【マーメイドステークス2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、マーメイドステークスに出走を予定しているモーヴサファイア、センテリュオ、レーツェル、フローレスマジック、ランドネ、スカーレットカラーの最終追い切りに関する記事を。

予想オッズ

1 フローレスマジック 3.8
2 ランドネ 3.9
3 センテリュオ 3.9
4 モーヴサファイア 5.1
5 スカーレットカラー 12.7

今週はエプソムカップがかなり面白そうですが、こちらのレースもメンバーをみるとそれなりに勝負出来そうなレース。馬券の相性も決して悪くないので、どちらのレースも当てて函館に繋げたいと思っています。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着
グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着
チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着
ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着
ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着
タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着
ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着
ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着
ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着
ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着
ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着
マイネルフラップ 4人気5着
ルックトゥワイス 2人気6着
ダノンスマッシュ 1人気4着
ドーヴァー 1人気7着
ペルシアンナイト 3人気11着
ラッキーライラック 1人気8着
メイショウショウブ 3人気2着
シゲルピンクダイヤ 7人気2着
ヴァンドギャルド 3人気9着
アナザートゥルース 6人気1着
ファンタジスト 5人気13着
フローレスマジック 1人気2着
パクスアメリカーナ 4人気3着
セラピア 1人気14着
ウーリリ 2人気12着
メイショウテッコン 5人気11着
フランクリン 5人気13着
イベリス 11人気16着
ロードクエスト 5人気12着
レッドオルガ 3人気11着
チュウワウィザード 1人気1着
コントラチェック 3人気9着
サートゥルナーリア 1人気4着
ルックトゥワイス 3人気1着
メールドグラース 1人気1着
インディチャンプ 4人気1着

━━━━━━━━━━━━━━━━━

第36回 エプソムC (G3)

昨年は

◎ハクサンルドルフ(4人気:栗東・西園厩舎)
○サトノアーサー(2人気:栗東・池江寿厩舎)
△グリュイエール(5人気:栗東・藤原英厩舎)


3連単【2万8020円】的中

最強の関西情報社チェックメイトが導き出した

エプソムCの3連単勝負買い目

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

マーメイドステークス最終追い切り

モーヴサファイア

先週ビッシリと追われた事もあって今週は軽い調整程度の追い切り。それでもフォームは美しく、脚捌きの軽さが目に付いていた。動きも大きく、筋肉量が豊富な割には馬体に柔らかみもある牝馬らしさも兼ね備えた馬と言える。馬体の張りも抜群なので、まず態勢は整ったと思っていいだろう。好調。

センテリュオ

坂路単走。脚もとや間隔を考えての追い切りとなったが、かなり反応が良く、全体的な走りとしてのバランスもしっかりと取れている。馬に完全にスイッチが入っており、追えば追うだけどこまでも伸びていきそうな手応えがあった。割と綺麗な走りをする馬なので、雨で馬場が渋った時にどうかという不安はあるが、前走のダメージは一切感じられない軽快な動きを披露しているだけに、調子はなかなか良さそうな印象を受けた。

レーツェル

中間にショックウェーブ治療を施すなどここまで決して順調に来れた訳ではないが、今週の動きを見る限りでは大きな問題はなさそう。内臓面への負担を考えて坂路での追い切りとなったが、馬体を併せて負荷をかけられ、真っ直ぐ集中して走れていた。

POG勢や普通の競馬ファンにはわからない部分だと思うが、本馬は歩様や鼻出血、咳などとにかく動き以上に気にしなければならない点が多いので、出資者ではないが個人的にはここまで駒を進めて来た事を称賛したい。奇跡というものは必ず存在すると信じている。

フローレスマジック

外の調教パートナーが邪魔で直線に入った時の動きは確認出来ないが、前走時の動きと比較すると若干脚捌きが鈍く感じてしまう。それでも身体全体を使ってしっかりと動いており、最後の最後まで長期パートナーに食い下がって脚を使い切った。トモの張りや毛艶などは前走時とほぼ変わらないので、多少の出来落ちという評価としておく。

ランドネ

ラチ沿いを走っているが、ラチを頼る事なく真っ直ぐ安定したフォームで走れている。ただ、脚が少しバラバラになっていて、若干ではあるが後脚が外へ流れてしまう。いつものようにスピードに乗り切れなかったのはその点が影響している為だろう。動きも多少小さく感じるので、かなり出来が良かった年明けの時と比べると物足りなさが残ってしまった。

スカーレットカラー

頸の使い方が少し下手ではあるが、頭の高さや位置は安定している。以前から線の細さとパーツの甘さを指摘していた馬ではあるが、歳を重ねても大きく成長した様子は感じられない。トモも薄く、骨格相応の馬体となっているので、走りとしての迫力や力強さは正直物足りない。動きが安定しているので悪い追い切りではないが、これといって何かに特化したような動きでもなかった。平凡。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第36回 エプソムC>

確信の本命馬◎から
○▲穴で好配当を仕留める

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人気馬の成績は、1人気[4.3.0.3]、2人気[4.1.1.4]、3人気[0.3.1.6]と1.2人 気はそれぞれ4勝を挙げている。連対率でも1人気が7連対と信頼度は高い。過去10年、上位人気馬が揃って馬券圏を外すこともなく大荒れする傾向はない。ただ、12年マイネルスターリー(15人気3着)、08年グラスボンバー(12人気3着)など二桁人気の伏兵が馬券圏に好走し3連単では10万馬券の立役者となっている。平均配当では、馬連1340円、3連複9420円、3連単3万7050円。

過去10年の年齢別の成績ではルージュバック、エイシンヒカリ、クラレント、トーセンレーヴ、ダークシャドウ、セイウンワンダー、サンライズマックスが勝ち上がった4歳馬が7勝を挙げ他世代を圧倒している。2着にも5頭が入り4歳馬の活躍が目立つレースだ。

今年は重賞3勝のエアスピネル、18年秋華賞4着馬サラキア、17年オークス馬ソウルスターリングと寮馬のレイエンダ、2連勝中で初重賞制覇を狙うソーグリッタリング、ダノンキングダム、ミッキースワローなどがスタンバイ!実は競馬セブンでは、とある陣営からの勝負情報を独占入手!さらに、人気薄確実な穴馬の激走情報も緊急入手!週末の情報は絶対にお見逃しのないようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『エプソムC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク