【神戸新聞杯2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、神戸新聞杯に出走を予定しているヴェロックス、サートゥルナーリア、シフルマン、ユニコーンライオン、レッドジェニアル、キタサンバルカン、ワールドプレミアの最終追い切りに関する記事を。

どうも体調がよろしくない日が続きます。

口内炎が出来ればちょっとヤバいというのが恒例のサインですが、もう10日ほど治りませんのでいよいよでしょうか。

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着
ダノンスマッシュ 1人気1着
モーベット 2人気8着
レザネフォール 4人気4着
ショウナンバッハ 14人気6着
プールヴィル 7人気13着
マテラスカイ 5人気7着
ダノンファンタジー 1人気1着
モズベッロ 9人気17着

3点勝負買い目を無料公開

神戸新聞杯最終追い切り

ヴェロックス

先週の段階でほぼ馬は出来ていた事もあって今週は単走馬なりでの調整。折り合いは勿論、スムーズでシャープな伸びや身体を大きく使った広い可動域、そして最後まで上手くリズムを刻みながらグイグイと前へ進んだ点を見ると、前哨戦としては申し分のない出来に仕上がったと思ってよさそう。

頭の高さも改善されており、馬なりでこれだけ素軽さを感じる事が出来れば何も言う事はないだろう。後は他馬との成長力の違いがカギとなるが、本番はともかく前哨戦のここならそれなりに格好はつけてくるとみる。

サートゥルナーリア

この馬に関してもヴェロックス同様に先週の段階でほぼ馬が出来ていたので、今週は坂路でサラッと流す程度。

評価は先週と大きく変わらないが、これだけ軽く流されただけでも最後はしっかりとスピードに乗って加速しており、結局追えばどこまでも伸びていきそうな手応えを最後まで残したままゴール。

春よりも身体が大きくなってトモと肩の筋肉が増した事で適性距離を短くしている印象を受けるが、仮に距離が長かったとしてもここは能力と出来だけでカバーしてくる可能性は高いとみる。

シフルマン

頭が高くフォームは沈まないが、前半早めから負荷をかけられ長めに追われる。さすがに直線半ばで脚がバラバラになって息が上がってしまうが、それでもフォームを崩す事なく走り切った点は評価出来る。少し馬体は緩いが、これだけしっかりと追われれば多少は引き締まってくるだろう。

ユニコーンライオン

前半から大きく豪快な動きが目に付いており、脚も付け根からしっかりと前へ出せていた。頸は硬いが可動域には問題はなく、脚を出す時のリズムもしっかりと取れていた。

少し追われた時にモタつくが、モタつきながらも調教パートナーに先着出来た事はプラス材料か。動き通りなら面白い。

レッドジェニアル

馬体が緩く動きにもメリハリがない平凡な走り。硬さはないが脚があまり上がらない点もマイナスで、脚捌きが悪い意味で軽すぎる点も気になるポイントと言える。内面が活性化しない事には何とも

キタサンバルカン

かなりちぐはぐな追い切りで前半から頸や脚を出すリズムが全く合わない。全体的な動きもこじんまりとしており、バラバラな脚捌きと線の細さが目に付いている。

一応後半はエンジンがかかるとスピードに乗って気分よく走れてはいるが、手応えに余裕がない点や相手を交わせたのはゴールを過ぎてからなど、どちらかといえば悪い点ばかりが目立つ追い切りだったので、今回の動きからはこれといって買いたくなる要素は見当たらなかった。

※回避

ワールドプレミア

フォームが美しく、グイグイと頸を前へ出して力強く駆け抜ける。可動域もなかなか広く、脚の出し方が綺麗な点や力強さがある点など見どころ十分な最終追い切りだったと言えるだろう。

スピード、パワーどちらも感じられる走りで、これといって特別な事を書く必要がないぐらいシンプルに良い追い切りを消化出来たと言える。久々でも馬体の張りは上々なので、まず力は出せる出来にあるだろう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

良い馬が数頭いますがここは文句なしでこの馬でしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第67回 神戸新聞杯(G2)>

サートゥルナーリア・ヴェロックスに
割って入る穴馬は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、人気馬の成績では、1人気[6.2.0.2]、2人気[2.2.2.4]、3人気[1.2.2.5]と圧倒的に1人気の成績が目立つ。連対を外したのは2度のみと信頼度は高い。平均配当では馬連1690円、3連複5970円、3連単2万9350円で波乱はなく二桁人気馬の好走もない。

ステップレース別の成績では(3着以内)、ダービー組(8-6-3)、1600万組(1-0-0)、ラジオNIKKEI賞組(1-1-2)とダービー組から8頭が勝ち上がり6頭が2着している。また、優勝馬は出ていないが1000万下組は(0-3-3)と連対馬を3頭出しているように夏の上がり馬の好走も目立つ。

今年は皐月賞連対馬サートゥルナーリア、ヴェロックスが参戦。他には京都新聞杯優勝馬レッドジュニアル、複勝率100%ワールドプレミア、2連勝中のシフルマン、ユニコーンライオンが出走。皐月賞連対馬の2強対決に注目されるが、競馬セブンでは2頭に割って入る人気薄の激走情報を入手済!菊花賞トライアルの神戸新聞杯も絶対にお見逃しのないようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『神戸新聞杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク