【北九州記念短距離ステークス2020予想】本命アンヴァル

スポンサーリンク


こんばんは。

本日は日曜の小倉メイン、北九州短距離ステークスの予想を。イエローマリンバ、エスターテ、ダイシンバルカン、ビップライブリー、メイショウカズヒメなどが出走する芝1200mのオープンクラスのレース。

詳しくは共同通信杯の記事で触れますが、土曜の京都メイン、洛陽ステークスでかなり回収出来たので、日曜も多めに予想を更新します。

その他の追い切りや重賞の予想に関してはこちらから。

【追い切り、重賞予想】

3点勝負買い目を無料公開

北九州短距離ステークス

本命はアンヴァル

除外続きでなかなか出走する事が出来なかったが、結果的に一番条件が合いそうなレースを使ってきた。あ

前走のセントウルステークスは勝ち馬から6.4秒も離されて大敗しているが、レース後に熱中症とのコメントが出ていたので、完全に度外視出来る結果か。

予想が大きくハマった北九州記念の時にも書いたが、小倉の重賞勝ち馬であるアルーリングボイス、アルーリングアクトの血を引く馬なので、今回の小倉芝1200mという条件はツボの可能性が高く、メンバー的にもそれなりに前が流れそうな感じがするので、ここは展開面込みで非常に怖さがある馬と言えるのでは。

前走の大敗で少しでも人気が落ち着くようなら美味しいだろう。

対抗は人気ブログランキングへ

このクラスでも力のいる馬場になればこの馬が一番強いのではないだろうか。血統も筋が通っており、今回の条件なら後々は重賞でもやれると思うので、相手は強くなってもここは勝ち負けになるとみた。

シヴァージ

初のスプリント戦となった前走の淀短距離ステークスは出遅れてちぐはぐな競馬になった事が全て。それでも上がり最速の脚を使って4着まで追い上げてきたのは能力あってこそなので、まともな競馬が出来れば今回は巻き返し濃厚か。

ジョーカナチャン

同型の出方次第になるが、行き切ればここも簡単には止まらないとみての4番手。ただ、狙いは明らかに前走だったので、ある程度票を集めるなら少し嫌な予感もしなくはない。

◎アンヴァル
人気ブログランキングへ
▲シヴァージ
☆ジョーカナチャン
△ミラアイトーン
△メイソンジュニア

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

印がいくらあっても足りないレースなので、ここは逆に絞って馬券を購入する。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第113回 京都記念(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

113回を迎える伝統のG2だけに、古くから勝ち馬には実力馬が名を連ね、今もGI級の参戦が後を立たない。近年はドバイ遠征や大阪杯の前哨戦として、ますます重要な意味をなすレースとなっている。

しかし、前哨戦はあくまで前哨戦であり、実力馬たちがそのまま結果を出しているのかと言えば話は別。実際、京都記念の1番人気は8連敗中、ジャスタウェイ、ジェンティルドンナ、ハープスター、マカヒキにレイデオロと、これだけの馬たちが連を外している。

冬場の京都で連続開催の後半、馬場が荒れて紛れが生じやすい状況になることが影響しているが、今年は「特殊な馬場」と関係者が口を揃える状況であり、輪をかけて一筋縄ではいかないだろう。

今年は秋華賞馬クロノジェネシスが参戦予定だが、例年に比べるとやや小粒なメンバーな印象。重賞勝ちこそないものの、ジャパンカップ2着のカレンブーケドールなど、人気を集めるのは牝馬となりそうだが、先に名が出たように、ジェンティルドンナやハープスターですら勝てなかった舞台。果たして信頼できるのか、慎重なジャッジが必要となる。

そのジャッジを下すために必要となるのが関係者情報だ。関係者情報と言っても、ネット上や新聞紙面など世間に出てくる類ではない。表には出さない関係者の偽らざる本音のことだ。年度代表馬サクラスターオーを手掛けた平井雄二元調教師が率いるシンクタンクの重賞特捜部は、トレセン内はもとより、トラックマンの取材が及ばない外厩といったトレセン外からも情報を入手し、“本物の関係者情報”をお伝えしている。

今年は年明けの日経新春杯にて11万馬券を的中させているが、コレも“本物の関係者情報”で古馬中長距離路線の力関係をしっかりとジャッジできているからこそ。そこで、今週は特別に、京都記念の“本物の関係者情報”を【5頭に絞った馬券候補】と合わせて無料公開する。ワンランク上の競馬、馬券を楽しみたいのであれば、ぜひともご覧頂きたい。

※同週の共同通信杯、クイーンCも同様です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第113回 京都記念(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク