【毎日王冠2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、毎日王冠に出走を予定しているカデナ、コントラチェック、サトノインプレッサ、サリオス、ザダルの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬後半

タイセイアベニール 2人気4着
サクラトゥジュール 4人気6着
ミッキーワイルド 7人気13着
マイネスサーパス 4人気11着
ベストアプローチ 4人気10着
ミッキーブリランテ 7人気5着
ゴールドクイーン 4人気16着
カリビアンゴールド 5人気5着
穴レッドアネモス 11人気1着
アナザートゥルース 5人気3着
ミヤジコクオウ 2人気2着
アストラエンブレム 7人気9着
ノーブルマーズ 5人気5着
ブライティアレディ 16人気11着
ノームコア 2人気1着
フィアーノロマーノ 3人気10着
ブルーバード 5人気10着
モントライゼ 1人気2着
ジナンボー 3人気2着
ウインマイティー 2人気6着
スマイルカナ 3人気2着
クラヴァシュドール 2人気5着
サトノフラッグ 1人気2着
クレッシェンドラヴ 4人気4着
コントレイル 1人気1着
グレートタイム 4人気9着
ダイアトニック 5人気13着

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【第71回 毎日王冠(G2)】

今年の3歳馬を軸にするのは危険!

おすすめしたいのはアノ人気薄確実の古馬!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

毎日王冠最終追い切り

カデナ

少し動きは重いが、先週よりも素軽さが出て脚の回転も速くなっているので、このひと追いで当日までにある程度絞れてくる事が予想される。ただ、いつも以上にエンジンのかかりが遅く感じるのはおそらく気のせいではないと思うので、この反応の悪さが蓄積疲労とも取れなくもないが…。

それでもスイッチが入ってからの伸びは素晴らしく、終いを活かす展開になれば今回の相手であっても突っ込んでこれるだけの脚は持っていると思うので、後は間に合うかどうか、これがポイントになるのでは。

コントラチェック

良発表とはいえ、馬場が重い事もあって全体的な動きは地味だが、この厩舎の追い切りなのでこれはこれとして捉えておく。毛艶や馬体の張りは申し分ないが、近走はいつもこんな感じで馬体や動きは充実しているので、後は馬にやる気があるかどうか、その一点に尽きるか。

ただ、走り方からして馬場が極端に悪化するのはマイナスになる可能性が高いので、当日の天候には注意が必要かもしれない。一応陣営も今回は結果を出せるように色々と策を練っているとの事なので、ここは思い切った競馬をしてくる可能性も十分あり得るか。

サトノインプレッサ

先週は明らかに馬体が緩く、その影響もあって反応がイマイチに感じられたが、今回はある程度馬体が絞れた事もあって動きも一変していた。相変わらずフォームの安定感と軽い脚捌きは素晴らしく、その脚捌きの軽さに比例しない力強さが出てきた事はまずプラスに転ぶだろう。

今回も先週同様に前半からしっかりと追われたが、最後までしっかりと息を保ちながら走り切れていたので、目標を先に置きながらの出来としてはこれで十分と言えるか。

サリオス

こちらも目標が先にある馬なので今週も軽めの追い切りとなっているが、馬は完全に走る気満々という感じで、前半から行きっぷりが半端なく終始脚を余すような動きをしていた。

おそらく負荷をかけていればぶっ飛んでいく程手応えは十分に余っているので、今回はセーブしながらもしっかりと身体を使って動けている事を評価しておきたい。ただ、相変わらず馬体はこじんまりとして見えるので、この辺りが休み明けの影響と言えるか。

ザダル

一週前にビシッと追っているので、今週は息遣いを整える程度の軽い追い切り。馬場が少し特殊だった事もあるので判断が難しいが、動きは良い意味で先週と変わりなく、良くも悪くも平凡な追い切りとなっている。

脚捌きが鈍く感じるのはおそらく馬場の影響なのであまり気にする必要はないが、馬体がいつも以上に寂しく感じてしまう点は多少なりとも割り引きが必要となるか。

それでも先週から追い切り後の陣営のコメントがやけに強気な点は色々な意味で気になってしまうので、この動きでも乗り役はそれなりに手応えを感じているのだろう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第71回 毎日王冠(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

秋の東京開催開幕週を飾る伝統の一戦毎日王冠は、秋の天皇賞に向けて重要な前哨戦であり、マイルCSを睨む一流マイラー達の参戦もあって、G2ながらハイレベルなメンバーが揃うレースとして知られている。

そして、3歳馬と古馬の一線級が初めて顔を合わせることも多く、サイレンススズカ・エルコンドルパサー・グラスワンダーの3頭が出走した1998年は“伝説のG2”として今なお語り草になっているほど。

注目度だけで言えば、GIに劣らぬレースであると言えよう。

しかし、あくまでも前哨戦のG2であることは揺るぎない事実。

GIを本気で狙う陣営であれば、メイチに仕上げて参戦することはなく、「8分くらいの仕上がり」で出すのが当たり前。

また、今後の路線を決めるのに適した鞍であり、ココの結果如何で天皇賞へ進むのか、はたまたマイルCSやローカル重賞へ行くのかなど、試走と捉えている陣営も。

一方で、

「GIに出るために何とか賞金加算を」
「GIじゃキツイからココなら」

と、勝負をかけてくる陣営も存在する。

こうした思惑の差が、馬の能力だけでは決まらない“番狂わせ”を引き起こす一因となる。

毎日王冠を攻略するには、馬の能力と陣営の思惑を的確にジャッジする情報力が問われることになる。

今年は現3歳世代でNo.2のサリオスが参戦を予定しているが、古馬陣にはGI級が見当たらず、この馬が人気になることは必定だろう。

だからと言って、サリオスが当確と言えば気の早い話。

新潟記念では3歳トップレベルと目されていたワーケアが10着に完敗。

神戸新聞杯はコントレイルの完勝に終わったが、3着に1勝馬ロバートソンキーが見せ場タップリと好走したことで、この世代の牡馬の全体レベルに疑問を呈する関係者の声もある。

色々な意味で、サリオスの走りに注目が集まると言っていい。

弊社シンクタンクには、名馬サクラスターオーの調教師としてられる平井雄二元調教師が率いる重賞メイン特捜部が存在し、各馬の能力分析から陣営の思惑など、あらゆる角度からじっくりと時間をかけて検討し、馬券になる馬を的確にジャッジできる態勢を整えている。

既に、サリオス以外に馬券のカギとなるであろう情報馬も掴んでおり、週末が待ち遠し状況。無論、情報は常に入ってきており、臨機応変に対応できるのも、レース当日に情報をお伝えできる弊社の強みとなる。

そこで、今週はシンクタンクの情報力を体感してもらうべく、毎日王冠の関係者情報と馬券候補が簡単に絞れる【情報注目馬5選】を特別に無料公開。

馬券を当てたい方は無論、競馬をもっと深く知りたい方も、ぜひこの機会にチェックしていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第71回 毎日王冠(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク