【京都金杯2023予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は5日の中京メイン、京都金杯に出走を予定しているオニャンコポンの追い切り、過去に関する記事などを軽く。

2023年1月5日(木曜) 1回中京1日
第61回スポーツニッポン賞京都金杯GⅢ
4歳以上 オープン(国際)(特指)ハンデ
コース:1,600メートル(芝・左)

こちらの京都金杯の予想を含めた今年一発目の勝負レース予想はnoteで公開しています。

【京都金杯2023予想他】1月5日勝負レース

例年通り今日、明日ぐらいまでは正月モード更新となりますので、年明けらしく緩く更新していこうと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

お年玉レース東西金杯!

今回に限り特別に東西金杯の穴馬を公開します!

【特別情報注目穴馬5選】

使い方は自由自在!
競争馬のプロが教える馬券候補5頭!

ファンタジーS情報注目馬5選

⑤ブトンドール(2人気)→2着
⑥レッドヒルシューズ(5人気)→3着
⑧リバーラ(10人気)→1着
⑩バレリーナ
⑪アロマデローサ

馬連 1万1350円
3連複 3万7070円
3連単 46万7700円

アナタ使い方次第で高配当も狙える!

【特別情報注目穴馬5選】

京都金杯過去・追い切り他

【過去5年成績】

18年
ブラックムーン 牡6 4人気
クルーガー 牡6 3人気
レッドアンシェル 牡4 1人気

19年
パクスアメリカーナ 牡4 1人気
マイスタイル 牡5 5人気
ミエノサクシード 牝6 11人気

20年
サウンドキアラ 牝5 3人気
ダイアトニック 牡5 2人気
ボンセルヴィーソ 牡6 14人気

21年
ケイデンスコール 牡5 12人気
ピースワンパラディ 牡5 2人気
エントシャイデン 牡6 14人気

22年
ザダル 牡6 7人気
ダイワキャグニー セ8 11人気
カイザーミノル 牡6 2人気

過去5年で1人気が馬券に絡んだのは僅か2頭のみという人気馬がアテにならないレースで、4年連続で二桁人気の馬が馬券に絡んでいる波乱度は非常に高いレースと言える。

【過去5年前走】

18年
リゲルS 5
マイルCS 7
リゲルS 1

19年
リゲルS 1
中日新聞杯 8
ターコイズS 9

20年
リゲルS 3
マイルCS 10
渡月橋S 1

21年
オーロC 6
キャピタルS 1
リゲルS 10

22年
富士S 7
武蔵野S 8
天皇賞秋 14

5年中、4年で馬券に絡んでいる前走リゲルステークス組が注目ローテではあるが、G1で大敗した馬の巻き返しも多々見られるレースでもあるので、今年も相手ダウンでパフォーマンスを上げてきそうな馬には注意が必要。

【有力馬追い切り】

オニャンコポン

変則開催という事もあってまだまだ馬体に緩さが残っており、その影響もあって脚捌きに素軽さを感じられないというのが現状ではあるが、身体を大きく使った迫力のある動きは素晴らしく、手応え以上にしっかりと走れている点は評価しておきたい。

ただ、やはりというか馬体が馬体なだけに、最後の息遣いや手応えを見るとまだまだ内面にもスイッチが入り切っていない印象を受けてしまうので、このひと追いでどこまで絞れてくるかがカギを握っているのでは。

最後に今年の注目穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 最強ブログランキングへ

極端な外を引かなければ面白さがある一頭。去年は本命、対抗馬が馬券に絡み、年明け早々にお年玉配当をゲットした相性の良いレースですので、今年も当然狙います。

こちらの京都金杯の予想を含めた今年一発目の勝負レース予想はnoteで公開しています。

【京都金杯2023予想他】1月5日勝負レース

□■□■□■□■□■□■□■□■□

東西金杯(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

初日の出、初夢、初詣など、新年は何かと縁起を担ぐもの。

競馬界も同様で新年の初勝利は格別のものがあり、最初の重賞ともなればなおさら。

スポンサーである馬主、特に個人馬主は会社や事業を持ち、縁起を担ぐ人間も少なくない。金杯の勝利で気分を良くすれば、その場で厩舎スタッフにご祝儀が出ることもあるし、今後の預託に繋がることも。クラブ馬主にとっても会員への大きなアピールになる。

金杯は格付けこそG3だが、それ以上の価値を持つレースとなっている。

新年最初の重賞ということで、一般マスコミは力を入れて情報を流すことで注目度はGⅠ並、ライトな競馬ファンが多数馬券を購入する。

しかし、関係者の勝負度合いの高さに比例して本音や思惑は外部に漏れず、競馬ファンが頼りとする表向きの情報はほぼアテにできない。

さらにハンデ戦という紛れの多い条件で行われるため、一個人の力で攻略できるレースではない。

万馬券決着は当たり前、特大配当が頻発している過去の結果からも明らかだ。

弊社シンクタンクは創業1994年から情報網を構築し、現在も増沢末夫、平井雄二、安田富男といった元騎手、元調教師が在籍。トレセン内外のあらゆるところから情報が集まってくる。

また、プロのスタッフが長時間を費やして、レースやデータを分析して馬券攻略のポイントを洗い出している。

こうした業界最高峰の体制が出来上がっているからこそ、昨年も京都金杯にて万馬券的中を仕留めている。

年明けは新たな試みを行う絶好機、2023年は【本物の関係者情報】で競馬を楽しんでいただくため、東西金杯の情報と狙い馬が簡単に絞れる『馬券候補5頭』を無料公開。ぜひお見逃しなく!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

東西金杯(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク