【キャロットクラブ2024】1歳募集馬評価・厩舎、価格予想・マルシュロレーヌの23などが募集予定!

キャロットクラブ2024(23年産)の1歳募集馬について色々と書いていきます。

本日公式にて募集予定馬リストが発表されましたので、例年通りまずは字面だけにはなりますが、軽く注目馬、気になる馬などを適当に挙げていこうと思います。

パッと見で思ったのは、

まぁ今年もキャロットクラブらしい、サプライズのないラインナップ…。

サプライズというサプライズではないですが、ムーンティアーズの23、ビッグワールドの23の名前があったのは意外といえば意外でした。

注目のコントレイル産駒はそのビッグワールドの23を含め、マニーズオンシャーロットの23の2頭のみ…。

エピファネイア産駒、サートゥルナーリア産駒、ドレフォン産駒、クリソベリル産駒がまずまず大量の、他クラブとの比較になるとちょっと…という年ですね。

ただ、シンハライトの23、ケイティーズハートの23、リスグラシューの23、マラコスタムブラダの23、ラドラーダの23、マルシュロレーヌの23、ルージュバックの23などなど、

このG1馬や重賞馬の仔、兄弟も募集されますので、決してヤバいという年ではないでしょう。

では、早速本題の気になる馬の一言コメントや厩舎、総額予想へ…。

【ノルマンディーOC】1歳募集馬リスト予想・2024年の注目馬はブランメジェールの23か?それとも…

【pog2024−2025】キャロットクラブの有力馬・ドラフト1位候補を公開!

キャロットクラブ24年(23年産)1歳募集馬コメント

✔キタサンブラック産駒

ムーンティアーズの23

パーリーアヴェニューを祖母に持つ良血馬。

牝馬ではありますが、待望のアワブラという方もいらっしゃるのでは。

レッチェバロックの23

ダートで2勝した母の仔で、何故このクラブに来たのかはわかりませんが、字面だけを見る限りかなり面白そうな一頭ではあります。

✔エピファネイア産駒

シンハライトの23

キャロットクラブ出身の種牡馬とだけあってこの産駒はなかなか強烈な馬が揃いました。

まずは母が桜花賞馬のこの仔。

上が上、そしてこの血統らしい体質の弱さが見られる爆弾を抱えているタイプかもしれませんが、そろそろ活躍馬が出てきても驚けないでしょう。

ケイティーズハートの23

兄エフフォーリアの活躍を見るとこの馬も相当な人気、そして注目馬という事になる。

おそらく今年の目玉の一頭になるであろう存在ですので、総額、厩舎次第では人気上位5頭ぐらいには入ってきそう。

リスグラシューの23

宝塚記念などを制した名牝の仔。

上が期待通りの結果を残せていないものの、母のポテンシャルの高さを考えるとこのままクズ馬連発、という訳ではなさそうなので、エピファネイアの血の後押しがあれば早速一発、というパターンがありそう。

ただ、今年の牝馬の募集馬の中ではかなりの高額馬になるので、リターン重視ならスルーする事をおすすめしたい。

✔コントレイル産駒

マニーズオンシャーロットの23

キャロットクラブで募集された1勝馬、ウィングヘヴンの弟。

このタイミングでこのクラブに来た時点で疑いの目で、と思ってしまいますが、何故これが?という馬ではないので、走ってくれると嬉しいですね。

唯一のコントレイル産駒牡馬という事で無駄に人気になりそうですが、そこまで高くないなら狙いたいような気も…。

ビッグワールドの23

母はラトロワンヌS、テンプティドSなどを勝利している名牝。

一応カンバーランドがシルクで募集されているので、クラブに流れてきたのには違和感は感じない。

✔キズナ産駒

マラコスタムブラダの23

姉にレシステンシアがいる血統で、ひとつ上の姉も去年はかなりの人気になりました。

今勢いのあるキズナ産駒、それも牡馬、それも姉が姉という事で今年の募集馬の中でも相当な人気になる事が予想される。

出来次第ではありますが、まともであれば人気上位トップ3に入るぐらいの馬では?

アールブリュットの23

重賞馬であるパラレルヴィジョンを兄に持つ血統ではありますが、ドゥラメンテ産駒の兄はなかなかの地獄を見ていますので、さて、今年の産駒は脚もと、体質がどうか。

アドマイヤローザの23

アドマイヤテンバ、アドマイヤグルーヴの血を引く馬で、この血統はコアなファンがいますので、キズナ産駒となれば相当な人気になるでしょう。

このクラブでアドマイヤの名前を見ると近藤さんが現役の時を思い出しますが、もういわくつきという訳ではありませんので、こちらも出来次第での注目馬という事で。

ウラヌスチャームの23

母は重賞には手が届かなかったが、メトロポリタンステークスなどを制しているバリバリのオープン馬。

このクラブでの募集は謎ですが、ルーラーシップの肌ならこの父も合うでしょう。

✔サートゥルナーリア産駒

ラドラーダの23

兄にレイデオロ、レイエンダがいる良血馬。

母の年齢が気になる頃ではありますが、コンスタントに走る馬を出してくる血統なので、今年の産駒も超大外れという訳ではなさそうです。

ミリッサの23

母はシンハリーズ系、そしてこの血脈からも活躍馬が出ている注目の血統。

上は微妙な産駒が続いていますが、どこかで必ず一発出るであろう血統なので、追いかけている方はそろそろ…。

バウンスシャッセの23

母は現役時代に人気薄で何度も何度も激走した名牝。

こちらも産駒はパッとしませんが、割と見栄えする仔が多いので、こちらもそろそろありそうです。

✔ドレフォン産駒

シーリアの23

追加募集で母優先が使えないという文句を汲み取ってくれたのか、しっかりと1次募集から名前が。

兄はまだ走っていませんが、何かと話題が尽きない馬ですので、この仔もおそらくクズではないでしょう。

ダイアナブライトの23

母はクイーン賞の勝ち馬で、今思えば自分が申し込みをして出資出来なかった馬の仔ですね…。

最終的にはダートで化けた母ですので、この父はまず合うでしょう。

マリアライトの23

母は宝塚記念の勝ち馬で、現役時代は大変お世話になりました。

いきなりからオーソクレースを出すなど、産駒もそれなりの馬ですが、その後が続いていない事も事実ですので、まずはサイズがまともな事を祈りたい。

マルシュロレーヌの23

豊作のドレフォン産駒の中で一番注目を集めそうなのはやはりこの馬でしょうか。

初仔という事もあって未知な部分もあるにしろ、さすがにこの血統となれば人気にならない訳がない。

ただ、めちゃくちゃ高そうですね…。

ブランシェクールの23

地味に走りそうと思っているのがこの馬。

おそらく総額もそこまで高くはないと思いますので、リターン重視ならこの手のタイプを無視する訳にはいかないでしょう。

✔クリソベリル産駒

クルークハイトの23

母はダートで5勝、祖母にヴァイスハイトがいるソニンク系。

全く人気が読めませんが、この父ですので本馬も完全にダート馬、という事で持ち場に狂いがない分狙いやすそうです。

カイカヨソウの23

カイカノキセキなど、産駒の活躍もまずまずではあるが、母も地方の重賞を勝ちまくった名牝。

地方募集なら相当な人気になりそうですね。

✔レイデオロ産駒

ルージュバックの23

母はG1には手が届かなかったが、売れ残りでオールカマー、毎日王冠など、重賞を4勝した名牝。

もともと祖母が期待外れの産駒を連発、その後大当たりというタイプだったので、その血を引く本馬も同じようなタイプになりそう。

✔シルバーステート産駒

マルケッサの23

兄弟にドゥラエレーデ、バロネッサがいる血統。

中途半端に人気を集めてしまう父なので、最優先がないと取れそうにないのはネックですが、最優先なら一本釣りも可能か。

一応ドゥラエレーデだけの一発屋でもないので、この産駒でも確実にヒットを打ってきそう。

✔リオンディーズ産駒

リラヴァティの23

母はマーメイドステークスの勝ち馬、祖母シンハリーズという血統。

兄のワールズエンドがなかなか強烈な競馬を繰り返している事を考えると繫殖能力の高さもそれなりの馬と言えるので、後は脚もとさえまともなら。

距離が持つであろうリオンディーズ産駒なら本馬の持ち場も中距離という事になるか。

エリスライトの23

祖母クリソプレーズという良血馬。

芝にもダートにも転んでも悪くはない血統なので、あまり高くならないようなら穴として面白い馬になるかもしれません。

✔シスキン産駒

ギーニョの23

確実にヒットを打ってくるであろう血統で、注目のシスキン産駒となれば今年もまずまずの票を集めそう。

✔ミッキーアイル産駒

ムーングロウの23

兄にモントライゼがいる血統で、その兄の持ち場を考えるとこの父の血はまず合う可能性が高い。

高くないなら回収率重視で面白い存在になるかも。

✔評価まとめ・総額、厩舎予想

人気を含めてかなり難しい年になりそうです。

まず注目馬を数頭挙げるなら…

シンハライトの23
ケイティーズハートの23
リスグラシューの23
マニーズオンシャーロットの23
ビッグワールドの23
マラコスタムブラダの23
アールブリュットの23
ラドラーダの23
マリアライトの23
マルシュロレーヌの23

辺りになるでしょうか。

厩舎、総額を予想すると…

シンハライトの23 池添厩舎 8000万
ケイティーズハートの23 鹿戸厩舎 8000万
リスグラシューの23 矢作厩舎 1億
マニーズオンシャーロットの23 福永厩舎 8000万
ビッグワールドの23 高野厩舎 6000万
マラコスタムブラダの23 松下厩舎 1億
アールブリュットの23 国枝厩舎 7000万
ラドラーダの23 木村厩舎 1.2億
マリアライトの23 久保田厩舎 5000万
マルシュロレーヌの23 矢作厩舎 7000万

という感じになりますが、正直牝馬の総額が読めません。

なお、この後も1歳馬の情報が更新され次第、こちらのクラブの注目馬、おすすめ馬などの記事を公開していく予定ですので、是非参考にしていただければと思います。

【キャロットクラブ2024募集馬リスト】血統から見る注目馬・エピファネイア産駒のおすすめ馬は…?

✔この記事を書いた人

ブログ予想開始初週の中山記念で3連単【31万馬券】を的中させ、その後NHKマイルで【29万馬券】、18年の共同通信杯で【56万馬券】、22年のプリンシパルステークスで3連複【30万馬券】3連単【140万馬券】を的中させた管理人、ゆうちゃりすの競馬ブログ

→詳しいプロフィールはこちら