【神戸新聞杯2018予想】+芙蓉ステークス

スポンサーリンク


おはようございます。

続いて日曜の阪神メイン、神戸新聞杯の予想を。エタリオウ、エポカドーロ、ゴーフォザサミット、ステイフーリッシュ、タイムフライヤー、メイショウテッコン、ワグネリアンなどが出走する芝2400mのG2レース。

ここは本命が二転三転しました。結局は迷った時は人気薄ということでこの馬を選びましたが果たして。

ちなみに今日は現地観戦という事でいつもよりも多く馬券を購入する予定。せっかくなのでおまけで芙蓉ステークスの本命馬を公開しておきます。

芙蓉ステークス

人気ブログランキングへ

初戦は2着馬につけた着差はそこまで大きくなかったですが、完勝といっていいレース内容。人気的にも狙いやすく、抜けて強い馬がいないここは好勝負に持ち込めても。

オールカマーの予想、その他追い切りに関する記事はこちら

3点勝負買い目を無料公開

神戸新聞杯

本命はアドマイヤアルバ

馬体診断や前回この馬を本命にした際に、本格化はもう少し先になりそうと書いた馬で、一夏越しての出走となる今回はかなりの成長が見込める1頭。

前走の日本ダービーは距離延長、初コース、そしてローテと厳しい条件が揃っていたレースではあったが、直線では最後方から猛追し、9着とはいえ勝ち馬から0.5秒差まで詰め寄った内容は普通に評価出来るもの。

京都新聞杯も正攻法の競馬で2着に入線しており、これまでに戦ってきた相手もフロンティア、アマルフィコースト、タイムフライヤー、カフジバンガード、ミュージアムヒルとなかなか強力で、良くも悪くも相手なりというタイプではあるが、これらの馬達を相手に接戦を演じてきた本馬の能力も低い訳がない。

過去のレース内容からすると今回のコース替わりはまずプラスといえ、相手は揃うが日本ダービーであの競馬が出来るならここも能力は足りる。先日のグレイル同様に、実績や能力とオッズが比例していない今回は十分狙えると判断した。

対抗はエポカドーロ

ここ3.4走のレースは普通に強く、前走も負けはしたものの、逃げて最後の最後まで粘り通した内容は評価出来る。絶対に逃げないといけないというタイプでもないので、仮に行く馬がいれば番手からでも競馬が出来るのは大きな強みだろう。中間の動きからして馬も出来ているので、ここはしっかりと結果を出してくるか。

ただ、馬体が目立つタイプでもなく、更に頸差し、肩甲骨のつくりからして距離はもう少し短い方が合いそうな感じもするので、普通ならまず勝ち負けではあるが、ここはあえて評価を下げて考えてみた。

▲にワグネリアン

前走は枠で評価を落としてしまったのが大失敗。まさかの先行策で世代の頂点に立ったのは鞍上の好騎乗あってのものではあるが、皐月賞ではラストは致命的な位置取りから追い込んでおり、前回の予想の欄でも書いたように最後の手応えを考えると掲示板に載った馬と同等、もしくはそれ以上の評価をするのが普通と言える馬だった。

その点を考えればダービーを勝てたのは当然能力あってのもの。目標は先とはいえ、ここもまともであればまず勝ち負けになる。ただ、先日のアクシデントで乗り馴れた福永が乗れなくなったのはやはりマイナスなので、今回の乗り替わりがどこまで結果に影響するか。

乗り替わったからといって変に印を変更するような事はしないが、個人的にはあまり好みではない鞍上なので、望み薄ではあるが出来れば逆の意味での結果を期待したい。

☆も人気になるがエタリオウ

前走のダービーがとにかく強く、致命的とも言える位置から4番手まで追い上げた内容はある意味一番衝撃を受けた。

もともと重賞を走る前からそれなりに評価していた馬で、梅花賞では相手に上手く乗られてしまい2着となったが、勝ち馬は後の重賞勝ち馬メイショウテッコン。更に3着馬は不利があったとはいえ、フローラステークスを勝利したサトノワルキューレとレベルは高かった。

続くゆきやなぎ賞では早め先頭の勝ちに行く競馬を選択するも、サトノワルキューレに敗れまた2着。そしてここまでのレース内容から青葉賞でも面白いと思い穴馬としてそれなりに評価したが、ゴーフォザサミットには力及ばずまたまた2着と力はある馬なのは間違いないが、とにかくワンパンチ足りない競馬が続いている。

ただ、内回り、外回り、先行、差しと異なる条件や脚質を経験しながら結果も出している非常に優秀なタイプで、今回もこれまでの経験を考えると上位に食い込んでくる可能性は高いのではないだろうか。更に適性、そして今後のローテからするとクラシックホース2頭よりもここを狙いに来ている感は強い。

最後に人気ブログランキングへまで印を回す。

前走はコーナーで早めに動いた事が仇となり、最後は後ろから来た馬に差されてしまって敗れてしまったが、直線では窮屈になりながらもしっかりと見せ場はつくっており、休み明けに加えて初の古馬との対決、それもなかなかメンバーが揃っていたレースだったという事を考えると、内容としては十分評価出来るもの。

期待したダービーでは1コーナーで不利がありながらも最後はそれなりに差を詰めており、あの不利がなければ勝ち負けに、とまでは言わないが、あのレースが完全な力負けとも思わない。

そもそもスプリングステークスや共同通信杯でも枠や位置取り、そして距離と厳しい条件が揃いながらも3着馬と差のない競馬に持ち込んでおり、単純な能力だけでの比較で言えばこの世代の中ではまず上位と言える存在では。

距離延長の青葉賞であっさりと巻き返したように、この馬の癖、そして馬体からしても距離は延びれば延びる程プラスとなる。よって今回の距離延長、そして使われた上積みを考えるとここは買い材料は揃った。

◎アドマイヤアルバ
〇エポカドーロ
▲ワグネリアン
☆エタリオウ
人気ブログランキングへ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第66回 神戸新聞杯(G2)>

ダービー・皐月賞馬出走も
波乱の立役者とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、人気馬の成績では、1人気[7.2.0.1]、2人気[1.2.2.5]、3人気[1.2.2.5]と圧倒的に1人気の成績が目立つ。連対を外したのは1度のみと信頼度は高い。平均配当では馬連1670円、3連複5760円、3連単2万8610円で波乱はなく二桁人気馬の好走もない。

ステップレース別の成績ではダービー組(8勝)、1600万組(1勝)、ラジオNIKKEI賞組(1勝)とダービー組からの勝利馬が多い。また、優勝馬は出ていないが1000万下組は2着3回3着4回と連対馬を3頭出しているように夏の上がり馬の好走も目立つ。

今年はダービー馬ワグネリアン、皐月賞馬エポガドーロがスタンバイ。他にはダービー4着馬エタリオウ、ラジオNIKKEI賞の優勝馬メイショウテッコンなどが参戦。ワグネリアン、エポガドーロの2強対決が注目されるが、競馬セブンでは2頭に割って入る人気薄の激走情報を入手済!菊花賞トライアルの神戸新聞杯も絶対にお見逃しのないようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『神戸新聞杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第66回 神戸新聞杯(G2)>

ダービー・皐月賞馬出走も
波乱の立役者とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク