【クイーンカップ2020予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、クイーンカップに出走を予定しているアカノニジュウイチ、アールクインダム、アミークス、シャンドフルール、ホウオウピースフル、ミヤマザクラ、ルナシオンの最終追い切りに関する記事を。

時間とリズムの関係もあって本日の追い切り記事の更新は見送って明日の予想記事を更新する予定でしたが、いつもの癖で追い切りをチェックしてしまったので、せっかくなので少しだけ更新しておく事にしました。

予想オッズ

1 ルナシオン 2.7
2 ミヤマザクラ 3.2
3 ホウオウピースフル 4.4
4 マジックキャッスル 5.0
5 アカノニジュウイチ 11.7

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

3点勝負買い目を無料公開

クイーンカップ最終追い切り

アカノニジュウイチ

頭が高く頸を全く使えていない点はマイナスで、全体的な動きに関しても非常に硬い。その割には地面を蹴る力は強く、ダート馬のようにパワフルに駆け抜けた点は評価しておくが、その分素軽さには欠けるような動きだったので、その点だけは頭に入れておきたい。

アールクインダム

頭が高い割にはしっかりと頸を使えており、馬体の柔軟性や脚捌きの軽さが目につく。前半は軽く終いだけさっと追ったような内容だったが、のびのびと自分のリズムで走れていた点は評価しておきたい。

アミークス

可動域が狭く発汗が目立っている点はマイナスで、追ってもイマイチ伸びなかったのは身体の使い方が下手な点が影響している為だろう。一応相手には先着したが、手応えの違いや通ったコースを考えると高い評価は出来ない追い切りと言える。

シャンドフルール

こじんまりとした動きとリズムの悪さが目に付いており、脚の回転の遅さや悪い意味での軽さが動き全てをダメにしている。スピードはそれなりにありそうなタイプではあるが、これといって特別目立つような追い切りではなかった。

ホウオウピースフル

この血統らしい脚捌きと回転の速さが特徴で、頸を使えていない割にはしっかりと脚は前に出せている。内面に完全にスイッチが入っている点もプラスで、馬体の張りをみてもほぼ馬は出来たと思っていいのではないだろうか。

ミヤマザクラ

身体の使い方が非常に上手く、頸をしっかりと前へ出してグイグイと伸びてくる姿は相当目立っている。追われてからの反応も素晴らしく、一瞬でスイッチが入るとあっと言う間相手を突き放して先着。

馬体は少し寂しく感じるが、牝馬らしい柔軟性やキレがある点は素直に評価出来ると思うので、休み明け一発目から力を出せる出来にはあるだろう。

ルナシオン

追われてからの伸びや反応の悪さが兄をみているようで、その兄に気の悪さをプラスしたのが本馬という感じ。秘める能力は相当高そうな気はするが、今回はその能力以前に折り合いや反応の悪さが課題となりそうなので、動きでどうこうというタイプではないのでは。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

後ほど予想を更新する予定です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第113回 京都記念(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

113回を迎える伝統のG2だけに、古くから勝ち馬には実力馬が名を連ね、今もGI級の参戦が後を立たない。近年はドバイ遠征や大阪杯の前哨戦として、ますます重要な意味をなすレースとなっている。

しかし、前哨戦はあくまで前哨戦であり、実力馬たちがそのまま結果を出しているのかと言えば話は別。実際、京都記念の1番人気は8連敗中、ジャスタウェイ、ジェンティルドンナ、ハープスター、マカヒキにレイデオロと、これだけの馬たちが連を外している。

冬場の京都で連続開催の後半、馬場が荒れて紛れが生じやすい状況になることが影響しているが、今年は「特殊な馬場」と関係者が口を揃える状況であり、輪をかけて一筋縄ではいかないだろう。

今年は秋華賞馬クロノジェネシスが参戦予定だが、例年に比べるとやや小粒なメンバーな印象。重賞勝ちこそないものの、ジャパンカップ2着のカレンブーケドールなど、人気を集めるのは牝馬となりそうだが、先に名が出たように、ジェンティルドンナやハープスターですら勝てなかった舞台。果たして信頼できるのか、慎重なジャッジが必要となる。

そのジャッジを下すために必要となるのが関係者情報だ。関係者情報と言っても、ネット上や新聞紙面など世間に出てくる類ではない。表には出さない関係者の偽らざる本音のことだ。年度代表馬サクラスターオーを手掛けた平井雄二元調教師が率いるシンクタンクの重賞特捜部は、トレセン内はもとより、トラックマンの取材が及ばない外厩といったトレセン外からも情報を入手し、“本物の関係者情報”をお伝えしている。

今年は年明けの日経新春杯にて11万馬券を的中させているが、コレも“本物の関係者情報”で古馬中長距離路線の力関係をしっかりとジャッジできているからこそ。そこで、今週は特別に、京都記念の“本物の関係者情報”を【5頭に絞った馬券候補】と合わせて無料公開する。ワンランク上の競馬、馬券を楽しみたいのであれば、ぜひともご覧頂きたい。

※同週の共同通信杯、クイーンCも同様です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第113回 京都記念(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク