【クイーンカップ2019予想】本命カレンブーケドール

スポンサーリンク


おはようございます。

日曜の競馬は全くいいところなし。特に共同通信杯は本命を変更してしまい大失敗という結果に。土曜少額プラス、日曜かすりもせずという感じだったので、今日も少頭数の重賞となりますが、何とか捲ってプラス収支に持っていきたいと思います。

では本日は土曜から延期となった月曜の東京メイン、クイーンカップの予想を。カレンブーケドール、クロノジェネシス、ビーチサンバ、マドラスチェックなどが出走する芝1600mのG3レース。

まずは本題の前に東京10レース、雲雀ステークスの予想を少し。

雲雀ステークス

人気ブログランキングへ

かなり面白いメンバーとなったが、本命は条件揃ったこの馬。鞍上とも手が合っており、枠もいいところを引けたここは大崩れする事なく無難に走ってくるだろう。

今週末の追い切りに関する記事はこちらから。

【クイーンカップ2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

クイーンカップ

本命はカレンブーケドール

勝ち上がるまで3戦を要したが、初戦で戦った相手がなかなか強力だったこの馬が人気的にも面白そう。その初戦は直線猛追するも日曜の共同通信杯勝ち馬ダノンキングリーにアタマ差及ばず2着まで。ただ、ラストの脚は際立っており、敗れはしたが強い競馬だったと言える。

2走前の未勝利戦も直線で進路がなく、完全に脚を余しての結果なので参考外。そして前走も着差は僅かだったが、追われてからの伸びは素晴らしいもので、ゴール前の手応えをみてもまだまだ余裕を感じさせる走りだった事を考えるとクラスが上がっても十分やれるだけの力はある馬だろう。

クロノジェネシス、ビーチサンバはかなり強力ではあるが、今回の東京マイルであればこの馬もパフォーマンスを上げてくる可能性が高いだけに、前哨戦のここなら2頭に割って入れるだけの資格はあるとみる。

対抗はクロノジェネシス

2着に敗れた前走の阪神ジュベナイルフィリーズは勝った相手を褒めるレースでこの馬も勝ちに等しい内容で結果を残した。

この馬に関しては2走前のアイビーステークスの内容が優秀で、直線では内を突かずに外へ出すロスがあったものの、追われると真ん中からグイグイと脚を伸ばし、最後は2着馬に2馬身差をつける快勝。コスモカレンドゥラ、エメラルファイトを相手に余裕の手応えで突き抜けており、馬体以上に大きく身体を使ったフットワークはバゴ産駒とは思えないほど素晴らしいもの。

前走で本命にした時にも書いたが、父がバゴという点からするとピークは2歳~3歳春頃の馬の可能性が高いので、この時期であればそう簡単に勢力図が変わる事はないだろう。

▲はビーチサンバ

父クロフネ、兄フサイチリシャールという事を考えると前走の阪神ジュベナイルフィリーズはある程度条件が揃っていたが、今回のレースでも同じ父を持つアエロリット、ロッテンマイヤーが好走しているので、コース替わりがマイナスになる事はなさそう。アルテミスステークスぐらい走れば無難に勝ち負け争いに加わってくる可能性は高い。

☆穴にジョディー

前走は中途半端な競馬になってしまったとはいえ完全に力負けという結果ではあるが、今回のコースで自分の形で競馬が出来れば非常に怖さがある1頭。展開も明らかにこの馬に味方しそうで、Dコースであれば必ず抑えておきたいタイプと言える。

◎カレンブーケドール
○クロノジェネシス
▲ビーチサンバ
☆穴ジョディー
△マドラスチェック

☆穴はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第36回 フェブラリーS(GⅠ)

先着100名様限定!

好配当を狙い撃つ【◎-穴1点馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

3歳にしてチャンピオンズCを勝ち、名実ともにダート路線の頂点へと躍り出たルヴァンスレーヴが戦線離脱。ダート界は再び確たる主役を失うことになったが、一昨年の覇者ゴールドドリーム、昨年の覇者ノンコノユメを筆頭に、粒ぞろいの4歳世代からは東京大賞典を制したオメガパフューム、そしてコパノキッキングにインティと、勢いのある新興勢力も参戦予定。混戦ながら豪華メンバーが揃うこととなり、今年初のJRA・GⅠは、馬券的にもレースとしても注目の1戦となりそうだ。

それだけでなく、今年はマスコミや世間が食い付く話題も事欠かない。4連勝中のコパノキッキングには、JRA所属の女性騎手としては史上初めて藤田菜七子騎手がGⅠに騎乗。5連勝中のインティの鞍上は“レジェンド”武豊騎手と、今の競馬界では一般的な知名度も抜群なこの2人が有力馬に騎乗するのだから、スポーツ紙を筆頭としたマスコミも『金になるネタ』を放っておくはずはなく、自ずと取材も集中することになる。

しかし、その『金になるネタ』は、あくまでマスコミが注目を集めるための材料であり、馬券的中には全く関わりのないこと。無論、我々シンクタンクの『金になるネタ』はそういった類とは全く別物で

「マスコミには言えませんけど、実は……」
「記者連中は全然取材に来んけど、今回はホンマに絶好調なんやで」

などなど、表に出ることがない関係者の生の声、すなわち“本音”の部分だ。こうしたネタを入手できるのも、元JRA騎手・元JRA調教師を筆頭とした競馬界の大物OBや、何十年にも渡って築き上げた圧倒的な人脈を持つ大物現役関係者が、当社シンクタンクには在籍しているからだ。

8番人気ウェスタールンドが激走した昨年のチャンピオンズカップ、1番人気サンライズノヴァが敗れ去った前哨戦の根岸Sといった、主要となるステップレースでもキッチリと的中を掴んできた当社の下には、既にマスコミが報じることのない内部情報が入っている。今年のフェブラリーSで、高配当馬券の使者となり得る【激走穴馬】の存在も既にマーク済みだ。

本来であればこういった情報を無料で公開することは容易ではないのだが、多くの方に

「本物の情報を知って頂きたい」

との思いがあるだけに、今回は特別にフェブラリーS【◎-穴・1点馬券】を、当社を初めてご利用される方に限り無料公開することが決定。また、その他にも当社ホームページ内では、馬券的中に直結する内部情報の数々を無料公開させて頂く。この機会に、是非とも”本物の情報”に触れてみて欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第36回 フェブラリーS(GⅠ)

先着100名様限定!

好配当を狙い撃つ【◎-穴1点馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク