【黒潮盃2020予想】本命ブラヴール

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は19日の大井メイン、黒潮盃の予想を。ブラヴール、アベニンドリーム、ファルコンウィング、インペリシャブル、ストーミーデイなどが出走するダート1800mのS2レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

先週の交流重賞ラッシュはクラスターカップが◎マテラスカイ、サマーチャンピオンが◎メイショウテンスイ、ブリーダーズゴールドカップが◎レーヌブランシュと全て本命馬が好走。

ただ、しっかりと的中出来たのはブリーダーズゴールドカップの☆プリンシアコメータ▲メモリーコウ◎レーヌブランシュの1本のみ。

そこそこ配当がついて助かりましたが、一番薄く買っていた☆の頭だったので、爆発までは程遠い結果に。今週は大爆発を狙います。

黒潮盃

本命はブラヴール

東京ダービー除外明けで臨んだ前走のジャパンダートダービーでは完全に仕上がり途上での出走だったが、致命的な位置取りから最後は上がり最速の脚を使って見せ場たっぷりの4着に入線。勝ち馬などには突き放されてしまったが、ゴール前では先日のレパードステークスで2着に入線したミヤジコクオウをあっさりと交わしているので、やはり秘める能力は相当高いのは間違いないだろう。

以前東京ダービーで本命を打った際に、これまでの競馬と馬体を見る感じではおそらく本質は中距離向きの馬なので、今回の2000mへの距離延長はプラスになる可能性が高く、差し馬でも馬場、展開問わずに終いは確実に脚を使ってくるタイプなので、今回もまず不発は考えられないと書いたが、前走のジャパンダートダービーの内容を見る限り、その見立てに狂いはなく、本来の持ち場はまず1800~2000mの中距離タイプ。

今回の1800mでの競馬は勿論、前走を使われた上積みにも大きな期待が持てるここなら頭でぶっこ抜いてくるだけの脚を使う事が出来るだろう。個人的に本命馬除外で不完全燃焼となった東京ダービーのリベンジといきたい。

対抗は人気ブログランキングへ

近走は歯痒い競馬が続いているが、前走は直線でロスの多い競馬、2走前もローテや直線で若干スムーズさを欠いた事が影響しての着順なので力を出し切っての結果ではない。

何より今回は待ちに待った中距離での競馬となるので、ここ2走のように多少ちぐはぐな競馬になったとしても適性だけで馬券に絡んでくる可能性が高そうなだけに、大きな変わり身があるとすれば間違いなく距離を延ばしたこのタイミングと言えるだろう。

▲にファルコンウィング

押せ押せローテは気になるが、千葉日報賞で本命にした際にベストは1800mと書いたので、距離を延ばしてきたここでそれなりの印を打たない訳にはいかないだろう。前走の競馬は勿論、雲取賞や羽田盃のようにすんなり自分の形に持ち込めば相当しぶとい馬なので、ここも楽に先手を奪う事が出来れば粘り込みがあるとみた。

☆にコバルトウィング

4番手は迷ったが、最終的には距離、コース適性の差でこの馬をセレクト。過去にブラヴールを相手に2着に入線した実力馬なので、そのブラヴールを評価する以上、この馬も評価しない訳にはいかないだろう。

◎ブラヴール
人気ブログランキングへ
▲ファルコンウィング
☆コバルトウィング
△チョウライリン
△アベニンドリーム

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第56回 札幌記念(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

武豊騎手が「昔からGIにすればと思っていた」と語れば、社台グループの総帥吉田照哉氏も昇格を要望するなど、競馬界の大物たちが“大レース”として捉えている札幌記念。

毎年のようにGI級が参戦し、レースとしての見どころは十分、秋を占う上でも注目の一戦となっている。

今年も大阪杯を制したラッキーライラックが参戦し、他にもノームコア、マカヒキらGI馬が出走予定馬に名を連ねている。

しかし、G2であるが故、実績馬であれば“ココが勝負”となるケースは多くない。やはり先を見据えた始動戦、1番人気が8連敗中で、万馬券決着が当たり前、2015年と2017年には20万馬券すら出ている。実力通りに決まりやすい別定のG2とすれば、波乱傾向がかなり強く出ている。

それはなぜか。やはり、札幌、新潟、小倉と競馬開催が全国各地に分散し、取材箇所が増えるにも関わらず、取材する人員の数は変わらない、一般マスコミの情報力低下に起因している。各社独自取材はほぼ不可能、コメントや時計の使い回しが当たり前となる夏競馬期間中に高配当決着が乱発するのも、こうした情報を参考に馬券を買う人々が多いからなのだ。

無論、業界最高峰かつ独自の情報網を持つ弊社シンクタンクにとっては、夏競馬期間中であろうと情報力の低下などとは無縁。むしろ、我々の情報力がより生きることで、今夏も数々の高配当的中を手にしてきている。

少しでも多くのファンの方に競馬を楽しんでもらうべく、弊社は“本物の関係者情報”の無料公開を行っているが、今週は札幌記念の公開が決定した。しかも、馬券候補となる【情報注目馬5選】も特別公開するので、ぜひともこのチャンスに、シンクタンクがお伝えする“本物の関係者情報”を体感していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第56回 札幌記念(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク