【マーキュリーカップ2020予想】本命ヒストリーメイカー

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は21日の盛岡メイン、マーキュリーカップの予想を。マスターフェンサー、デルマルーヴル、アポロテネシーなどが出走するダート2000mのJpn3レース。

今週は地方競馬ラッシュなので、先週の予想結果もこちらで軽く触れておきます。

函館2歳ステークス予想結果

9着◎リキサントライ

断トツ人気のモンファボリが怪しいレースだったので思い切って狙いましたが、肝心の本命が見せ場なし。狙いとしては悪くなかったと思いますが、ここはちょっと難しかった。

函館記念予想結果

15着◎スズカロング

こちらも上位人気馬が怪しかったので狙いましたが、さすがに2,3着馬は買えても頭の馬は買えず。

中京記念予想結果

2着◎ラセット

時間の関係で本命馬のみの公開となりましたが、結果は痛恨。強烈なバイアスが出ていた事もあってこちらのレースも思い切って狙い撃ちしましたが、上位評価していたエントシャイデンは来るもメイケイダイハードまでは印が届かず。

結局3連系は外してしまい、当たったのは最低限のワイドのみ。

日曜に細かく単勝などを当て続けた事もありますが、一応この1レースだけで今週は何とか捲る事が出来たので、まずは勝てた事を喜ぶべきかもしれませんが、それでも単勝、いや連複ぐらいは欲しかった…。

ただ、去年の◎クリノガウディーから夏の重賞で連勝、爆発が続きましたので、今年も一応波に乗れたという事にして得意のアイビスサマーダッシュで大振り出来たらと思っておりますのでご期待下さい。

しかし昨日のWIN5を外された方は痛恨でしたね。自分もモンストールが新潟2歳ステークスを勝利した時のWIN5でリーチをかけて外したという苦い思い出がありますので、その時を思い出しました…。

人気薄を買えて最後の人気が何故買えないのか。そう思う人がほとんどなのかもしれませんが、自分にはその人気薄を買えて人気が買えないという気持ち、すごくわかります。

実際に直近では宝塚記念の◎モズベッロでやらかしてますしね。モズベッロなんて買える要素しかなかった。ただ、人気馬は何故買えるのか…。未だに分かりません。

では、前置きが長くなりましたが、ここからは地方競馬の話へ。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

先週行われたスパーキングレディーカップは▲ファッショニスタ〇メイクハッピー◎サルサディオーネのド本線決着。でしたが、出来れば本命馬が2着の馬券が欲しかったので、ここは重ねたド本線馬券が引っかかっただけの普通のプラス収支で終了。

この印であればプチ爆発ぐらいは欲しかったですが、これも競馬。今週の地方競馬ラッシュで大きくプラスを出したいと思います。

なお、週末のアイビスサマーダッシュに関する記事は後日更新する予定です。

マーキュリーカップ

本命はヒストリーメイカー

前走の平安ステークスではオメガパフューム、ヴェンジェンス、ゴールドドリームといった強豪馬を相手に正攻法の競馬で堂々の4着。他馬とはハンデ差があったとはいえ、スワーヴアラミスを交わして上位に食い込んできた事や通ったコースを考えると素直に評価出来る内容と言えるので、相手が一気に楽になる今回はまず勝ち負けになる一頭と言えるだろう。

2走前のレースでも実力馬であるクリンチャーを下して勝利しており、あのレース内容からすると距離が延びて良さが引き出るタイプだと思うので、今回の距離延長もまずプラスに転ぶのでは。

後はコース形状的に道中の位置取りが気になるが、決して出足がつかない馬ではないので、その点は鞍上が上手く考えて乗ってくるか。

対抗はマスターフェンサー

前走のコースがツボの馬なので今回のコース替わりはプラスになるとは思わないが、それでもこれまでの実績や戦ってきた相手を考えるとここも恥ずかしい競馬にはならないと判断。案外前々で上手く立ち回れる器用さもある馬なので、こちらも位置取りに関しては心配する必要はないだろう。

▲にデルマルーヴル

フェブラリーステークスは大敗しているが、ひと癖あるコースでの距離延長となる今回はさすがに前走のような事にはならないのでは。案外距離の融通が利くという点にも怖さがあるが、何よりここは大敗ローテが一番の買い材料となるので、ここは大幅な変わり身に期待が持てる一戦と言えるだろう。

☆にアポロテネシー

ワンパンチ足りない競馬が続いているが、常にそれなりに力のある馬を相手に善戦しているので、出番があるとすれば相手に恵まれた今回という事になるのでは。ただ、どちらかといえば極端に距離を短縮したタイミングなどで厚い印を打ちたい馬なので、ここはおきまりの掲示板止まりが炸裂する可能性も十分考えられるとみて印は4番手までとした。

◎ヒストリーメイカー
〇マスターフェンサー
▲デルマルーヴル
☆アポロテネシー

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは印を絞って勝負してみたい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第20回 アイビスSD(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

競馬予想の上で、競走成績は間違いなく基本となる1つ。過去の実績、持ちタイム、成績や内容は間違いなく参考にすべき情報であり、特に近走の成績は重要となる。予想する上で、これまでのレースを線として捉える分析力が重要となる。

だが、線で考える以上に、点として考えねばならぬレースがいくつか存在する。それが『千直』だ。中央競馬で直線競馬は新潟芝1000mのみでしか行われておらず、かなり特異な条件。競走馬には様々な個性がある中、『千直巧者』と呼ばれ、この条件でしか十分に力を発揮できない馬すらいる。

必然的に、出番が限られる『千直巧者』にとって、年間唯一の千直重賞アイビスSDは最大目標となる。

過去にも、敗戦続きからガラリと変わり身を見せる馬がいれば、抜群の適性の高さと軽量を生かした格下の台頭などあったが、『千直』にどれだけの適性があるのか、各馬を点でジャッジすることが、的中へ近づく重要なカギとなるのだ。

そして、周知の事実ではあるが、千直は枠順の有利不利が出やすいコース。枠順を考慮せずに馬券を買うなど、極めて愚策と言わざるを得ない。

しかし、新聞紙の大半は印刷の関係上、枠順確定前に予想印を打たねばならず、一般ファンが参考にする新聞の印は、至極アテにならないものなのだ。

もちろん、弊社シンクタンクは、業界最高峰の情報力と分析力で、レースと点と線でしっかりと把握し、枠順のみならず、天候、馬場傾向なども検討し、レース当日に結論を出している。

直前まで情報を入手し提供できることのメリットを、限りなく実証している代表的なレースがアイビスSDであり、事実、弊社は現在6年連続的中と、確かな実績を残しているのだ。

アイビスSDで把握しておかねばならぬ情報は、ここで挙げたものはほんの一例、サマースプリントシリーズの1戦であり、そこに絡む各陣営の思惑も、当然、無視できない。

そんなファンの方が頭を悩ませるであろうアイビスSD、今週は特別に弊社に入っている“本物の関係者情報”と、馬券候補が簡単に絞れる【情報注目馬5選】を特別無料公開する。このレースの馬券を的中させたければ、チェックすることをオススメする。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第20回 アイビスSD(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク