【北九州記念2018予想オッズ】穴馬、アンヴァル馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の北九州記念に出走を予定しているアンヴァルの馬体診断の記事を。

かなり余談になりますが、北九州記念と言えばサマソニですね。毎年早朝に馬券を仕込んで後からケータイで結果をみるというのが恒例のイベントのような感じですが、最近は激アツのアーティストが出てこない為、行く機会が激減しました。

今年も個人的な考えになりますが、かなり微妙なメンバーとなりましたので、行くか行かないかは本当に気分次第ですが、1年に2日しかない夏のイベントなので、行って雰囲気を味わうというのも悪くないかなと。

競馬ブログをやっていてこんな事を書くのはどうかと思いますが、土日になれば一日中家、もしくはウインズにこもって競馬漬けというのはあまり好きではなく、どちらかと言えばこの時期は外に出て日を浴びたいタイプです。

今年で言えば函館スプリントステークスやラジオNIKKEI賞がそうでしたが、馬の事を考えるのはほどほどにして、琵琶湖で釣りをしている時の方が馬券も当たったりするので、土日は適当に外に出て遊ぶぐらいが丁度いいのかもしれません。

一応この話にはオチがあって、先週の重賞の予想にかけた時間と結果が全く比例しなかった、と言うのがそもそもこの話をするきっかけとなった訳でして、週末予想にかけた時間が

エルムステークス

一週間軸を迷いに迷って絞り出した本命が◎ハイランドピーク。

関屋記念

馬柱をみて10秒ぐらいでプリモシーンは来そう、枠順をみてまず勝ち負けと思い人気を考えて安定の対抗予定も、これ前が残る詐欺じゃない?といういつものあまのじゃくな考えが急に降りてきて本命に。ここ2走のレース内容を覚えていたのでほぼ予想には時間をかけず。それはエイシンティンクルにも言える事。

ジャックルマロワ賞

一週間動画を見まくって考えて考えて出した答えが◎ウィズユー。

今思えば当たるレースはだいたい割と適当(真剣に考えていますが)というか、深く考えないパターンが多く、買い方に関しても本当にシンプルに考えた方が上手くいく。当然ですが、自分も普通の競馬ファン。未だに日々勉強といった感じで、当たっても外れてもほぼ反省しっぱなしです。

ただ、何度か書いていますが、競馬は当たった時よりも外れた時の方が得れるものは多く、外した時、失敗した時にいかに勉強出来るかで年間を通しての回収率が微妙に変わってくるものだと思っています。

先週も当たった事は当たったが、買い方、印の付け方がもう少し上手ければ倍以上は勝てたはず。自信があったレースなので余計にそう思います。

なので今週から適当に馬券を買います、というのは冗談で、視野を広げて情報量を増やす事も大切ですが、あえてシンプルな考え、悪く言えば素人のような考えも捨てずに印を打っていきたい、というオチ。この普通な考えを忘れない事が大切、と爆発するチャンスが目の前にあったのに逃してしまった事を反省しております。

では余談が長くなりましたが、本題の馬体診断へ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 札幌記念(G2)>

今年は一昨年昨年の覇者ネオリアリズムがモレイラ騎手とのコンビで参戦。他にもマカヒキ、モズカッチャンといったGIホースや、ミッキースワロー、サングレーザー、ゴーフォザサミットなどが出走するなど豪華メンバーが揃う。競馬セブンでは現地情報班から、とある陣営の勝負駆け情報を独占入手!あの騎手と厩舎サイドから勝利宣言が出されている確勝使いの勝負情報!紙面上には絶対に載らない裏ネタを競馬セブンは入手済!

競馬セブンでは、真夏の重賞競走も函館SS【3090円的中】、プロキオンS【馬連2750的中】、中京記念【2万5980円的中】、アイビスSD【1020円的中】、クイーンS【1610円的中】、小倉記念【1万0700円的中】や、春のGIグランプリレース宝塚記念【馬連9200円的中】などをお届け!今週の札幌記念にも強力情報馬が出走致しますので大きくご期待ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


3点勝負買い目を無料公開

北九州記念馬体診断

アンヴァル

新馬戦のパドック

初戦は462キロでの出走。馬体には余裕があり、骨格を考えると皮膚の厚みが筋肉ではなく完全に脂肪。トモも少し緩く、踏み込みをみてもやや浅い。

少し硬さはあるが、これは血統からくるものなので割り引く必要はない。キ甲や胴から胸前にかけての馬体のバランス、そしてフォームをみていると、この時期の2歳馬としては完成度が非常に高く、馬体だけで比較するとこの新馬戦の中では本馬が群を抜いてよく見える。続く未勝利戦、500万、福島2歳と使って馬体をつくり連勝を重ねたように、初戦を落としたのは仕上がりの問題。

葵ステークスのパドック

馬体重442キロ、前走からマイマイ8キロで出走。初戦と比較するとかなり馬体重を減らしているが、その初戦が全体的に余裕のある仕上がりだったので、本来のベストの馬体重は450キロ前後だろう。

ひばらなどをみると少し寂しさも感じるが、トモの張りや厚み、皮膚の薄さ、そして踏み込みとどこを取っても馬が出来ており、この産駒にしては可動域も十分な馬。程よく気合いも入っており、歩様の硬さとは比例しない飛節の伸びが特徴の一つ。

近走の成績をみると早熟馬では?という感じもするが、完成度が高いとはいえ、馬は使われながらしっかりと成長しており、まだ肩や腰も甘い点、そして母アルーリングボイスの血が強く馬体に反映されていない点を考えるとまだまだ終わる馬ではない。人気も地味、ハンデも手頃な今回こそが買い時では。

予想オッズ

ダイアナヘイロー 3.5
ダイメイプリンセス 4.0
ゴールドクイーン 5.2
ラブカンプー 5.8
アサクサゲンキ 6.7

ローカル短距離ハンデ戦だけにオッズもかなり割れそう。1人気は去年の北九州記念の勝ち馬でコース実績も買われてダイアナヘイロー。アイビスサマーダッシュ1.2着のダイメイプリンセス、ラブカンプー、葵ステークスの勝ち馬ゴールドクイーンも差はなく続くとみる。

最後に北九州記念の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

枠順は勿論ですが、今年は例年以上に馬場状態にも注意が必要となるでしょう。その中でも人気が地味なこの馬に注目しています。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 札幌記念(G2)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

札幌記念は、数年前から地元関係者を中心に「夏のGIに」との要望も出ているように、暑さを避けられる北海道で開催されることもあって、G3時代からGI馬も始動戦として選択するなど、ハイレベルなメンバーが揃うことで知られる1戦。今年も、一昨年のダービー馬マカヒキを筆頭に、ネオリアリズム、モズカッチャン、ディアドラなどGI馬が出走メンバーに名を連ねている。

秋のGI戦線に向けて注目かつ重要な1戦であることは確かだが、有力馬達の大半は先を見据えおり“ココが勝負”というわけではない。そこに伏兵馬が台頭する理由があり、事実、1番人気は現在6連敗中なのだ。その中にはモーリス、ゴールドシップ、ロゴタイプといった、GIを複数制している超一流馬たちが含まれていることも見逃せない。

今年もGI馬に人気や注目が集まることが濃厚な状況。そうなれば、我々シンクタンクがマークしている“ココが勝負”の激走穴馬・○○○○○○○○の馬券妙味が増すことになり、オイシイ万馬券を狙い撃ちやすい状況が整うことになる。

昨夏はキーンランドCで12番人気エポワスから11万馬券的中、今夏も先日のレパードSで◎グリムから10万馬券を的中させているように、夏競馬はシンクタンクにとって”特大万馬券も狙い撃ちやすい時期”。今週は、シンクタンクを初めてご利用頂く会員様限定で、特別に札幌記念の【3連単勝負馬券】を無料公開させて頂く。この絶好機を是非とも見逃さないで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 札幌記念(G2)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク