【京都2歳ステークス2020予想】キャピタルステークス他

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の阪神メイン、京都2歳ステークスの予想を。バスラットレオン、グロリアムンディ、ワンダフルタウン、ラーゴムなどが出走する芝2000mのG3レース。

今週も週中の地方で◎ダノンファラオ☆ロードブレス〇ウェスタールンドの本線馬券、3連単でドカンと回収して週末を迎えるという最高の形で駒を進める事が出来ました。

浦和記念予想結果

1着◎ダノンファラオ
2着☆ロードブレス
3着〇ウェスタールンド

単勝 440円

馬単 1,360円

3連単 4,820円

ここは迷いなしの本命、対抗でしたので、この配当は美味しすぎました。あまり人気がなかった▲タービランスが惜しくも4着という結果だったので、これが馬券に絡んでいれば相当配当も跳ねましたが、ここは仕方なし。

更に先週の勝負レースは日曜こそ相手抜けで取り損ねてしまったものの、土曜、月曜でド本線大爆発が2本。

奥多摩ステークス予想結果

1着〇ビッククインバイオ
2着◎ウィンドライジズ
3着▲アーデンフォレスト

ワイド 4,910円 6,730円

3連複 30,800円

東京スポーツ杯2歳ステークス予想結果

1着ダノンザキッド
2着タイトルホルダー
3着◎ジュンブルースカイ

3連複 2,170

馬連 1,330

自身の生命線である東京芝1400m戦で帯一歩手前の大回収、東京スポーツ杯2歳ステークスもほぼ1点勝負でドカンと回収と得意の非根幹距離の予想がハマりにハマる結果に(今思えば◎サムシングジャスト〇シャドウディーヴァで18万馬券をハメた府中牝馬ステークスも非根幹距離でした)。

今週も土曜から面白そうなレースが組まれていますので、ジャパンカップの前に大回収して先週のように超余裕残しで日曜を迎えたいと思います。

特に京都2歳ステークスは3連単まで刺されば武蔵野ステークス、奥多摩ステークスのような大回収も夢ではなさそうなので、土曜はこの読みがハマる事を祈ります。

【京都2歳ステークス2020予想他】11月28日勝負レース

武蔵野ステークス、奥多摩ステークスと大回収するもあと一歩で帯を取れない結果が続いているので、今週こそ、という気持ちは強い。

京都2歳ステークス、キャピタルステークスのどちらかはブログで公開する予定でしたが、土曜は強めに買いたいレースがこの2レースという事になってしまったので、ブログでは過去に謎の40万馬券を的中した事のある銀嶺ステークスの予想を公開しておきます(このネタはまたどこかで)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大勝負レースジャパンカップ!

3強に割って入る穴馬をこっそり教えます!

【ジャパンカップ注目穴馬】

天皇賞秋注目馬5選

ダノンキングリー
フィエールマン5人気→2着
クロノジェネシス2人気→3着
アーモンドアイ1人気→1着
スカーレットカラー

富士ステークス注目馬5選

サトノアーサー
ヴァンドギャルド5人気→1着
スマイルカナ
シーズンズギフト
ケイアイノーテック6人気→3着

秋華賞情報注目馬5選

リアアメリア
ウインマイティー
ソフトフルート9人気→3着
デアリングタクト1人気→1着
パラスアテナ

毎日王冠情報注目馬5選

ザダル
ダイワキャグニー4人気→2着
サンレイポケット5人気→3着
サトノインプレッサ
サリオス1人気→1着

【ジャパンカップ注目穴馬】

銀嶺ステークス

本命はデピュティプライム

追い込み一辺倒だった時期は不発の連発だったが、ある程度の位置を取れるようになって以降、一気に成績が安定。

前走は先行して大きく垂れているが、1600mという距離は現状この馬には長く感じたので、楽々追い込み馬などに飲み込まれてしまった事などは全く気にする必要はないだろう。

久々は走らないタイプなのでここを使った次が狙い目なのかもしれないが、得意の東京1400m戦での競馬なら適性の高さだけで上位に食い込んでくる可能性もそれなりに高そうなので、前走馬券に絡んだ馬がゼロという理由などで票がばらけるようなら走る方に賭けてもいいのでは。

対抗は人気ブログランキングへ

未知な部分は多いが、かなりの低レベル戦となった今回は前走を使われた上積みなどを考えると案外楽勝まであるかもしれない。道中の位置取りが全く読めないので本命にする勇気はなかったが、鞍上がまともな位置を取る事が出来れば、という感じになると思うので、後はこの大荷物をどう判断するか。

◎デピュティプライム
人気ブログランキングへ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

相手が全く絞れないので馬券は◎~馬連や単勝、◎~〇~総流しなど軽く買って事故を待ちたい。

京都2歳ステークスの予想やその他勝負レースはnote内にて公開しています。

【京都2歳ステークス2020予想他】11月28日勝負レース

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第40回 ジャパンカップ(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

馬場の高速化や香港国際競走が日程的に近い影響もあり、有力外国馬が来なくなって久しいが、今年のジャパンカップは世界中のホースマンも間違いなく注目するであろう1戦となった。

無敗の3冠馬2頭が顔を揃えるだけではなく、現役最強馬と目されるアーモンドアイの参戦が決まり、3冠馬3頭が激突するという前代未聞の頂上決戦が実現。

世紀の一戦に向け、競馬界の盛り上がりも最高潮と言っても過言ではない。

だが、世間が喧伝するであろう“3強”で、必ずしも決まるとは限らないのが競馬だ。

早くからジャパンカップ参戦を視野に入れていたコントレイル、デアリングタクトに対し、アーモンドアイは香港遠征が本線と考えられていた。

では、なぜコチラに矛先を向けてきたのか?

表向きには「コロナ禍のリスクを避けるため」「3歳の2頭を負かせば最強をアピールして引退できる」との理由が出ており、確かにそういった思惑もあるだろう。

これまで世間の声を黙殺してまで“使い分け”を徹底してきたノーザンFが、敢えてアーモンドアイを出走させるのには、それ相応の重大な理由が隠されている。

我々が掴んでいる『禁断のオフレコ情報』が、ジャパンカップ的中のカギを握っていることはまず間違いない。

そもそも3冠馬以外にも、サートゥルナーリア、グローリーヴェイズ、キセキ、ワールドプレミアといったGI馬が参戦を予定している。『甘んじて脇役を』と言うような面々ではないことも、決して見落としてはならない。

まして、ジャパンカップの1着賞金は3億円、5着でも3000万円が入るビッグレース。どの陣営も必然的に力が入り、本音を公言しても何のメリットもなく、世間にはごくごく普通のコメントを出すのは当然。

無論、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、そして重賞メイン特捜部を率いるサクラスターオーの平井雄二と、名馬に携わった元JRA騎手、調教師を情報ルートとして擁する弊社シンクタンクは、業界最高峰の情報網を駆使してあらゆる関係者の本音、裏事情を隅々まで把握している。

世間の盛り上がりのみならず、古くからの会員様には「ジャパンカップと言えばシンクタンク」と仰る方もいるように、ドル箱GIのひとつとして弊社も力が入っているレースでもあり、今週は広く『本物の関係者情報』を知っていただくべく、特別に馬券候補が簡単に絞れる【情報注目馬5選】を無料公開する。

世紀の一戦を思う存分楽しむためにも、ぜひご覧いただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第40回 ジャパンカップ(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク