【小倉記念2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の小倉メイン、小倉記念に出走を予定しているアイスストーム、アウトライアーズ、カフェブリッツ、クリノヤマトノオー、シャイニービーム、ノーブルマーズの最終追い切りに関する記事を。

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着

先週の追い切り注目馬はどちらもダメでした。カイザーメランジェは人気もあまりなかったので何とか好走して欲しかったですが…。最近は好走と凡走が交互になっているので、今週は好走馬を指名出来ると思います。

小倉記念最終追い切り

アイスストーム

前半から長く負荷をかけられた事もあって最後は脚があがりそうになっているが、一応ちぐはぐなフォームになりながらもしっかりと走り切れており、追われた分だけ脚を使って調教パートナーに先着。

ただ、相手があまりにも走れていない感じがするので、まともな調教パートナーであればぶっちぎられていた可能性も。まだ馬体に緩さがある点もマイナスか。

アウトライアーズ

かなり頭が高く、内面を全くセーブ出来ていないのは割り引き。それでも脚捌きはスムーズで、フォーム以外の動きには大きな乱れは感じられない。

これだけ荒々しく走りながらも最後まで息が持った事、追えばもっと弾けた事など案外プラスになる要素もある追い切りで、個人的には案外面白いのでは、と思う内容でもあった。

カフェブリッツ

脚が流れている事もあって思ったほどスピードには乗れないが、フォームや脚捌きには乱れはなく、最後まで自分のリズムを崩す事なく走り切れていた。可動域も広く、前脚もしっかりと上げながら走れているので、特別目立つ追い切りではなかったが、この馬なりに力は出せる出来にはあるだろう。

クリノヤマトノオー

頸の可動域が狭く、フォームは全く沈まないが、脚捌きなどには大きな乱れは感じない。ただ、最後の最後まで脚と頸を出すリズムが狂っており、ある意味リズムを崩しながら走り切れた事を評価すべき内容とも言える。

脚の回転の速さ、可動域、身体の使い方と案外買える要素も揃っており、馬体の張りや毛艶をみてもしっかりと仕上げてきた感じがする。

シャイニービーム

脚が大きく外へ流れており、頭の位置やリズムもあまり合わない。追われてからはラチを頼りながら走っており、地面を蹴る力が弱く感じる点もマイナスだろう。エンジンがかかる速さや乗ってからのスピード感は評価出来るが、それでも特別目立つような追い切りではなかった。

ノーブルマーズ

頭が高く、最後まで舌を出しながら走っている事、外へ刺さりながら走っている事など減点材料が目立つ追い切りとなったが、この馬は追い切りではいつもこんな感じなので、これはこれとして捉えておきたい。

それ以上にここまでちぐはぐな内容になりながらも重心のブレが一切感じられなかった事、軽快な脚捌きと可動域の広さが目立っていた事は高く評価出来るだろう。この馬なりに力は出せる出来にあるとみた。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

この追い切りであれば十分やれるとみる。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第11回 レパードS(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

3歳ダート路線では、中央のダート重賞がユニコーンSとレパードSのみしかないため、G3でも必然的に好メンバーが揃いやすくなる。同レースも、過去の出走馬にはトランセンド、ホッコータルマエ、ケイティブレイブなどの活躍馬が名を連ねており、暮れのチャンピオンズCに向けても、注目度の高いレースと言えよう。

しかし、3連複10万2870円、馬連2万3100円的中をお伝えした去年は、本命馬であり勝ち馬のグリムが5番人気、2着ヒラボクラターシュは10番人気と世間の評価の低い馬によるワン・ツー決着となった。その後、グリムは地方交流重賞を3勝、ヒラボクラターシュも交流重賞の佐賀記念を制すなど活躍しているように、決してこの好走がフロックでない。にも関わらず、これだけ人気がなかったのはなぜか?

それは、新潟、小倉、札幌が開幕したことで、マスコミの記者連中は更に地方へと分散し人手不足が加速し、ますます取材が疎かになるからだ。平場戦のみならず、注目度の高い重賞ですら、満足な取材を行えず、コメントの合わせなども平然と行われる。各紙、似たような情報が並ぶのもそうした裏事情があるわけだ。ほぼ一方通行の情報では、確かなジャッジなどできるはずがない。

当然、弊社シンクタンクはそういった状況とは無縁であり、むしろ我々の情報力が存分に生きる好機となる。全国各地、トレセン内外に情報ルートが存在し、“本物の関係者情報”を入手できる情報網を構築している。そのことを、去年のレパードS的中にて体感されている方々もいることだろう。

そこで、まだ弊社の情報力を体感されていない方のために、今週は【レパードSと小倉記念の情報注目馬5選】を特別無料公開する。ぜひともこのチャンスをお見逃しなく。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第11回 レパードS(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク