【クイーンステークス2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の札幌メイン、クイーンステークスに出走を予定している上位人気馬、エイシンティンクル、サトノガーネット、ウラヌスチャーム、スカーレットカラー、フロンテアクイーン、ミッキーチャームの最終追い切りに関する記事を。

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着

先週の最終追い切り注目馬はどちらのレースも上手くいきました。函館2歳ステークスに関しては馬券は後一歩という感じも、中京記念に関しては馬券も上手くいきましたので、今週末も注目馬と馬券にはご期待下さい。

クイーンステークス最終追い切り

エイシンティンクル

前半は軽い調整程度の内容ではあったが、後半、特にゴールを過ぎてからは脚捌きが軽くなって素軽い動きと迫力のある馬体が目に付いていた。ただ、エンジンのかかりが遅すぎるのは間違いないので、ここをどう評価するかが非常に難しい動きと言える。馬体の張りや身体の使い方をみると本調子まであと一歩という感じはするが、そこそこの出来にはある事は確か。

サトノガーネット

フォームが美しく脚の回転も非常に速く感じる。力強さには多少欠けるような印象を受けるも、それでもエンジンがかかってからの伸びや身体の使い方は悪く感じないので、高いレベルで馬は安定しているだろう。トモの張りや毛艶も良好なので、調子は悪い訳がないだろう。

ウラヌスチャーム

フォームの安定感と可動域の広さ、そして頸の使い方などどこを見ても美しさがある馬。エンジンがかかると先行する調教パートナーに一瞬で並びかけ、そこからはあっと言う間に相手を突き放してぶっちぎるような豪快な動きを披露。ただ、動きは非常に派手な割には脚捌きが鈍く、地面を蹴る力が軽すぎる点はちょっと割り引いて考えた方がいいかもしれないが、そこを差し引いて考えてもお釣りは十分に来る計算となった。

スカーレットカラー

頭の高さと発汗、そして脚が外へ大きく流れている点は目に付いているが、動きに柔らかさがあって可動域も十分な印象を受ける。癖は強いが馬体に張りも戻っていて調子が上向いているのは間違いないので、今の出来を考えると前走以上があっても良さそうな感じはするも、この大きな癖が競馬に行って足を引っ張る可能性も。評価は難しいが、個人的には癖がどうも引っかかってしまう。

フロンテアクイーン

ひばらのラインに緩さがあるも、トモの張りは上々。楽な手応えのまま調教パートナーに並びかけ、そのまま馬なりで楽々と先着。着差こそ大きなものではないが、相手とこちらの手応えの差を考えると高く評価出来るものだろう。当然メイチという仕上げではないが、一応動きからしてここを目標に馬をつくられてきたという印象を受けるので、態勢はある程度整ったと思ってよさそう。

ミッキーチャーム

乗り役が中途半端な事をした全てではあるが、まともなら調教パートナーを置き去りに出来る程の手応えがあった事を考えると一応高い評価は必要となりそう。フォーム、馬体の張り、内面とどこを取っても出来ており、乗り役のアレがなければ相当高い評価をつける事が出来ただけに、今回の動きは一言残念でしかないが、これは何か意味があってのものと捉えれば仕方がないのかもしれない。

予想オッズ

1 ミッキーチャーム 2.6
2 サトノガーネット 4.0
3 ウラヌスチャーム 5.0
4 フロンテアクイーン 5.6
5 スカーレットカラー 10.9

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

舞台を考えるとほぼ満点をつけてもいい追い切り。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第19回 アイビスSD(G3)>

スピード自慢の快速馬集結!
芝直を制するのは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

2006年にサマースプリントシリーズに創設以降、アイビスサマーダッシュの勝ち馬12頭中9頭がサマースプリントシリーズのチャンピオンに輝いており、スプリントシリーズの中でも最も重要なレースと言える。

過去10年の人気別の成績では、[6.1.0.3]、[0.2.1.7]、[1.2.2.5]と1人気が6勝を挙げ安定した成績を残している。平均配当では馬連2750円、3連複2万1710円、3連単12万10円。二桁人気馬では2011年アポロフェニックス(11人気3着)、2010年マルブツイースター(16人気3着)、の2頭が馬券圏に好走しているが伏兵馬の好走は多くない。

また、2017年ラインミーティア(8人気1着)、2012年パドトロワ(7人気1着)、2010年ケイティラブ(8人気①着)など人気薄での勝利馬がおり3連単の平均配当は10万を超えている。1人気の連対率が7割あるがヒモ荒れの傾向もある。

また、過去10年で6勝を挙げ活躍している牝馬に注目。15頭が馬券圏に入っているように「夏は牝馬」の格言通り、真夏に強い牝馬の好走が目立つ。年齢別の成績では、3歳馬[0.1.2.10]、4歳馬[3.1.1.7]、5歳馬[4.6.4.33]、6歳馬[1.1.3.35]、7歳馬[2.0.1.30]、8歳上[0.0.0.14]と、4.5歳馬が活躍している。

スピードの持続力が要求されるのが芝直の特徴で、好位から粘り込む脚質が有利だ。差し追い込みタイプは厳しい条件となる。

競馬セブンでは人気薄確実な、とある厩舎のヤリ情報を極秘入手。人気薄情報馬が馬券に絡めば高配当間違いなし!国内唯一の芝直重賞も競馬セブンにお任せ下さい!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『アイビスSD・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク