【毎日王冠+京都大賞典2018予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、毎日王冠に出走を予定しているアエロリット、キセキ、ケイアイノーテック、サトノアーサー、ステファノス、ステルヴィオの最終追い切りと月曜の京都メイン、京都大賞典に出走を予定しているウインテンダネスの最終追い切りに関する記事を。

まずは毎日王冠の最終追い切りの記事から。

その他週末の重賞に関する記事はこちら

毎日王冠最終追い切り

アエロリット

一週前追い切りでもある程度動けていたが、最終追い切りも良く動いた。とにかく脚がしっかりと上がっており、相変わらずフォームは力強い。素軽い動きに欠けていた一週前とは比べものにならないぐらい脚捌きがスムーズで、スピード、パワーどちらも感じられる走り。追われた時の反応の悪さもみられず、久々でも馬はつくられた。

キセキ

動きは軽いが最終追い切りでは身体を大きく使えており、とにかくダイナミックさが目立つ。脚捌きは相変わらず悪い意味で軽いが、今週もそれなりに負荷がかかっており、反応の良さが大きく変わった点からしてまずまずといったところ。ただ、劇的に動いたという感じはなく、G1馬として考えると特別なものは感じられない。

ケイアイノーテック

今週も楽な手応えだったが、追われた時の反応は桁違いに良くなった。軽く仕掛けられただけですっと加速し、スピードに乗った時のフォームは素晴らしい。可動域、トモの張りも上々で、脚もよく上がった。欲を言えばもう少し強く、そして負荷をかけて欲しかったが、仕上がりに感じては申し分ない。

サトノアーサー

前半はもたつくも追われた時の反応は抜群。フォームが独特ではあるが、頸はしっかりと使えており、脚とのリズムも取れている。ひばらのラインをみると少し緩さもあるが、トモの張りをみるといかにも休み明けという感じでもないので、ここは多少の割り引きとしておきたい。がっつりつくってきた感はないが、動きから悪い印象は受けない。

ステファノス

派手な動きではないが、安定したフォーム、脚捌き。パートナーに並んでからなかなか突き抜けなかったが、しぶとく食い下がる仕草を見せており、しっかりと負荷はかけられた。ただ、やはり派手さがない分、強調できるポイントも見当たらず、悪くはないが…という言葉が最も相応しい動きだった。強豪揃いのここは目立たない存在。

ステルヴィオ

少し身体が硬いが、脚の回転は速くスピードは上々。力強さがないものの、もともと若い頃からこんな感じだったのであえて評価は落とさない。外の馬がしぶとかったが、しっかりと前へ出て最後は伸びきった。ただ、動きに変化がないという事は悪く言えば成長力に欠けているという事になるので、正直ここは減点せざるを得ない。

続いて京都大賞典に出走を予定しているウインテンダネスの最終追い切りを。ここは水曜追いが少なかったですね…。

3点勝負買い目を無料公開

京都大賞典最終追い切り

ウインテンダネス

パートナーには先着したが、手応えの違いが大きすぎるのでここは全く参考にならない。全体的に線が細く、動きもいくらか小さく感じてしまう。馬体の張りもイマイチで、可動域も広いとは言えないだけに休み明けの影響は少なからずあるか。当然手応え以上のものは感じられないので、動きから大きく推せるポイントは見当たらない。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

そこそこ高いレベルでの戦いとなりそうですが、動きはどの馬もある程度良く見えた。その中でもこの馬の出来は頭一つリードしている印象。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第69回 毎日王冠(G2)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

天皇賞(秋)の前哨戦のみならず、マイル・中距離路線から様々な有力馬たちが始動戦として選択し、3歳馬と古馬の一線級が初めて顔を合わせることも多く、例年、G2ながらGI級のメンバーが顔を揃えることになる毎日王冠。

今年もアエロリット、キセキといったGI馬に、NHKマイルCを制したケイアイノーテック、クラシック路線で上位争いを繰り広げてきたステルヴィオといった3歳の上位勢が参戦。その他にも、春に同条件のエプソムCで重賞初制覇を果たした素質馬・サトノアーサーなど、好メンバーが出走を予定している。

しかし、実力通りに決まるとは限らないのが前哨戦。なぜならば、GIを本気で狙っている陣営であれば、あくまでココは“叩き台”に過ぎず「8分くらいの仕上がり」で出すことは当たり前だからだ。また「距離を試してみたい」など、今後の路線を決めるための試走であることもしばしば。

一方、GI出走に向けて賞金が足りない馬であれば「ココで何とか加算しないと」と、キッチリ仕上げる陣営もいれば「GIじゃ足りないからココが勝負」と、メイチで送り出す陣営も存在する。馬券を的確に仕留めるには、各馬の能力だけではなく、こうした思惑も把握しておかねばならないのだ。

競馬総合情報社シンクタンクには、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師など競馬界の大物OBが在籍し、業界最高峰とも言われる情報網をトレセン内外に持ち、各陣営の勝負度合いから馬の仕上がり具合などあらゆる情報を入手。どの馬が買えるのか的確にジャッジすることができるのだ。

事実、去年の毎日王冠では、長期休養明けで人気を落としていたリアルスティールについて「ぶっつけで天皇賞に使わざるをえなかった去年に比べると、だいぶ状態はいい」との有力情報を入手し、自信の本命に抜粋。【3連単2万7280円的中】をズバリとお伝えしている。

今年の毎日王冠でも、馬券になれば万馬券必至の『激走穴馬情報』を密かに関係者から入手している。そこで、今週はシンクタンクを初めてご利用頂く方に限り【毎日王冠・3連単勝負馬券】を特別無料公開させて頂く。弊社の実力を知っていただくための特別チャンスを、是非とも見逃さないで欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第69回 毎日王冠(G2)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク