【神戸新聞杯2018予想考察】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、神戸新聞杯に出走を予定しているアドマイヤアルバ、エタリオウ、エポカドーロ、タイムフライヤー、メイショウテッコン、ワグネリアンの一週前追い切りに関する記事と、先週の予想結果を。

基本的に3日開催は得意な方ですが、今回の3日開催は非常に苦しみました…。

阪神ジャンプステークス予想結果

1着〇アップトゥデイト
2着☆ラヴアンドポップ
3着…メイショウダッサイ

4着◎マイネルフィエスタ

相手は来たものの、肝心の軸が全くでした。

レインボーステークス予想結果

6着◎レッドベルローゼス

※印1点なので着順のみ

ローズステークス予想結果

1着△カンタービレ
2着△サラキア
3着…ラテュロス

15着◎トーセンブレス

まさかの先行、まさかの大敗でした。

ラジオ日本賞予想結果

4着◎クインズサターン

※印1点なので着順のみ

仲秋ステークス予想結果

1着…ツーエムマイスター
2着〇レインボーフラッグ
3着▲レッドアンシェル

8着◎テラノヴァ

ここも肝心の本命が見せ場なし。

セントライト記念予想結果

1着〇ジェネラーレウーノ
2着▲レイエンダ
3着◎グレイル

3連複 5,460円

3連単 33,050円

3日開催は全くいいところなしだったのでぼろ負けかと思いましたが、最後の最後にド本線的中。この1レースで一気にプラス収支に。追い切り後に本命は世代屈指の好馬体である◎グレイルと決めていましたが、前日になり〇ジェネラーレウーノ、▲レイエンダと軸を迷いに迷い、結果◎グレイルに落ち着く。

負けている時はどうしても当てたくなりますが、ここはあえていつものように気負わず攻めましたが、結局はどこを選んでも当たっていましたね…。

本線的中という事もあってか今回は10万オーバーの払い戻しがあったという的中報告を沢山頂きました(全く当たってなかったので参考にして下さった方々には途中まで地獄をみせてしまったかと…)

予想していた以上に配当が高かった事に助けられましたが、本当に数が当たらなかった事は反省。今週は数も当てれるように頑張ります。

3点勝負買い目を無料公開

神戸新聞杯一週前追い切り

アドマイヤアルバ

手応え以上に弾けない点は気になるが、かなり負荷がかかっており、脚の回転も速い。ただ、動きがこじんまりとしており、後脚をみてもやや硬い。それでもフォームは綺麗なので、最終追いで硬さが解消されれば。

エタリオウ

手応えは楽ではあるが、脚捌きは鈍く重苦しさを感じる走り。馬体にも少し余裕がありフォームも沈んでいない。最後まで脚は使いきれているが、弾ける事はなかったので、少なからず久々の影響はあるのでは。最終追いでどこまで素軽さが出てくるか。

エポカドーロ

可動域が広く、動きもダイナミック。脚、頸のリズムも合っており、追われた時の反応も良かった。一週前にしては負荷もかかっており、脚を使い切りながら弾けた点は評価しない訳にはいかない。久々を感じさせない動き、脚捌きで、一週前にこれだけ動けば最終追いは多少軽くでも仕上がるだろう。まず好調と言える。

タイムフライヤー

脚は少しバラバラになり、素軽さという点は劣っているように思えるが、追われた時の反応と伸びは抜群。少し線は細く感じるが、トモの張りをみても馬はある程度出来ている。ただ、リズムの悪さだけは気になってしまうので動きだけで大きく評価するような事はしたくない。

メイショウテッコン

動きは大きいが脚捌きも重い。かなりもっさりとした感じで、馬の癖を考えると最低限の素軽さは欲しい。このひと追いである程度絞れれば…。一週前追いは全く目立たなかった。

ワグネリアン

かなり抑えられているのでどこまで評価していいのかわからないが、並ばれても抜かせない、追えばもっと伸びる手応えがあった点は大きく評価したい。春に比べて馬体にボリュームも出ており、地面を蹴る力強さも増している。正直大きく成長するような馬ではないと思っていたが、この動きを見る感じでは全く成長力がないという馬ではなさそう。余力残しではあるが、一週前でこれだけ動けば十分か。

最後に神戸新聞杯の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

追い切りの注目馬はいつものように最終追い切り後に。早くも皐月賞馬、ダービー馬の対決となりますが、勝つ可能性で考えるとまずこの馬に目が行く。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第66回 神戸新聞杯(G2)>

ダービー・皐月賞馬出走も
波乱の立役者とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、人気馬の成績では、1人気[7.2.0.1]、2人気[1.2.2.5]、3人気[1.2.2.5]と圧倒的に1人気の成績が目立つ。連対を外したのは1度のみと信頼度は高い。平均配当では馬連1670円、3連複5760円、3連単2万8610円で波乱はなく二桁人気馬の好走もない。

ステップレース別の成績ではダービー組(8勝)、1600万組(1勝)、ラジオNIKKEI賞組(1勝)とダービー組からの勝利馬が多い。また、優勝馬は出ていないが1000万下組は2着3回3着4回と連対馬を3頭出しているように夏の上がり馬の好走も目立つ。

今年はダービー馬ワグネリアン、皐月賞馬エポガドーロがスタンバイ。他にはダービー4着馬エタリオウ、ラジオNIKKEI賞の優勝馬メイショウテッコンなどが参戦。ワグネリアン、エポガドーロの2強対決が注目されるが、競馬セブンでは2頭に割って入る人気薄の激走情報を入手済!菊花賞トライアルの神戸新聞杯も絶対にお見逃しのないようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『神戸新聞杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第66回 神戸新聞杯(G2)>

ダービー・皐月賞馬出走も
波乱の立役者とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク