥルナーリア 牡4 1人気
サトノソルタス 牡5 8人気
ダイワキャグニー 牡6 6人気

21年
ギベオン 牡6 10人気
デアリングタクト 牝4 1人気
ポタジェ 牡4 6人気

【過去5年前走】

17年
有馬記念 4
小倉大賞典 4
白富士S 1

18年
有馬記念 4
凱旋門賞 16
凱旋門賞 15

19年
東京優駿 6
香港V 2
チャレンジC 1

20年
有馬記念 2
中日新聞杯 5
白富士S 5

21年
白富士S 5
JC 3
白富士S 1

【出走予定馬】

アカイイト 55.0
アラタ 56.0
ギベオン 57.0
グラティアス 56.0
サンレイポケット 56.0
シフルマン 56.0
ジャックドール 56.0
シャドウディーヴァ 54.0
ショウナンバルディ 56.0
ステラリア 54.0
ソフトフルート 54.0
ポタジェ 56.0
ランブリングアレー 54.0
レイパパレ 56.0
ワールドウインズ 56.0

3点勝負買い目を無料公開

【予想オッズ】

1 ジャックドール 2.0
2 レイパパレ 3.8
3 サンレイポケット 6.4
4 アカイイト 8.5
5 ポタジェ 9.2

【有力馬追い切り】

レイパパレ

動きは素軽く軽快ではあるが、相変わらず腰のブレが目に付く馬で、この腰からくる蓄積疲労がどうも出世を妨げている印象も。

休み明け、それも海外遠征明けとだけあって調整はいつも以上に慎重に、という感じがするも、終いの伸び、追われてからの反応は素晴らしく、久々でもG2にしては贅沢な動きにも見えるので、このぐらいの相手であれば7~8割の出来でも何となりそうな気もするが…。

あくまでも本番を見据えての仕上がりなのは間違いないが、海外遠征明けの割には良く動けている部類に入るだろう。

ジャックドール

ゆったりとしたフォームで内面にも全くスイッチが入っていないようにも見えるが、後半軽く追われると瞬時に反応し、そこから一気に態勢を立て直してグイグイと力強く伸びたので、動きを見る限り馬は相当賢いのだろう。

もう少しトモや馬体に張りが出る事が理想も、前走を使ったダメージは皆無というか、むしろ前走を使った事で良い具合にガス抜きが出来ているので、当日ピリッとした内面が表に出るようなら態勢は整ったと思っていいのでは。高いレベルで出来は安定している。

注目ポイント・注目馬

年齢は圧倒的に若い馬が有利!

去年は6歳馬のギベオンが穴で勝利したものの、過去5年その他全ての年で4~5歳馬が勝利しており、特に毎年連対している4歳馬が勝率、連対率共にその他の年齢を圧倒している。

西高東低レース!

近年では珍しく西高東低レースとなっており、勝率だけではなく、連対率、複勝率全てにおいて関西馬が関東馬を上回る結果に。

関西馬が3着以内を独占する事も珍しくないので、このレースに関しては関東馬はそれ相応の割り引きが必要になるかもしれない。

最後に今年の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 最強ブログランキングへ

超豪華メンバーですが、以前から狙っていたこの馬が面白そう。

なお、今週もこの後地方の予想を追加で更新する予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第58回 金鯱賞(G2)>

レイパパレ・ジャックドールを
脅かす穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

16年までは12月開催に行われていたが。17年から新設されてGI大阪杯のステップレースとして3月開催に移行。大阪杯のステップレースとして位置づけられた『過去5年のデータ』では、平均配当は馬 連5290円・3連複 2万0560円・3連単20万4990円。馬連3桁配当はなし、3連単10万馬券以上が2度、3連単最高配当は19万2050円。二桁人気の伏兵馬は21年ギベオン(10人1着)、17年スズカデヴィアス(13人気3着)2頭が馬券圏に好走。波乱になるケースもある。

上位人気馬の成績は1人気【3.1.1.0】2人気【1.0.1.3】3人気【0.0.0.5】。上位人気馬で4勝。1人気で勝ったのはサートゥルナーリア、スワーヴリチャード、ヤマカツエース。昨年は単勝1.4倍のデアリングタクトが2着に敗れたが一昨年の優勝馬サートゥルナーリアは単勝1.3倍、18年の優勝馬スワーヴリチャードは単勝1.6倍の圧倒的人気馬で快勝。

年齢別の成績では4歳馬【3.2.1.10】5歳馬【1.2.2.13】6歳馬【1.0.2.11】7歳上【0.1.0.11】。4歳馬が3勝(2着2回)と圧倒的な強さを見せている。6歳上は1勝のみと苦戦。4歳馬中心のレースと言える。

今年は昨年の大阪杯の覇者レイパパレが登場。昨年は無傷6連勝でGI初制覇。その後の無冠となっているが、今年はGI2勝目に向けココから始動する。4連勝の上がり馬ジャックドールが重賞は初制覇に挑む。3歳時はクラシック路線に乗れずも昨秋から素質開花し破竹の4連勝。目標は大阪杯でもありココでも無様な競馬はできない。その他でも昨年の皐月賞&ダービーで3着のステラヴェローチェ、昨年の金鯱賞3着馬ポタジェ、21年エリザベス女王杯の優勝馬アカイイトなど好メンバーが揃う。

大阪杯に向け重要なステップレースの金鯱賞だが、競馬セブンでは波乱の立役者となる人気薄の「隠れ穴馬」の激走情報を極秘入手済!「隠れ穴馬」が馬券に絡めば好配当必至!馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『金鯱賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク