【神戸新聞杯2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、神戸新聞杯に出走を予定しているサートゥルナーリア、ヴェロックスの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

一応夏競馬の総回顧がまだ終わっていなかったという事もあり、6月末から先週までの結果などを軽く振り返りたいと思いますので、その他の馬の追い切りに関する記事はまた時間があれば別記事で触れていこうと思います。

TVh杯予想結果

1着…パラダイスガーデン
2着☆ハウメア
3着…エスターテ

9着◎ホウオウカトリーヌ

テレビユー福島賞予想結果

1着▲シャドウノエル
2着…メイショウカリン
3着◎ナンヨーアミーコ

ワイド 880円

巴賞予想結果

1着…スズカデヴィアス
2着◎ナイトオブナイツ
3着…カデナ

毎年のように好スタートを決めていた夏競馬ですが、今年の一週目は大きく躓く結果に。普通にマイナス収支からのスタートとなりました。

STV杯予想結果

2着◎センショウユウト

函館記念予想結果

10着◎ポポカテペトル

名鉄杯予想結果

1着◎スマハマ
2着〇ジョーダンキング

馬単 690円

バーデンバーデンカップ予想結果

2着▲アンヴァル
3着◎メイソンジュニア

2週目も予想というよりも買い方が上手く噛み合わずしょっぱい結果に。ここでもマイナス収支を出してしまいました。

安達太良ステークス予想結果

2着◎ビルジキール

函館2歳ステークス予想結果

1着〇ビアンフェ
2着▲タイセイビジョン

5着◎レッドヴェイパー

中京記念予想結果

2着◎クリノガウディー

この辺りから徐々にエンジンがかかってきました。福島も3連複1点買い、中京も頭が欲しかったですが一応的中と少しではありますが何とかプラス収支を出す事が出来ました。

キングジョージ予想結果

1着◎エネイブル
2着〇クリスタルオーシャン
3着×ヴァルトガイスト

3連単 1,710円

クイーンステークス予想結果

1着△ミッキーチャーム
2着☆スカーレットカラー
3着△カリビアンゴールド

8着◎メイショウショウブ

アイビスサマーダッシュ予想結果

1着○ライオンボス
2着△カッパツハッチ
3着◎オールポッシブル

3連複 9,320

3連単 27,100

ワイド 840円 4,050円

キングジョージはトリガミでしたが、最後の最後にドラマが待っていたパターンでした。案外3連単が跳ねませんでしたが、ここは重ね買いなどもあってしっかりとプラスを出す事に成功。

札幌日経オープン予想結果

1着△カフジプリンス
2着…ハッピーグリン
3着△タイセイトレイル

7着◎カラビナ

小倉記念予想結果

1着○メールドグラース
2着△カデナ
3着◎ノーブルマーズ

3連複 8,030円

3連単 31,100円

去年機能していた北海道が全く息をしませんが、ここもアイビスに続いて似たような印で的中。3連単は意外と跳ねました。

エルムステークス予想結果

1着△モズアトラクション
2着…サトノティターン
3着△サトノティターン

13着◎リーゼントロック

関屋記念予想結果

1着〇ミッキーグローリー
2着◎ミエノサクシード
3着☆ソーグリッタリング

馬連 2,360

3連複 5,580円 3連単 26,410

相変わらず北海道は機能しませんが、こちらはしっかりと本線的中。

札幌日刊スポーツ杯予想結果

1着◎ヒーリングマインド
2着△サトノシャーク
3着△トロピカルストーム

単勝 610

馬連 10,210

ワイド 2,530

札幌記念予想結果

1着△ブラストワンピース
2着△サングレーザー
3着△フィエールマン

4着◎ワグネリアン

北九州記念予想結果

1着◎ダイメイプリンセス
2着△ディアンドル
3着☆アンヴァル

単勝 3,080

3連複 14,490

ワイド 2,550円 1,810円

勝負した札幌記念が全くダメでしたが、ここは土日共に万馬券的中とそこそこ。ただ、北九州記念の3連単を取れなかったのは今の自分の弱さかもしれません。

インターナショナルステークス予想結果

1着△ジャパン
2着○クリスタルオーシャン
3着◎エラーカム

BSN賞予想結果

1着△アイファーイチオー
2着◎サルサディオーネ
3着…ホーリーブレイズ

馬連 4,610円

ワイド 1,530円

新潟2歳ステークス予想結果

11着◎トライフォーリアル

キーンランドカップ予想結果

1着☆ダノンスマッシュ
2着△タワーオブロンドン
3着△リナーテ

10着◎ハッピーアワー

この週は全くダメな週でした。更に追い打ちをかけるように札幌最終のプレシャスブルーの単勝を1000円買ったつもりが100円だったという最悪な終わり方をした週でもありました…。

札幌2歳S予想結果

4着◎レザネフォール

小倉2S予想結果

10着◎シゲルミズガメザ

新潟記念予想結果

1着…ユーキャンスマイル
2着…ジナンボー
3着△カデナ

6着◎ショウナンバッハ

惜しいは普通にハズレなのでイコール全くダメな週その2。

紫苑ステークス予想結果

1着☆パッシングスルー
2着◎フェアリーポルカ
3着〇カレンブーケドール

馬連 3,040

3連複 2,400

3連単 18,020

セントウルステークス予想結果

1着〇タワーオブロンドン
3着◎イベリス

京成杯オータムハンデ予想結果

5着◎プロディガルサン

秋競馬一発目は上々の滑り出し。ただ、相変わらずというかこうやって振り返ると分かるように数は当たりません。

オークランドRCT予想結果

1着◎スワーヴアラミス

レインボーステークス予想結果

1着◎ブレステイキング

愛チャンピオンS予想結果

1着〇マジカル
2着△マジックワンド
3着▲アンソニーヴァンダイク

7着◎エラーカム

ローズステークス予想結果

1着〇ダノンファンタジー
2着△ビーチサンンバ
3着△ウィクトーリア

4着◎シゲルピンクダイヤ

セントライト記念予想結果

14着◎オセアグレイト

アニバーサリーS予想結果

1着…メイケイダイハード
2着☆ムーンチャイム
3着◎ミッキーブリランテ

先週は愛チャンピオンが本命馬を変更して悶絶、ローズステークスは5着の穴馬と共に流れが悪い時に一番よく見る光景の4,5着止まりと反省しかない週となりました。

こうやって振り返ると去年、一昨年以上に数が当たらなかった事もあって波が激しい夏~秋競馬。まぐれでもなんでも5週続けて重賞で買い方もハマった事が全ての年で、それ以外は至って普通の何もない夏。

とにかく今年は前半から何度も言っているように、重賞で数十万馬券を数回逃している事が全てで、印のつけかたを変更した事が案外弱気な馬券を誘発している可能性もあるので、このタイミングでもう一度買い方や印の付け方を変更する事も考えていますが、何故か毎年そこまで機能しなかった地方が好調なので、人気でも人気薄でも買いたいと思った馬はもっと素直に印を打つことが正解なのかもしれません。

先週の結果で秋競馬一発目の紫苑ステークスの貯金が一気に溶けてしまった訳ですが、長く競馬をやっていれば普通に何も当たらない週もありますので、ここは失敗した事は素直に反省しつつもこの結果の影響で弱気な買い方にならないようにいつも通りのリズムで攻めていくつもりです。

ただ、本当の先週の競馬、特にセントライト記念に関しては難しかった。この日、月はWIN5を当てる方が簡単だった気がしますが、この日、月のWIN5の話に関してはまたネタがなくなった時に別記事で触れたいと思います。

今年の北海道での記事なども一緒にまとめて書く予定でしたが、予定などがキンキンという事もあって今年の夏の回顧は軽くになってしまいましたが以上となります。

秋は当然夏以上、そして去年の共同通信杯以上の配当的中、我慢していたWIN5の購入を解禁して3桁的中を目標としていますので、また自分のリズムで頑張りたいと思います。

最後になりますが、今年の北海道でお世話になった方々にはそれなりに感謝していますので、また再来年のダービーでお会い出来たらと思っております。

また日程が合わずにお会いできなかった方などもいますので、秋競馬のどこかのタイミングでご一緒しましょう。

3点勝負買い目を無料公開

神戸新聞杯一週前追い切り

サートゥルナーリア

ルメールを背にCWコースでの追い切り。今回は単走だったが、かなり前を走っていた併せ馬を追いかける形になった。直線で手綱を放すという指示だったが、予定よりも早くコーナーで前の併せ馬に追いつき、そこからあっという間に突き放してしまう圧巻の内容、動きを披露。

多少頸を出す時のリズムだけは気になるが、それ以外はほぼ何もいう事のない追い切りで、今回は鞍上の追い切り後の言葉をそのまま受け止めてよさそうな感じがしてしまった。

反応の良さと柔軟性、脚捌きのスムーズさをみても既に馬は出来ており、今週はおそらく反応を確かめる程度の追い切りになると思うので、このままの状態で出走してくるようであればまず嫌う事が出来ない存在と言えるだろう。

ヴェロックス

直線での動きしか確認出来なかったが、負荷をかけられている調教パートナーを子ども扱いするような豪快な動きが目に付いており、馬体以上に身体を大きく使えている点は素晴らしいの一言。頭の高さは気になるが、頸の可動域は決して狭い訳ではなく、脚を出すリズムの取り方や地面を捉える力強さなどどこを見ても大きな減点材料が見当たらないほぼ完璧に近い追い切りと言えるだろう。

トモの張りも抜群で、これだけ内面にスイッチが入っていれば休み明け一発目から普通に力を出し切ってくる可能性は高いと言えるのでは。あえて気になる点を挙げるなら春から大きく馬体が成長した感じがしない点になるが、脚の使い方などは非常に上手くなった印象を受けるので、中身はしっかりと成長しているのではないだろうか。

予想オッズ

1 サートゥルナーリア 1.7
2 ヴェロックス 2.3
3 ワールドプレミア 7.0
4 レッドジェニアル 16.7
5 シフルマン 30.3

ここはサートゥルナーリア、ヴェロックスの完全2強オッズとなるだろう。中でもダービーで圧倒的な人気を集めたサートゥルナーリアが1倍台の人気になると予想する。ただ、ヴェロックスも2倍台前半のオッズになる可能性が高く、3連系はこの2頭の組み合わせがかなり抜けた人気になるのではないだろうか。仮にどちらかが馬券に絡む事が出来ないようならオッズは相当跳ねる事になるだろう。

最後に神戸新聞杯の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第67回 神戸新聞杯(G2)>

サートゥルナーリア・ヴェロックスに
割って入る穴馬は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、人気馬の成績では、1人気[6.2.0.2]、2人気[2.2.2.4]、3人気[1.2.2.5]と圧倒的に1人気の成績が目立つ。連対を外したのは2度のみと信頼度は高い。平均配当では馬連1690円、3連複5970円、3連単2万9350円で波乱はなく二桁人気馬の好走もない。

ステップレース別の成績では(3着以内)、ダービー組(8-6-3)、1600万組(1-0-0)、ラジオNIKKEI賞組(1-1-2)とダービー組から8頭が勝ち上がり6頭が2着している。また、優勝馬は出ていないが1000万下組は(0-3-3)と連対馬を3頭出しているように夏の上がり馬の好走も目立つ。

今年は皐月賞連対馬サートゥルナーリア、ヴェロックスが参戦。他には京都新聞杯優勝馬レッドジュニアル、複勝率100%ワールドプレミア、2連勝中のシフルマン、ユニコーンライオンが出走。皐月賞連対馬の2強対決に注目されるが、競馬セブンでは2頭に割って入る人気薄の激走情報を入手済!菊花賞トライアルの神戸新聞杯も絶対にお見逃しのないようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『神戸新聞杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク