【京都新聞杯2020予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の京都メイン、京都新聞杯に出走を予定しているアドマイヤビルゴ、ファルコニア、マンオブスピリット、シルヴェリオ、ディープボンドの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

予想オッズ

1 アドマイヤビルゴ 2.0
2 ファルコニア 5.6
3 マンオブスピリット5.9
4 シルヴェリオ 11.1
5 ディープボンド 14.0

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着
ダノンファンタジー 1人気5着
ペールエール 6人気15着
レシステンシア 1人気2着
タイセイビジョン 1人気1着
サトノフラッグ 2人気5着
ヴァンドギャルド 2人気3着
レッドルレーヴ 3人気7着
フライライクバード 2人気8着
モズベッロ 5人気7着

NHKマイル穴馬3頭

NHKマイルカップ(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

NHKマイル(G1)を無料で見る

京都新聞杯最終追い切り

アドマイヤビルゴ

反応を確かめる程度の軽い追い切りとなったが、フォームの安定感は素晴らしく、追われてからも一瞬で反応出来ていた。身体も大きく使いながら動けており、良血馬らしく積まれているエンジンの大きさはさすがという感じか。

馬体もしっかりと引き締まっているので負荷をかける必要はなかったかもしれないが、出来れば負荷をかけた時にどこまで弾けれるのかを確認したかったので、個人的に今回の追い切りは期待外れといった感じも、動きや脚捌きなどどこを見ても減点材料が見たらない事は確かなので、お釣りを残しつつもしっかりと馬をつくってきた感じはする。

ファルコニア

フォームは大きくブレないが、全体的な動きは硬く、脚も思ったほど前へ出てこない。トモや肩の筋肉量の関係もあって走りに力強さと迫力は感じられるが、その分、かなりスピード寄りの馬体、走りとなっているので、出来れば違う条件で走って欲しいというのが本音となる。ただ、調子に関しては決して悪い印象は受けないので、一応態勢は整ったと思ってよさそう。

マンオブスピリット

馬体にかなり余裕があり、トモの緩さと張りのなさだけが目に付く。馬なりの相手に捻られるような追い切りになっている点もマイナス材料で、しっかりと負荷をかけてやっと調教パートナーを交わせたという感じの追い切りとなっているので、相手との手応えの違いなどを考えれば当然高い評価は出来ない。まだまだ完成途上といった感じになるか。

シルヴェリオ

頭が高く、頸の可動域もかなり狭く感じるが、それでもしっかりとリズムを取って走れており、脚もしっかりと付け根から前へ出す事が出来ている。全体的な走りとしてのバランスも良く見えるが、柔軟性のある馬体と脚の回転の速さに比例しないスピードの乗り方からするとスタミナは豊富なタイプだと思うので、今回の舞台設定に関しては申し分ないとみる。

ただ、まだパーツの甘さが目に付いている事からすると本格化するにはまだ時間がかかるタイプだと思うので、どちらかといえば夏~秋にかけて力をつけてくる姿を見守りたい馬と言えるか。

ディープボンド

馬体の張り目立つ一頭で、トモや肩の筋肉量も非常に豊富。走りに全く硬さもなく、最後まで自分のリズムを崩す事なくゆったりとしたフォームで駆け抜ける姿は素晴らしいの一言。全体的な走りとしてのバランスも十分に取れており、スピードに乗ってそのままの勢いで走り切った点も高く評価出来るだろう。

皐月賞を使ったダメージは全く感じられないどころか、更なる上積みに期待が持てそうな一頭と言えるか。これはまず好調。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第25回 NHKマイルC(G1)>

レシステンシア・3戦無敗馬2頭を
脅かす隠れ穴馬とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の人気別の成績では、1人気【5.0.0.5】、2人気【2.3.1.4】、3人気【1.1.1.7】と1人気が好成績も勝つか馬券圏外の成績となっている。平均配当では、馬連8270円、3連複5万9200円、3連単31万1340円と波乱傾向。

19年ケイデンスコール(14人気2着)、17年リエノテソーロ(13人気2着)、16年レインボーライン(12人気3着)、14年タガノブルグ(17人気2着)、キングズオブザサン(12人気3着)、13年マイネルホウオウ(10人気1着)、12年クラレント(15人気3着)など2桁人気が馬券圏に好走し波乱を演出している。馬連万馬券が4度、3連単では100万馬券を超える特大馬券が出ている。

ステップレース別では(過去10年)、ニュージーランドT組(4勝)、桜花賞組(2勝)、皐月賞組(2勝)・毎日杯組・アーリントンC組がそれぞれ1勝を挙げている。

今年は無傷で毎日杯を制したサトノインプレッサ(3戦無敗)、昨年の2歳女王で桜花賞2着レシステンシア、ニュージーランドTを制したルフトシュローム(3戦無敗)、朝日杯FS2着・アーリントンCを制したタイセイビジョンなど好メンバーが揃う。

昨年は◎アドマイヤマーズ(1着)から14番人気ケイデンスコール(2着)、7番人気カテドラル(3着)で決着し、馬連1万7200円・3連複9万7390円・3連単41万0680円の特大馬券をパーフェクト的中!

一昨年は13人気のリエノテソーロの激走情報を入手し馬連1万7290円、3連複5万0600円の万券ダブル的中をお届け!競馬セブンでは、今年も波乱の立役者となる人気薄の激走情報を独占入手済!今年も一撃で帯封獲得の大チャンス!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『NHKマイルC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク