【小倉記念2022予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の小倉メイン、小倉記念に出走を予定しているジェラルディーナ、マリアエレーナの最終追い切りに関する記事などを。

2022年8月14日(日曜) 4回小倉2日
第58回農林水産省賞典 小倉記念GⅢ
3歳以上 オープン(国際)(特指)ハンデ
コース:2,000メートル(芝・右)

関屋記念、小倉記念の予想など、土曜、日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【関屋記念2022予想他】8月13,14日勝負レース

お盆の時期という事もあって本来であればゆっくりと出来る週ではありますが、今週末は海外重賞がスタンバイしているなど、いつも以上にバタバタとした週末になりそうです。

【PR・オススメサイト】━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業41年【ホースメン会議】の
実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━

激走可能な穴馬が存在!
小倉記念(G3)プロの3点勝負

小倉記念(G3)無料閲覧

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
7/31 札幌7R  1万0410円的中
7/30 新潟7R  1万8850円的中
7/24 福島12R  2万9060円的中
7/23 福島9R  1万3900円的中
7/17 函館7R  2万1290円的中
7/16 福島6R  1万3930円的中
7/10 小倉9R  2万8120円的中
7/9  福島8R  2万4380円的中
7/3  小倉10R    8420円的中

小倉記念(G3)無料閲覧

小倉記念過去・追い切り他

【過去5年成績】

17年
タツゴウゲキ 牡5 4人気
サンマルティン セ5 2人気
フェルメッツア 牡6 6人気

18年
トリオンフ セ4 1人気
サトノクロニクル 牡4 2人気
マウントゴールド 牡5 5人気

19年
メールドグラース 牡4 1人気
カデナ 牡5 6人気
ノーブルマーズ 牡6 5人気

20年
アールスター 牡5 10人気
サトノガーネット 牝5 6人気
アウトライアーズ 牡6 13人気

21年
モズナガレボシ 牡4 6人気
ヒュミドール セ5 5人気
スーパーフェザー 8人気

1人気が馬券に絡んだのは2度のみという激荒れレースで、毎年下位人気の馬が上位を独占する結果が続いている。

【過去5年前走】

17年
七夕賞 6
むらさき賞 1
七夕賞 5

18年
鳴尾記念 2
天皇賞 12
下鴨S 1

19年
鳴尾記念 1
巴賞 3
宝塚記念 6

20年
垂水S 6
エプソムC 9
七夕賞 14

21年
佐渡S 3
エプソムC 6
不知火S 3

【予想オッズ】

1 ジェラルディーナ 2.3
2 マリアエレーナ 4.6
3 ピースオブエイト 6.2
4 カテドラル 7.3
5 カデナ 12.8

【有力馬追い切り】

ジェラルディーナ

頭の位置が安定せず、頸を出すタイミングも全く合わないが、それ以上に脚捌きの鈍さや硬さが目立っており、その影響もあって最後まで全くスピードに乗る事が出来なかったので、動き通りであればそれ相応の割り引きは必要になるだろう。

追い切りで派手に動くタイプではないものの、それを差し引いたとしても評価が出来ない追い切り、内容と言えるので、ここを使った次辺りが勝負の馬なのでは。

マリアエレーナ

前半の動きは全く目立たないが、後半は広い可動域とダイナミックなフォームからくる力強い脚捌きが目立って見えた一頭。

胸の狭さが影響してエンジンがかかるまでにそれなりに時間はかかってしまったが、スイッチが入ってからの弾け方は先週以上に派手な印象を受けるので、反応の悪さを割り引いたとしても今回の動き通りであればやはり人気でも怖さしか感じられないだろう。

馬体、毛艶、そして動きとどこを取っても致命的な減点材料は見当たらないので、この出来なら普通に結果を残してくる可能性が高いのでは。

最後に今年の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 最強ブログランキングへ

出来れば極端な枠を引き当てたい一頭。

◎カデナで仕留めた小倉大賞典、◎カテドラルで仕留めた中京記念と最近非常に相性の良い小倉の重賞になりますので、ここもバシッと仕留めてエルムステークスに続いての連勝を狙う。

関屋記念、小倉記念の予想など、土曜、日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【関屋記念2022予想他】8月13,14日勝負レース

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第58回 小倉記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ローカルのハンデ重賞と言えば波乱の代名詞であり、小倉記念も2020年には137万馬券となっているが、2018年のように1、2番人気によるワンツー決着もあるなど、その年によって傾向が異なる。

その理由はいくつかある。

1つは、サマー2000シリーズの大勢が見えてくる3戦目である点だ。大半のレースがハンデ戦で構成されるため、シリーズ2勝というのがなかなか困難で、チャンピオンになるために「どこで勝利しどこでポイントを稼ぐか」を考えねばならない。つまり、小倉記念に参戦する各陣営が、どのような勝負度合いなのかを把握することが重要となる。

2つ目は、夏の小倉開催は九州出身者や縁のある関係者が特に力を入れている点だ。九州出身の騎手、調教師、馬主にとって、やはり地元の重賞となれば特別なレース。サマー2000シリーズが絡む絡まぬに関わらず、ココが勝負となる陣営が存在する。

そして、暑熱対策として前開催から2週間空くことも忘れてはならない。イレギュラーな時はイレギュラーな情報や事情が隠されていることは少なくない。変則開催による影響は無視できない話なのだ。

こうした陣営の様々な思惑や裏事情を、慢性的に人手不足かつ夏競馬で分散している一般マスコミが網羅することはまず不可能で、大半の競馬ファンは知る由もない。

ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師や、競馬界に精通する大物関係者が情報ルートとして在籍している弊社シンクタンクは、こうした表に出ない情報にこそ大きく価値を見出しており、創業28年以上にも及ぶ歴史を重ねて業界最高峰の情報網を構築し、トレセン内外、競馬界全体からあらゆる情報を入手できる態勢を整えている。

弊社は『本物の関係者情報』を入手できるから、去年の小倉記念でも6番人気で勝利したモズナガレボシから万馬券的中を仕留めている。

小倉記念の情報は既に弊社のもとに入ってきており、連続的中に向けての機運は高まってきている。そこで、今週は小倉記念にまつわる『本物の関係者情報』と狙いが一気に絞れる【馬券候補5頭】を特別に無料公開する。ぜひとも参考にしていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第58回 小倉記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク