【マーキュリーカップ2018予想】本命ミツバ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は盛岡メイン、マーキュリーカップの予想を。ザイディックメア、ヨシオ、マイネルバサラ、ミツバ、フェニックスマークなどが出走するダート2000mのjpn3レース。

先日のジャパンダートダービーのようにしっかりとここも決めたいところ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第66回 中京記念(G3)>

マイル重賞となった2012以降、上位人気馬(1~3番人気)の優勝はなく、1.2人気が馬券圏に入ったのは2017(グランシルク・2人気1着、ブラックムーン・1人気3着)の1度のみ。平均配当では、馬連1万1970円、3連複3万5490円、3連単23万3330円、馬連万券が3度、3連単10万馬券以上が4度もあり波乱の傾向。

競馬セブンでは今年も高配当の使者と成り得る人気薄激走情報馬の存在を極秘スクープ!今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『中京記念・3点勝負』を特別公開。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


3点勝負買い目を無料公開

マーキュリーカップ

本命はミツバ

去年のこのレースの勝ち馬で、その時よりもハンデは1キロ重くなるが、その後の活躍を考えると55キロならまず格好はつけてくるか。

前走の平安ステークスは4着に敗れているが、かなり厳しい位置取りから追い上げており、勝ち馬との着差も僅か0.3秒差であれば評価出来るレース内容。アンタレスステークス、名古屋大賞典共に2着もこちらも着差は僅か。

そもそもJBCクラシックでサウンドトゥルーやケイティブレイブといった強豪馬を相手に3着という実績はここでは抜けている印象で、チャンピオンズカップでもスローペースの中で後方からレースを進め、最後は大外から脚を伸ばし勝ち馬から0.4秒差まで追い上げてきた内容を考えると、今回の相手であれば負けられないぐらいの気持ちだろう。

乗り難しさがある馬なので、乗り慣れている松山が続けて乗れる点もプラス。コース実績もあるだけにここはまず勝ち負けとみる。

対抗はフェニックスマーク

ここまで4連勝中ともっとも勢いのある馬。前走のブリリアントステークスは直線で並ばれてしまい、飲み込まれてしまうと思ったところでもう一度2着以下を突き放す強い内容で勝利。着差こそ大きいものではなかったが、内容的には完勝と言えるもので、最後の手応えをみてもまだまだギアを隠し持っている感じもする。

ある程度の位置で競馬が出来る器用さもある馬だけに、初となる盛岡も大きく割り引く必要もないだろう。ミツバがあっさりと勝ち切ってくるようなタイプではないだけに、頭の可能性を考えるとこちらに分があるのかもしれない。

▲に人気ブログランキングへ※ヨシオ

おそらく人気は地味だとは思うが、この馬の競馬を考えると今回のコースであれば怖さがある1頭。盛岡の2000mであれば距離も問題なさそうで、格下感はあるものの、適性の差で上位に食い込んでくる可能性は十分考えられるだけに、ここは思い切って印を上げて馬券を組みたい。

最後に他馬とのハンデ差があるのは楽ではないと思うが、中距離実績豊富で今回のコースであれば立ち回りの上手さを活かせそうな☆マイネルバサラまで印を打っておく。

◎ミツバ
〇フェニックスマーク
人気ブログランキングへ※ヨシオ
☆マイネルバサラ

▲はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第66回 中京記念(G3)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

他のサマーシリーズとは違い、僅か3戦のみとなるサマーマイルシリーズ。しかし、チャンピオンになるためにはシリーズ対象レース1勝以上し、ポイントが12点以上必要となるため、最低でも2つのレースには参戦しなければならない。

にも関わらず、2戦目となる関屋記念までは中2週と日程がタイト。最終戦の京成杯AHまで視野に入れれば、ある程度ローテーション的には楽になるが、中京記念と関屋記念が左回りで直線の長いコースで行われるのに対して、京成杯AHは枠順によっての有利不利が大きい小回りの中山マイルと、求められる適性がかなり違う。

そのため、3戦全てで好走させるのは至難の技であり、各陣営もサマーマイルシリーズのチャンピオンを狙うために『どこで勝負し、どこを捨てレースとするのか』を計算しているのは言うまでもない。

第1戦目となる中京記念はハンデ戦、ココで勝負を懸けるのであれば前哨戦を凡走しハンデを軽くする作戦を取るケースもあるが、第2戦の関屋記念を勝負と見れば、ココは賞金を加算しない程度の好走を狙うパターンもある。また、サマーシリーズのことなど全く考えず、秋に向けて賞金加算を求めて必勝態勢で臨む陣営もおり、各馬の思惑は様々なのだ。

マイルのハンデ重賞となった2012年以降、6年連続万馬券決着、その内4年が20万馬券以上の大波乱決着となっており、一般競馬ファンにとっては難解なレースという印象が強くなっている。確かな情報を持たなければ、まず的中させることなど不可能と言えるが、この状況こそ、シンクタンクの情報力がより生きる舞台。ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師など競馬界の大物OBが在籍し、一般には出回らない『本物の関係者情報』を入手することが出来るからだ。

そこで、今週は元調教師・平井雄二氏が率いる重賞特捜部がお届けする中京記念の【3連単勝負馬券】を、まだシンクタンクの情報を体感されたことがない方を限定で特別無料公開する。この機会を、是非とも見逃さないで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第66回 中京記念(G3)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

 

スポンサーリンク