【キャロットクラブ2019年度】1歳募集馬予定リスト・注目馬、評価

スポンサーリンク


おはようございます。

少しシルクホースクラブの記事が落ち着きましたので、2019年度のキャロットクラブのスケジュールが確定したという事でそろそろこちらのクラブの記事にも力を入れていこうと思います。

まず重要なスケジュールに関しては以下の通り。

8月中旬 8月度の「出資と分配(ご請求明細書)」に同封の上、募集確定馬リストを送付

8月20日 (夕刻) クラブホームページにて2019年度募集馬カタログPDF版とDVD収録動画を公開

9月6日 2019年度第1次募集開始

9月12日 第1次募集インターネット申込み締切

今年は例年と比べると全体的に遅いですね。

これはこれで個人的には楽ですが、秋競馬とモロ被りという事で、予想に影響が出てきそうです。

2019年度の募集予定馬は87頭が予定されていますが、おそらく確定となるともう少し増える可能性が考えられますので、まぁ今年もかなりの数となりました。

先日キャロットクラブの記事を更新した際にも触れましたが今年はヒストリックスターの18、ラドラーダの18、アヴェンチュラの18、リリサイドの18、シーザリオの18、シンハライトの18、マリアライトの18と良血馬のほとんどが牡馬。

尺や動画が出ない事には何とも言えませんが、おそらく人気はかなりばらけると思うので、最優先枠2年連続落選の人なら欲しい馬はほぼ取れるのではないでしょうか?

とりあえず人気の予想や価格厩舎発表後の注目馬などの記事はまた後日の更新となりますので、本日は注目馬と注目の産駒などを適当にあげていこうと思います。

キャロットクラブ2019年度1歳募集馬予定リスト注目馬

ディープインパクト産駒

ヒストリックスターの18

ポロンナルワの18

ヴィアンローズの18

オーサムフェザーの18

ウイングステルスの18

目玉はやはりヒストリックスターの18になるでしょう。ポロンナルワの18も人気になりそうですが、これは完全に厩舎次第。オーサムフェザーの18は気になりますが、地面だけなら何となく地雷の予感も…。

キングカメハメハ産駒

ラドラーダの18

アヴェンチュラの18

アディクティドの18

シシリアンブリーズの18

クルミナルの18

ここは文句なしにラドラーダの18が目玉。ただ、アヴェンチュラの18アディクティドの18クルミナルの18と他のクラブに比べるとかなりキングカメハメハ産駒に恵まれた印象で、もしかするとキングカメハメハ産駒の当たりはこのクラブに入っている可能性も十分考えられるラインナップ。

ハーツクライ産駒

リリサイドの18

カニョットの18

シェアザストーリーの18

アゼリの18

ここはやはりリリサイドの18の一択になるか。個人的にはアゼリの18のサプライズが気になるが、これは牝馬という点がどうしても引っかかってしまう。逆に考えれば牝馬で当たりが多いクラブなので、もしかするともしかするかもしれないが。

ロードカナロア産駒

バイラオーラの18

ディアデラノビアの18

シユーマの18

バウンスシャッセの18

フロアクラフトの18

フェルミオンの18

エルミラドールの18

クラブお馴染みの血統が揃ったという印象で、特に驚きはないラインナップですが、元出資馬のバウンスシャッセの18はやはり気になりますね。ただ、これといって目玉らしい馬は存在せずという感じ。

エピファネイア産駒

マリアライトの18

ペルレンケッテの18

カイゼリンの18

ケイティーズハートの18

ローズノーブルの18

ヴァイスゴルトの18

ディアデラマドレの18

ボンジュールココロの18

数を考えるとエピファネイア産駒の当たりはまずこのクラブに入っているのは。注目はこちらも元出資馬のマリアライトの18になるでしょう。ただ、血統を考えると少し重すぎる印象なので、これは馬をみない事には何とも、といった感じ。

ドゥラメンテ産駒

ケルシャンスの18

ヴィートマルシェの18

アートプリンセスの18

ヒルダズパッションの18

グランデアモーレの18

アルビアーノの18

牝馬ばかりですね…。一応アルビアーノの18というサプライズはありましたが、何となくキャロットクラブのこの産駒はスカりそうな予感も。

モーリス産駒

シンハライトの18

スパニッシュクイーンの18

ブルーメンブラットの18

シーザリオの18

リラヴァティの18

ピュアブリーゼの18

ジュモーの18

シンハライトの18、シーザリオの18、リラヴァティの18、ジュモーの18とクラブお馴染みの血統馬という事を考えても注目馬が多くなりました。セリではあまり人気にならなかった産駒ではありますが、牧場の評価は高いので、これだけ肌馬に恵まれていて全てハズレという事は考えられない。

最後に今年の注目産駒をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

他のクラブで馬を確認した時にも思った事ですが、今年はこの産駒の当たり年でしょう。毎年単純に出来の良い産駒を狙うだけでオープン馬を引き当てる事が出来たりするので、迷った時はまずどの産駒の出来が良いかを考える事です。

写真、動画が公開され次第、詳しいレビューを作成しますので今年もご期待下さい。注目マイナー種牡馬編の記事も時間がある時に更新する予定なので、こちらは期待せずにお待ち下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第19回 アイビスSD(G3)>

スピード自慢の快速馬集結!
芝直を制するのは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

2006年にサマースプリントシリーズに創設以降、アイビスサマーダッシュの勝ち馬12頭中9頭がサマースプリントシリーズのチャンピオンに輝いており、スプリントシリーズの中でも最も重要なレースと言える。

過去10年の人気別の成績では、[6.1.0.3]、[0.2.1.7]、[1.2.2.5]と1人気が6勝を挙げ安定した成績を残している。平均配当では馬連2750円、3連複2万1710円、3連単12万10円。二桁人気馬では2011年アポロフェニックス(11人気3着)、2010年マルブツイースター(16人気3着)、の2頭が馬券圏に好走しているが伏兵馬の好走は多くない。

また、2017年ラインミーティア(8人気1着)、2012年パドトロワ(7人気1着)、2010年ケイティラブ(8人気①着)など人気薄での勝利馬がおり3連単の平均配当は10万を超えている。1人気の連対率が7割あるがヒモ荒れの傾向もある。

また、過去10年で6勝を挙げ活躍している牝馬に注目。15頭が馬券圏に入っているように「夏は牝馬」の格言通り、真夏に強い牝馬の好走が目立つ。年齢別の成績では、3歳馬[0.1.2.10]、4歳馬[3.1.1.7]、5歳馬[4.6.4.33]、6歳馬[1.1.3.35]、7歳馬[2.0.1.30]、8歳上[0.0.0.14]と、4.5歳馬が活躍している。

スピードの持続力が要求されるのが芝直の特徴で、好位から粘り込む脚質が有利だ。差し追い込みタイプは厳しい条件となる。

競馬セブンでは人気薄確実な、とある厩舎のヤリ情報を極秘入手。人気薄情報馬が馬券に絡めば高配当間違いなし!国内唯一の芝直重賞も競馬セブンにお任せ下さい!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『アイビスSD・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク