【神戸新聞杯2018予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、神戸新聞杯に出走を予定しているエタリオウ、エポカドーロ、ステイフーリッシュ、タイムフライヤー、ビッグスモーキー、ワグネリアンの最終追い切りに関する記事を。

他に書きたい馬がいたので時間があれば木曜追いの分を追加で更新するかもしれません。

オールカマーの追い切り、神戸新聞杯の一週前追い切りに関する記事はこちら

神戸新聞杯最終追い切り

エタリオウ

とにかく軽快で素軽い走り。フォームも美しく頭の高さ、リズムとどちらも安定しており、前脚もしっかりと上がっている点からして馬は仕上がったか。一週前追い切りではとにかく脚捌きが鈍く重苦しさを感じる走りだったので、最終でここまで素軽さが出た事は相当なプラス材料と思っていい。トモの張り、ひばらのラインをみても緩さがない点も魅力。

エポカドーロ

脚の回転が早く、頸とのリズムも抜群。フォームは沈まないが、決して硬さがある訳ではないので割り引く必要はない。一週前に負荷をかけられていたので今週はこれぐらい軽くても十分だろう。欲を言えば最後はもう少し伸びて欲しかったが、手応えが楽だった点、脚を使い切れている点を考えると悪い印象は受けない。一週前、最終追い切りと総合して考えると合格点。

ステイフーリッシュ

これは相変わらず。頭の位置はブレ、右へ左へヨレてしまう。頸、脚のリズムも悪く、回転も遅い。ただ、今週も脚はしっかりと前へ出ており、線が細い割には馬が大きく見える点は評価しておきたい。この悪い癖が治らない事には動きからは本馬を推す事は出来ないが、いつもこんな感じで走っている馬なので、これはこれでいいのかもしれない。

タイムフライヤー

ラチを頼ったとはいえ、走りは綺麗で安定している。線の細さから胸の広さが悪い意味で目立っており、少し右に力が逃げるような走りをしているが、脚はしっかりと前へ出ており、最後までバテる事なく使い切れた。一週前は素軽さを感じない、リズムも悪いという感じだったが、最終追い切りで負荷をかけられた事でその点はしっかりと修正してきた。追われた時の反応も良く、馬体、内面共に前哨戦からつくってきた印象を受ける。

ビッグスモーキー

脚は上がらない、回転は遅い、地面を蹴る力も弱い、フォームは沈まないと全くいい点が見当たらず。頭も高く、少し癖がある点を考えてもちょっと評価するまでもないレベル。追われた時の反応もイマイチで、最後も手応え以上のものは感じられなかった。ダートを走っている割には走りが軽い点も割り引きたい。

ワグネリアン

一週前追い切りでは少し余力残しではあったが、最終追い切りではしっかりと負荷をかけられた。追われた時の反応も良く、少し前脚と後脚のリズムは悪い感じもするが、地面を蹴る力は相変わらず強い。四肢の可動域は広く、トモの張りをみても休み明けとは思えない程馬が出来ている印象を受ける。一週前追い切りと総合して考えるとまずまずといった感じ。

3点勝負買い目を無料公開

予想オッズ

エポカドーロ 2.1
ワグネリアン 2.7
エタリオウ 4.5
ステイフーリッシュ 12.6
ゴーフォザサミット 16.7

おそらく鞍上の関係もあって1人気はエポカドーロになるのでは。それを考えるとワグネリアンが2人気で買えるようなら美味しいとも思えるが…。エタリオウは鞍上込みで売れるので旨味はなさげ。

最後に最終追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここ2週、7人気ランドネ6人気グレイルを推奨とそこそこの人気馬を推せているので、今週も穴っぽいところを推しとしてあげておきます。人気は地味だとは思いますが、動き通りであれば上位争いに加わってきても驚けない。

最近追い切りのタイムは評価には含まれないのか?という感じの質問を数件頂きましたが、自分はタイムは全く見ません。理由は色々ありますが、ここで書いている事は単純に馬の動きだけの評価となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第66回 神戸新聞杯(G2)>

ダービー・皐月賞馬出走も
波乱の立役者とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、人気馬の成績では、1人気[7.2.0.1]、2人気[1.2.2.5]、3人気[1.2.2.5]と圧倒的に1人気の成績が目立つ。連対を外したのは1度のみと信頼度は高い。平均配当では馬連1670円、3連複5760円、3連単2万8610円で波乱はなく二桁人気馬の好走もない。

ステップレース別の成績ではダービー組(8勝)、1600万組(1勝)、ラジオNIKKEI賞組(1勝)とダービー組からの勝利馬が多い。また、優勝馬は出ていないが1000万下組は2着3回3着4回と連対馬を3頭出しているように夏の上がり馬の好走も目立つ。

今年はダービー馬ワグネリアン、皐月賞馬エポガドーロがスタンバイ。他にはダービー4着馬エタリオウ、ラジオNIKKEI賞の優勝馬メイショウテッコンなどが参戦。ワグネリアン、エポガドーロの2強対決が注目されるが、競馬セブンでは2頭に割って入る人気薄の激走情報を入手済!菊花賞トライアルの神戸新聞杯も絶対にお見逃しのないようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『神戸新聞杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第66回 神戸新聞杯(G2)>

ダービー・皐月賞馬出走も
波乱の立役者とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク