【小倉記念2020予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の小倉メイン、小倉記念に出走を予定しているサトノルークス、タニノフランケル、ノーブルマーズ、ランブリングアレー、ロードクエストの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬後半

タイセイアベニール 2人気4着
サクラトゥジュール 4人気6着
ミッキーワイルド 7人気13着
マイネスサーパス 4人気11着
ベストアプローチ 4人気10着
ミッキーブリランテ 7人気5着
ゴールドクイーン 4人気16着
カリビアンゴールド 5人気5着
穴レッドアネモス 11人気1着
アナザートゥルース 5人気3着
ミヤジコクオウ 2人気2着

小倉記念最終追い切り

サトノルークス

久々の競馬となった前走は動きがいかにも休み明けという感じでイマイチぱっとしなかったが、今回は一度使われた事でかなり素軽さが戻っており、馬体やトモの張りを見ても出来はかなり上向いている印象を受ける。

可動域も広く走りにも力強さを感じられる点にも好感が持て、何より息遣いに大きな違いを感じられる点が前走との大きな違いと言えるので、文字通り叩き2走目の上積みは大きいだろう。

タニノフランケル

発汗は気になるが、脚を大きく前へ出して力強く走る姿はさすがの良血馬という感じで、フォームの乱れやブレも一切見られない完璧な走りとなっている。

血統的なものもあってか、力強さを感じる割にはスピードに乗れていない感じもするが、加速してからの伸びや頸をグイグイと前へ出して駆け抜けた辺りが今の出来の良さを物語っているだろう。

成績を見ると終わった感じもするが、追い切りの内容からするとそろそろ一撃がありそうな印象も受けるだけに、人気が全くないなら印を打っておいて損はない一頭と言えるのでは。

ノーブルマーズ

いつも通り頭が高い癖のある走りとなっているが、脚捌きは軽く軽快なリズムで駆け抜けた点からすると出来はそれなりに上向いていると思ってよさそう。

フォームがゆったりとしている事もあってかいつも以上に可動域も広く感じるが、実際に身体を大きく使って悠々と走る姿を見るとここに来て身体の使い方を変えてきた感じがするので、この変化が良い方向に転べばそろそろこの馬らしい競馬が出来てもいい気もするが…。

どちらにしても近走の動きと比較すると比べ物にならないぐらい動けているので、この馬に関してはここを目標に身体をつくってきたと思っていいのではないだろうか。

ランブリングアレー

まだまだ身体を持て余しているような走りではあるが、良い意味で荒さがあって牡馬のように走りに力強さを感じられる点はプラス材料。以前はもう少し気難しい面を見せていたが、今は内面が大きく成長した事もあってしっかりと真っ直ぐ走れているので、後は身体の使い方を覚える事が出来ればいよいよ本格化といった感じになるのでは。

完成するまでにはもう少し時間はかかると思うが、現時点でも馬体の完成度などは重賞でも引けを取らない馬だと思うので、ここはいきなりから警戒が必要な一頭と言えるか。

ロードクエスト

2週続けてしっかりと負荷をかけられる意欲的な追い切り。ただ、年齢的なものあり動きに変化が出なくなっている点は気になるポイントで、追われている割には反応がイマイチな点からしても老いを感じなくもないが…。

暑い時期は合うと思うが、以前のような弾けるような走りが見られないのがいかにもという感じなので、今回の動きを見ると積極的に買いたいとは思わない。

予想オッズ

1 サトノルークス 2.5
2 ランブリングアレー 3.4
3 サトノガーネット 6.1
4 サマーセント 6.4
5 ノーブルマーズ 12.8

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第55回 関屋記念(G3)>

GI連対馬プリモシーンは
本当に買っていいの!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去にはジャスタウェイ、ダノンシャーク、カンパニーが同レースで好走し、後にGI馬となっているように、GIへの登竜門でもある。17年は関屋記念・2着馬ウインガニオン(中京記念1着)がサマーマイルシリーズのチャンピオンに輝いた。

過去10年の傾向では、1人気[3.2.1.4]、2人気[1.2.0.7]、3人気[1.0.3.6]。二桁人気の好走は10年リザーブガード(10人気3着)の1頭のみと伏兵馬の好走は少ない。平均配当では馬連2960円・3連複1万0360円・3連単5万7170円。馬連では3桁配当なし。3連単10万馬券以上は3度。中波乱のレースと言えるだろう。

主なステップレース別での成績では中京記念【2.5.2.39】、1600万【2.1.1.8】、安田記念【1.1.0.6】、オープン【1.0.2.33】、NHKマイルC【1.0.1.4】、七夕賞【1.0.0.3】、エプソムC【0.2.1.10】。サマーマイルシリーズが開催されてからのステップレース別では中京記念組が主力となっている。また、中京記念組は上位入線組みよりも掲示板外に敗れた出走馬の好走が多い。

新潟芝1600Mの外回りコースは約659Mと直線長いコースで前半のペースが遅くなりやすく、展開次第では先行馬の活躍も目立つ。高速決着になる傾向で上がりも速くなる。過去10年の枠順別の成績(3着以内)では1枠[1.0.1]・2枠[1.1.1]・3枠[0.0.2]・4枠[0.2.1]・5枠[0.1.2]・6枠[0.2.1]・7枠[5.1.1]・8枠[3.3.1]。枠順では圧倒的に7枠・8枠の好走馬が多く外枠が有利な傾向。

今年は19年ヴィクトリアM2着馬プリモシーン、18年朝日杯FS(GI)2着馬クリノガウディー、17年ホープフルS(GI)2着馬ジャンダルムなどのGI連対馬や、20年ヴィクトリアM4着トロワゼトワル、前走の中京記念で重賞初制覇したメイケイダイハードなどが参戦。

競馬セブンでは、先日のクイーンS(G3)も11番人気レッドアネモスの激走情報を入手し【1万2270円的中】、アイビスSD(G3)も【5000円的中】など真夏の重賞競走も多数的中!今週の関屋記念にも人気薄激走穴馬が出走致しますので大きくご期待ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『関谷記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク