【きさらぎ賞2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、きさらぎ賞に出走を予定しているアルジャンナ、ギベルティ、サトノゴールド、ストーンリッジ、デアリングダクト、トゥルーヴィルの最終追い切りに関する記事を。

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着

予想はシルクロードステークスの◎エイティーンガールで最低限の結果を出せましたが、こちらは年明けから全くダメ。目が腐ってしまったのか、どうもこちらの調子が上がって来ないので、今週は流れを変える意味でも昨日の週末の記事は見送る事にしました。

これが良い息抜きになれば、と思っていたら、昨日の地方は中穴を本命にして最低限の結果を出す事が出来たので、この調子で週末もしっかりと結果を出してやります。

東京新聞杯の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

きさらぎ賞最終追い切り

アルジャンナ

先週は身体の使い方に違和感を感じるような動きではあったが、今週は重心のブレもなく終始走りは安定している。相変わらず全体的なバランスは素晴らしく、雄大で大きなフットワークはかなり目立っていた。

追われてからの反応も良く、真っ直ぐと伸びて加速するとそのままの手応えで先着。馬体の事もあって負荷をかけてこなかった可能性もあるが、それでも一週前、最終としっかりとした追い切りを消化出来たので、ここはまず力を出し切って来るだろう。

馬体、動きからすると仮にここでそれなりの結果だったとしても先々まで注目しておきたい馬と言える。

ギベルティ

一週前追い切りでは内面の荒さが目立っていて左右にフラれて頭の位置も全く安定しなかったが、今週は別馬のようにフォームは安定していた。

調教パートナーが何度もこちらの追い出しを待つような仕草を見せており、明らかにこの馬の為にやったような追い切りとなっているが、それでも馬なりで加速して楽々交わし去った点は素直に評価しなければならない。

まだ胸前はすっきりとしてこないが、息遣いや脚捌きは先週と比較すると激変しているので、この動き通りであればいきなりの重賞でもそこそこやれそう。ただ、内面の幼さを考えるともう少し雑巾がけが必要なタイプだとは思うので、夏の北海道路線や秋の中山辺りで頭角を現してくる可能性も。

サトノゴールド

前脚に硬さがあって全く上がらない点、頸を使って動けていない点はマイナスも、馬体は想像以上に絞れている。それでも追われてからの反応はイマイチで、調教パートナーが前へ出ようとしても何も動きには変化が見られなかった。

このズブさなどはいかにもゴールドシップ産駒らしいが、動きからは豪快さや派手さは一切感じる事が出来ないので、単純に今回は休み明けとしての扱いが正解なのかもしれない。

ストーンリッジ

非常に華奢で線の細い馬体となっており、胸前の筋肉量だけではなく全体的な厚みがまだまだ足りない。胸の広さと追われて脚がバラバラになる点などこれから身体をつくっていってフォームなどを修正していくようなタイプではあるが、それでも脚の回転の速さやスピード感はそれなりに目立っていた。

手応えに余裕は感じられないが、しっかりと負荷をかけられて追われた事は評価しておく。

デアリングダクト

頭が高く身体の使い方も上手いとは言えないが、気性面からくるスピードと素軽さはさすが。ただ、追って伸びそうで伸びない点や牝馬らしい柔らかみに欠ける馬体、そして地面を蹴る力強さを全くといっていいほど感じられない点などからすると牡馬が相手となる今回は少し敷居が高い気もするが。

おそらく気ももう少し表に出してくるタイプだと思うので、ここを使った後が勝負という仕上げとなっているのでは。※回避

トゥルーヴィル

デビュー前から注目していた一頭で、さすがに新馬は無難にクリアしてきた。身体の使い方がかなり下手で、追われてからの反応が良かった割にはラストは弾ける事が出来なかった点からするとまだまだ本格化は先になるタイプだと思うが、一旦相手に並ばれながらも抜かせなかった点、地面に脚を取られてしまって動きがちぐはぐになっても走り切った点はある程度の評価が必要だろう。

胴の詰まり具合からしてもマイルで化けそうな感じもするので、個人的には短い距離で見てみたい一頭。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは文句なしに動いた。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

東京新聞杯&きさらぎ賞(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年は海外遠征が盛んとなり、レース選択にも幅が出てきているが、古馬マイラーにとって、春の大目標となるのは安田記念。そこまでにいくつか前哨戦はあるものの、上半期に古馬が出走できる東京マイルの重賞は、実は東京新聞杯しかない。

それゆえ、本気で安田記念を見据える陣営であれば、「東京のマイル戦を経験させておきたい」と考えるのは必然。去年、春秋マイル連覇を見事に果たしたインディチャンプもこのレースを勝利している。他にもヴァンセンヌ(2015年勝ち馬)は同年の安田記念で2着、他にも15番人気で3着に食い込んだコスモセンサー(2012年)は東京新聞杯の2着馬だった。

更に、古馬牝馬にとっての目標となるヴィクトリアマイルにも同様のことが言える。去年の年度代表馬で、宝塚記念、有馬記念の大本線1点目的中に大いに貢献してくれたドル箱情報馬リスグラシューは一昨年の東京新聞杯を勝利しており、同年のヴィクトリアマイルで2着。2014年の勝ち馬ヴィルシーナもココに出走していた。

一見すれば冬場に行なわれるG3の1つに過ぎないが、内情をよく知る関係者からすれば非常に注目のレースとなる。

もちろん、GIは見据えず、「左回りのマイル戦はベスト」とココを全力で獲りに来る陣営もいれば、この時期によく聞く言葉だが、「先々のために賞金加算をしておきたい」という思惑の陣営もいる。このレースの馬券を獲るためにはこうした表向きに公表されない本音、内情を知らねばならない。

増沢末夫、中野渡清一、平井雄二ら元騎手、調教師を務めた競馬界の大物OBが情報ルートとして在籍する弊社シンクタンクは、当然ながら陣営の本音、内情を知ることができる態勢が整っている。事実、去年の東京新聞杯は1万8190円の万馬券を的中させている。

馬券を考える上でも、安田記念やヴィクトリアマイルといったGIを考える上でも、東京新聞杯の関係者情報は非常に重要となる。そこで、今週は特別に東京新聞杯の関係者情報を【馬券候補5頭】と合わせて無料公開する。この機会にシンクタンクの情報力、そして本物の関係者情報の存在を体感していただきたい。

※同日のきさらぎ賞も無料でお伝えします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

東京新聞杯&きさらぎ賞(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク