【共同通信杯2020予想】本命ココロノトウダイ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、共同通信杯の予想を。シングンバズーカ、ダーリントンホール、ビターエンダー、マイラプソディなどが出走する芝1800mのG3レース。

土曜の競馬は重賞はやはり本命を変更して失敗しましたが、京都の洛陽ステークスヴァルディゼールカリビアンゴールド◎アストラエンブレムで決着し、ほぼド本線のドハマり。

カリビアンゴールドが頭なら3連単が後500円ありましたが、重ね買いもそこそこハマって地方の報知グランプリカップに続いての大回収となりました。

今週はいつもの自分らしく攻めると決めていたので、ここでしっかりと結果を出せた事は相当大きいです。

このまま勝ち逃げでもいいですが、大きく買っている時こそ攻めてナンボなんで、とりあえずやれる時はやっておくことにします。

〇オウケンムーン◎サトノソルタス△エイムアンドエンドの50万馬券で帯ってからもう2年。今考えるとあの年の自分は攻める事しか考えてなかったので、勝つ時も負ける時も激しかった気がします。

今年はちょっとした策があるので、ハマった時は狂ったように回収出来る(はず)と信じて今週も我を貫きます。

まずはこちらの予想は軽くになりますが、京都メインの京都記念の予想を。

京都記念

◎穴人気ブログランキングへ

前売りでは人気は全くないが、前走の内容が悪くなかったこの馬から大事故を狙ってみたい。この人気なら相手を手広く取っても馬券に絡めば大回収間違いなしだろう。

その他の追い切りや重賞の予想に関してはこちらから。

【追い切り、重賞予想】

3点勝負買い目を無料公開

共同通信杯

本命はココロノトウダイ

2着馬との着差は大きくなかったものの、3着以下を大きく突き放して勝利した前走のきんもくせい特別がなかなか強烈な内容で、ラストの手応えにまだ余裕があった事を考えるとクラスが上がっても能力は通用する馬と言える。

更にこの時の2着馬であるエヴァーガーデンが次走の葉牡丹賞でも好走しており、葉牡丹賞の3着馬であるダーリントンホールを物差しにすればココロノトウダイの能力の高さは認めざるを得ないのでは。

2年前の3着馬であるエイムアンドエンドと同じ父、エイシンフラッシュ産駒という点にも怖さがあり、あの馬と同じく本馬も差し馬の割には器用さがあるタイプとなっているので、初となる今回のコースでも上手く立ち回れば最後はいつものような脚を使えるのではないだろうか。

一見すると中山向きっぽい点もエイムアンドエンドに似ているので、あの時と同じような感覚で印を打ってみた。

対抗はダーリントンホール

前走の葉牡丹賞は先着を許した馬と通ったコースと位置取りの差がモロに出てしまい3着まで。ただ、エンジンがかかってからの伸びと脚色は目立っていたので、負けて強しといえる内容だろう。

2走前の札幌2歳ステークスでは最後のコーナーで位置を下げる不利があったものの、内に進路を取るとしっかりと脚を伸ばして3着を確保しており、外がよく伸びる馬場だった事を考えると着順以上に評価出来る結果と言える。

血統的に東京替わり(東京のコースというよりも馬場とDコース)はマイナスとも取れるが、雨で馬場が渋る点はおそらくプラスになる可能性が高く、エンジンのかかりが遅いタイプなので広いコースで競馬が出来る事に関してはまずマイナスになる事はないと思うので、この読みが正しければ相手強化となる今回も好勝負に持ち込む事が出来るだろう。

▲に人気ブログランキングへ

馬場が馬場だったので着差などはアテに出来ない面もあるが、それでも素質馬の追撃を凌いで勝ち切った点はそれなりに評価出来るだろう。東京コースで競馬が出来る点もプラスで、前走のような馬場になれば他馬が嫌がる分だけ有利になりそう。

☆にマイラプソディ

ここまで3戦全てが圧巻の内容で、前走の京都2歳ステークスでも完全に勝ちパターンに持ち込んだミヤマザクラを楽々差し切っている点からしても能力の高さは相当な馬と言えるか。ただ、今回も頭数は揃わなかったとはいえ、これまで少頭数での競馬しか経験出来ていない点は気になるポイントで、案外厳しいレースになれば逆のあっさりがあるかもしれない。

どちらにしてもここは圧倒的人気に支持される事になると思うので、それなら様子見程度の印で誤魔化すのも悪くはないだろう。

◎ココロノトウダイ
〇ダーリントンホール
人気ブログランキングへ
☆マイラプソディ
△ビターエンダー
△シングンバズーカ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 共同通信杯(G3)>

クラシック登竜門に世代を代表する
素質馬が出走!!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人気馬の成績では、1人気[1.3.2.4]、2人気[2.2.1.5]、3人気[4.2.2.2]。1人気で優勝したのは14年イスラボニータ1頭のみと信頼度は低い。平均配当では、馬連2470円、3連複1万1630円、3連単8万1880円。上位人気馬が揃って馬券圏を外すことはなく、二桁人気馬の伏兵も18年のエイムアンドエンド(10人気3着)1頭のみが馬券圏に好走と、大波乱になるケースは少ない。

昨年の覇者ダノンキングリーは皐月賞3着・日本ダービー2着・毎日王冠1着とGI・重賞でも活躍。2着馬アドマイヤマーズもNHKマイルC1着・香港マイル1着とGI2勝の活躍。過去にも名馬を送り出しているクラシック登竜門。

今年は無傷の3連勝中マイラプソディ、ココロノトウダイ(3戦2勝)、サトノゴールド(2戦1勝)、ダーリントンホール(3戦1勝)、フィリオアレグロ(1戦1勝)などが参戦。競馬セブンでは、早くから「クラシック候補生」と言われていた陣営の勝負情報を入手済!クラシック路線での活躍が期待できる勝負馬とは!?週末情報はお見逃しのないようにご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『共同通信杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク