【マーメイドステークス2021予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、マーメイドステークスに出走を予定しているアブレイズ、アンドラステ、ソフトフルート、カセドラルベル、ミスニューヨークの最終追切りに関する記事を。

なお、こちらのマーメイドステークスのフル予想を含め、土曜,日曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【マーメイドステークス2021予想他】6月19,20日勝負レース

2021年追い切り注目馬

ククナ 1人気4着
ベッラノーヴァ 6人気3着
グラティアス 1人気1着
アナザートゥルース 7人気2着
サトノフラッグ 2人気11着
モズスーパーフレア 1人気17着
レッドルゼル 1人気1着
トリプルエース 2人気7着
ヨーホーレイク 2人気2着
ククナ 1人気3着
モズベッロ 5人気8着
エフフォーリア 4人気1着
マリアズハート 11人気12着
レッドルゼル 3人気4着
レシステンシア 1人気1着
トーセンスーリヤ 4人気5着
テンハッピーローズ 6人気10着
カレンモエ 1人気2着
ダノンザキッド 1人気3着
サトノダムゼル 2人気8着
エイシンヒテン 4人気11着
デアリングタクト 1人気2着
ルース 4人気9着
ランドオブリバティ 2人気7着
シャフリヤール 2人気1着
カレンブーケドール 1人気2着
マルターズディオサ 9人気8着
スマイルカナ 1人気14着
コントレイル 1人気3着
デゼル 1人気1着
サトノレイナス 2人気2着
ラーゴム 5人気13着
ホウオウアマゾン 1人気1着
ミスニューヨーク 3人気9着
パープルレディー 3人気6着
ユーキャンスマイル 5人気7着
ワンダフルタウン 3人気1着
マカオンドール 2人気3着
グレナディアガーズ 1人気3着
ラウダシオン 1人気1着
レシステンシア 2人気6着
ステラリア 5人気13着
オーヴェルニュ 2人気1着
サトノレイナス 2人気5着
モントライゼ 1人気5着
グロンディーオーズ 1人気4着
インディチャンプ 2人気4着
サンレイポケット 1人気6着
カレンモエ 1人気2着
ヤシャマル 5人気9着

先週の追い切り注目馬はカレンモエが無難に2着。馬券は◎ビアンフェ〇カレンモエで買い目も含めて大きくハマり、土日共にプラス収支で終える事が出来ましたので、得意の東京1400m戦を含めて面白いレースがゴロゴロある今週末も土曜からエンジン全開でぶっ放します。

マーメイドステークス最終追い切り

アブレイズ

相変わらず線の細さは気になるが、最後の鋭い伸びとスムーズな脚捌きを見ると完全に復調したと思ってよさそう。脚と頸を出すリズムも抜群で、最後まで気分よく自分のペースを崩す事なく走れていた点からすると今の暑い時期も合うのだろう。

毛艶、馬体の張り、そして全体的な時計面とどこを取っても大きな不安はないが、欲を言えばもう少し気を表に出している方がこの馬らしいと思えるだけに、この変化が競馬に行ってどう出るか。

アンドラステ

今週もフォームは沈まないが、相変わらず馬体や筋肉の張りは抜群で、広い可動域と力強い脚捌きはまるで牡馬のよう。

内面も適度に活性化している事もあって先週以上に追われてからの反応が良く、スイッチが入るとスッと加速して脚色、手応えを十分に残したままフィニッシュ。

胸の厚みからすると馬体に多少余裕がある事は間違いないが、それでも動きなどを見るとほぼ成長分だと思うので、ここは休み明け一発目から出番があってもいい。

ソフトフルート

先週は脚の回転の速さと飛ぶように走る姿が目に付いていたが、今週は力強い迫力のある動きが目に付いている。

ただ、2週続けてあまり負荷をかけられていない点は気になるので、今回はその分の減点は必要になってくると思うが、それでも馬体は決して緩くは感じないので、先週の併せ馬の内容と総合して考えるとまずまずの追い切りを消化してきたと思っていいのでは。

更に身体の使い方が上手くなっている点からしても案外今が旬の馬なのかもしれないので、前走の勢いそのままに重賞でも、というパターンは十分にあり得る話だろう。

カセドラルベル

以前は骨格に比例しない華奢な馬体が目に付いていたが、良い感じに筋肉が付いた事でグラマーな馬体へと成長した。後脚の癖と頸差しの硬さはマイナスも、身体を大きく使ったダイナミックな走りからするとその癖や硬さもあまり気にならないので、この点に関しては単純な馬の特徴と思っておきたい。

ミスニューヨーク

今週は可動域も広く、動きも先週以上に大きく感じられた。スイッチが入ってからの動きも相変わらず素晴らしく、加速してからの伸び、スピード感、そして脚の回転の速さからすると完全に仕上がったと思っていいのでは。

ただ、これは一週前追い切りの時にも触れたが、近走の追い切り、動きと比較するとこれといって大きな変化は感じられないので、良くも悪くも近走の出来を上手くキープしている状態になるか。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは抜群でしょう。

なお、こちらのマーメイドステークスのフル予想を含め、土曜,日曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【マーメイドステークス2021予想他】6月19,20日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第26回 ユニコーンS(G3)>

有力馬陣営が恐れる
人気薄隠れ穴馬の正体?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬ではカネヒキリ(GI・6勝)、アグネスデジタル(GI・6勝)、タイキシャトル(GI・5勝)、ユートピア(GI・3勝)、ウイングアロー(GI・2勝)など芝のGⅠでも活躍した名馬がいる。近年ではゴールドドリーム(GI・3勝)、ノンコノユメ(GI・2勝)、ベストウォーリア(GI・2勝)などのGⅠ馬を輩出(地方交流含む)。昨年の覇者カフェファラオは21年フェブラリーGI制覇、一昨年の覇者ワイドファラオは地方交流GⅠ(Jpn)を勝ち、18年の覇者ルヴァンスレーヴも地方交流GⅠ(Jpn)を含むGI3勝の成績を残している。

過去10年の人気別の成績では、1人気【3.3.0.4】、2人気【3.2.1.4】、3人気【4.2.3.1】と優勝馬は全て上位人気馬となっている。平均配当では、馬連2770円、3連複9920円、3連単5万1510円。上位人気馬が揃って馬券圏を外すことはない。二桁人気馬の好走は昨年のケンシンコウ(11番人気③着)の1頭のみで荒れるレースではない。

過去10年の優勝馬で、前2走で勝ち星がなかったのはサンライズノヴァとレッドアルヴィスの2頭のみ。所属厩舎では栗東6勝、美浦4勝と関西馬が活躍。1番人気で優勝したのはカフェファラオ、ルヴァンスレーヴ、ストローハットの3頭のみ。

今年は青竜S連対馬ゲンパチフォルツァ、レディバグ、サウジダービーを勝ったピンクカメハメハ、端午S優勝馬ルーチェドーロ、昇竜S優勝馬カレンロマチェンコなどがスタンバイ!

過去10年で8度的中、只今5年連続的中のドル箱ダート重賞!一昨年は◎ワイドファラオから2万2120円の万券含むパーフェクト的中!18年も◎ルヴァンスレーヴから2万2430円の万券含むパーフェクト的中!今年も確信の◎や、人気薄隠れ穴馬の激走情報を極秘スクープ!馬券購入前に必ずご確認ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ユニコーンS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第26回 ユニコーンS(G3)>

有力馬陣営が恐れる
人気薄隠れ穴馬の正体?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク