【京都大賞典2020予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、京都大賞典に出走を予定しているキセキ、キングオブコージ、グローリーヴェイズ、タイセイトレイル、ダンビュライトの最終追い切りに関する記事を。

なお、本日大井で行われるレディスプレリュードの予想は既に更新済みです。

レディスプレリュード2020予想】

昨日行われた東京盃は◎ジャスティンが押し切るも、相手がどちらも△評価の馬だったので当たったのは単勝と馬連のみ。馬連がそこそこついたのは良かったですが、ビシッと3連単を当てたかった。今日こそは…。

予想オッズ

1 キセキ 2.9
2 グローリーヴェイズ 3.3
3 キングオブコージ 3.8
4 ステイフーリッシュ 6.1
5 パフォーマプロミス 9.9

2020年追い切り注目馬後半

タイセイアベニール 2人気4着
サクラトゥジュール 4人気6着
ミッキーワイルド 7人気13着
マイネスサーパス 4人気11着
ベストアプローチ 4人気10着
ミッキーブリランテ 7人気5着
ゴールドクイーン 4人気16着
カリビアンゴールド 5人気5着
穴レッドアネモス 11人気1着
アナザートゥルース 5人気3着
ミヤジコクオウ 2人気2着
アストラエンブレム 7人気9着
ノーブルマーズ 5人気5着
ブライティアレディ 16人気11着
ノームコア 2人気1着
フィアーノロマーノ 3人気10着
ブルーバード 5人気10着
モントライゼ 1人気2着
ジナンボー 3人気2着
ウインマイティー 2人気6着
スマイルカナ 3人気2着
クラヴァシュドール 2人気5着
サトノフラッグ 1人気2着
クレッシェンドラヴ 4人気4着
コントレイル 1人気1着
グレートタイム 4人気9着
ダイアトニック 5人気13着

先週は人気馬の追い切りが良くみえつつもあえてそれなりの人気馬を推しとしましたが、残念ながらどちらも惨敗。ただ、馬券はボロボロかと思われましたが、最後の最後に凱旋門賞で何とか最低限の結果は出せたので、今週も勢いそのままに良い流れに乗れたらと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【第71回 毎日王冠(G2)】

今年の3歳馬を軸にするのは危険!

おすすめしたいのはアノ人気薄確実の古馬!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

京都大賞典最終追い切り

キセキ

以前までは頭の高さと頸差しの硬さが目立っていた馬ではあるが、歳を重ねてフォームが沈むようになっており、頸差しの硬さもいくらか改善されている。それでもまだ頭は高い部類に入るが、この馬の過去の動きとの比較になるとこれでも頸は使えている方だろう。

可動域が少し狭い点や休み明けらしくトモがいくらか緩く見える点など、所々仕上がりの甘さは感じられるものの、それでも毛艶が抜群な点や息遣いなどを見ると前哨戦としては上々の仕上がりと言えるので、ここはまずまず力は出せる出来にあるとみる。

キングオブコージ

頸は硬いがフォームには柔らかみがあって身体もしっかりと使えている。ただ、胸前が広い影響なのか、脚と頸を出すタイミングが時折合わず、身体を使えている割には伸びがイマイチに感じてしまうので、その点がやはり久々の影響と言えるか。

それでも内面にしっかりとスイッチが入っている点や最後まで脚を使い切れている点など、この父らしさが動きに反映されている点は評価出来るので、動きは特別目立たなくともそれなりに怖さはある馬と言えるのでは。

グローリーヴェイズ

いつものように全体的な線の細さは目立っているが、大きな発汗もなくイレ込みは見られない。トモや肩の筋肉のボリュームは多少欠けているように見えるも、可動域の広さは素晴らしく、身体を大きく使ってグイっと伸びる姿は圧巻。

それなりに負荷をかけられているとはいえ、追われてからの伸びもなかなかのもので、追えば追うだけどこまでも伸びていきそうな勢いと手応えを感じられたのが今の充実度と出来の良さを示しているか。前走は不甲斐ない結果に終わったが、出来はその前走時と比較しても劣っているようにも思えないので、この出来であれば巻き返し濃厚と言えるのでは。

タイセイトレイル

フォームや馬体は可もなく不可もなくといった感じも、動きは高いレベルで安定している。先週同様に長めに追われたが、徐々に加速してスピードをしっかりと最後まで維持出来ているので、血統通りスタミナを活かすような展開になれば出番がありそう。ただ、このメンバーの中に入るとかなり地味な動きに見えてしまうだけに、格下感は否めないか。

ダンビュライト

少し後脚は流れるが、フォームと重心のブレは見られない。良い頃の動きと比較すると可動域が狭くこじんまりとした走りになっているが、それでもこの馬なりにしっかりと動けてはいるので、現状これ以上の動き、出来を求めてしまうのは酷かもしれない。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第71回 毎日王冠(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

秋の東京開催開幕週を飾る伝統の一戦毎日王冠は、秋の天皇賞に向けて重要な前哨戦であり、マイルCSを睨む一流マイラー達の参戦もあって、G2ながらハイレベルなメンバーが揃うレースとして知られている。

そして、3歳馬と古馬の一線級が初めて顔を合わせることも多く、サイレンススズカ・エルコンドルパサー・グラスワンダーの3頭が出走した1998年は“伝説のG2”として今なお語り草になっているほど。

注目度だけで言えば、GIに劣らぬレースであると言えよう。

しかし、あくまでも前哨戦のG2であることは揺るぎない事実。

GIを本気で狙う陣営であれば、メイチに仕上げて参戦することはなく、「8分くらいの仕上がり」で出すのが当たり前。

また、今後の路線を決めるのに適した鞍であり、ココの結果如何で天皇賞へ進むのか、はたまたマイルCSやローカル重賞へ行くのかなど、試走と捉えている陣営も。

一方で、

「GIに出るために何とか賞金加算を」
「GIじゃキツイからココなら」

と、勝負をかけてくる陣営も存在する。

こうした思惑の差が、馬の能力だけでは決まらない“番狂わせ”を引き起こす一因となる。

毎日王冠を攻略するには、馬の能力と陣営の思惑を的確にジャッジする情報力が問われることになる。

今年は現3歳世代でNo.2のサリオスが参戦を予定しているが、古馬陣にはGI級が見当たらず、この馬が人気になることは必定だろう。

だからと言って、サリオスが当確と言えば気の早い話。

新潟記念では3歳トップレベルと目されていたワーケアが10着に完敗。

神戸新聞杯はコントレイルの完勝に終わったが、3着に1勝馬ロバートソンキーが見せ場タップリと好走したことで、この世代の牡馬の全体レベルに疑問を呈する関係者の声もある。

色々な意味で、サリオスの走りに注目が集まると言っていい。

弊社シンクタンクには、名馬サクラスターオーの調教師としてられる平井雄二元調教師が率いる重賞メイン特捜部が存在し、各馬の能力分析から陣営の思惑など、あらゆる角度からじっくりと時間をかけて検討し、馬券になる馬を的確にジャッジできる態勢を整えている。

既に、サリオス以外に馬券のカギとなるであろう情報馬も掴んでおり、週末が待ち遠し状況。無論、情報は常に入ってきており、臨機応変に対応できるのも、レース当日に情報をお伝えできる弊社の強みとなる。

そこで、今週はシンクタンクの情報力を体感してもらうべく、毎日王冠の関係者情報と馬券候補が簡単に絞れる【情報注目馬5選】を特別に無料公開。

馬券を当てたい方は無論、競馬をもっと深く知りたい方も、ぜひこの機会にチェックしていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第71回 毎日王冠(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク