【京都新聞杯2020予想】本命ファルコニア

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の京都メイン、京都新聞杯の予想を。アドマイヤビルゴ、ディープボンド、シルヴェリオ、ファルコニア、マンオブスピリットなどが出走する芝2200mのG2レース。

その他の追い切りやプリンシパルステークスなどの予想に関してはこちらから。

【追い切り、プリンシパルS予想】

土曜は東京からメトロポリタンステークス、プリンシパルステークス、新潟から谷川岳ステークスの予想を既に更新していますが、今開催はそれなりに手応えを感じていますので、調子が良い内にバンバン数を打ちたいと思います(自粛の関係で暇なだけとも言います)。

まずは午後の東京に芝の1400m戦が組まれていますので、本題の前にこちらの予想から。

東京8R

◎カルリーノ
〇リリーバレロ
▲ランドルーラー
☆穴ルマーカーブル
△穴ダノンハイパワー

当たるか当たらないかは別として本命は枠、コース適性、展開と3拍子揃いそうな本馬で仕方なし。時折出足が付かずに位置取りが悪くなる事もあるので、その癖を考えると今回の鞍上は間違いなくプラスと言える。

脚が溜まれば最後は切れる馬なので、本コースの教科書通りの本命馬への印の付け方の基本である、いわゆる直線で流れ込むというタイプではないかもしれないが、極端なバイアスが発生しない限りはここ以外に本命を打つ事はまずないと思うので、今週も懲りずにベタに印を打って事故を待ちたい。

相手は気の強さからして休み明けから動けるであろう〇リリーバレロと決め手が活きる展開になれば一気に前を飲み込めるだけの脚を持っている▲ランドルーラーが本線も、流れ次第では人気馬の不発も十分考えられるレースなので、☆穴ルマーカーブル、△穴ダノンハイパワーの2頭を中心に手広く買ってみたい。

買い目

3連複 ◎~〇▲☆~印、〇▲☆

3連単 〇▲→印→◎

印を打った相手4頭を重ね買いしてその他の相手に関しては4,11以外は全て買っておく。

※今週も他に面白そうなレースがあればこちらに追記します。

NHKマイル穴馬3頭

NHKマイルカップ(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

NHKマイル(G1)を無料で見る

京都新聞杯

本命はファルコニア

先週の傾向が今週も続くようなら馬券はここから組むのが面白そうなので、まず土曜は何も捻らずに先週までの考えのまま印を打ってみる事に。

前走のスプリングステークスでは直線であっと言う間に後ろから来た馬に飲み込まれてしまったが、スタートが決まらず後方からの競馬になった事もあり、向正面で一気に脚を使ってしまった事が最後の粘りに繋がっているので、タラレバにはなってしまうが当時の馬場や展開を考えるとあのまま脚を溜める競馬に持ち込んでいればまた違った結果になっていた可能性は高かったのではないだろうか。

兄のトーセンカンビーナや姉のカーロバンビーナの持ち場が中~長距離だという事を考えればその全弟であるファルコニアも距離は延びてこその馬といえ、2走前のあすなろ賞の直線での叩き合いで見せた勝負根性の高さからしても能力はまず重賞級なのは間違いないので、実績のある平坦コース替わり、そして待望の距離延長となる今回は無難に勝ち負け争いに加わってくる一頭と言える。

後は最初に触れたように先週の傾向が今週も続くか、という点がポイントになると思うので、仮に今週もその傾向が続くようであれば土日共に京都はボーナスステージ化する可能性も…。

対抗はアドマイヤビルゴ

フサイチジャンクのような人気先行タイプのような気もするが、直線で逃げるキメラヴェリテをあっという間に捉え、抜け出すとそこから一気に着差を広げた前走の若葉ステークスの内容は見た目通りの評価が出来ると思うので、皐月賞を捨ててここを使ってくる以上恥ずかしい競馬にはならないとみた。

今の京都の馬場もこの馬にマッチするので、本命馬が上位に食い込んでくる馬場であれば本馬もセットで馬券に絡んでくる可能性はそれなりに高そう。

▲穴に人気ブログランキングへ

まだまだ未知な部分は多いものの、前走のレース内容からすると今回の条件でもそれなりにやれるだけの力はありそうな馬なので、決め手勝負になれば人気以上の結果があっても驚けない存在。案外距離の融通も利く血統で、母方の血統を考えてもここは面白さしか感じられないだけに、ここまで人気が地味なら当然狙ってナンボのタイプと言えるか。

☆にディープボンド

今の京都の馬場がどうかも、展開を考えるとアザレア賞、皐月賞共に内容は決して悪いものではなかったので、相手ダウンのここなら上位に食い込めるだけの力はあるか。今流れに乗っているトライアル血統なだけに、本番よりも前哨戦で狙いたいタイプ。

◎ファルコニア
〇アドマイヤビルゴ
▲穴人気ブログランキングへ
☆ディープボンド
△マンオブスピリット
△シルヴェリオ
△サペラヴィ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第25回 NHKマイルC(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

創設から早くも四半世紀、古くは『マル外ダービー』として名馬を輩出してきたが、時を経て意味合いも変わってきた。近年はクラシックにこだわらず、適性重視でレース選択をすることが増えたため、桜花賞、皐月賞から有力馬を駒を進めてくることも当たり前となった。

今年も、2歳女王レシステンシアが桜花賞からコチラへ矛先を向けることに。血統面、馬の個性を考えると、この選択もほぼ既定路線と言えるが、その裏には大手牧場の使い分け、すなわちノーザンファームの思惑が見え隠れする。

GI馬だからといって即信用できるかと言えば、そう簡単な話ではない。もともと、目標としていないレースを楽に勝たせてもらえるほど、GIは甘くない。

去年、桜花賞馬グランアレグリアが敗退し、40万馬券決着となったことは記憶に新しいが、NHKマイルCは昔から波乱決着が起こりやすい条件が揃っている。

攻略のカギは、各陣営の思惑を把握すること。すなわち、本物の関係者情報が必要となる。

しかし、5月末まで無観客競馬が続き、トレセンでの取材規制が厳しくなっている中、一般ファンの方々が知ることができる情報は、ますます少なくなってしまっている。

こんな状況でも、こんな状況だからこそ、ぜひとも弊社シンクタンクの情報を頼りにしてもらいたい。

ハイセイコーの主戦騎手だった増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二など、競馬界の大物OBが在籍し、古くから関係者達と信頼関係を築いてきた弊社は、情報ル―トたちが電話、メール、LINEなど個別に連絡をとって話を聞くことができる。これまで同様、シンクタンクの情報力は十二分に生き続けている。

少しでも競馬ファンの助力になるべく、今週はNHKマイルCの関係者情報、そして馬券候補が一気に絞れる【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。この機会に、“本物”を体感していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第25回 NHKマイルC(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

 

スポンサーリンク