【毎日王冠2021予想オッズ】一週前追い切り・過去

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、毎日王冠に出走を予定しているダノンキングリー、シュネルマイスターの一週前追い切りに加え、過去、注目ポイントなどを色々と書いていきます。

なお、毎日王冠など土曜,日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【毎日王冠2021予想他】10月9,10日勝負レース

先日お伝えしたように日曜は早朝から不調期の時に行う例の儀式(いわゆる釣り)を行った事もあり、疲労が半端ないですが、儀式の結果はやはり抜群だと感じました。

秋風ステークス予想結果

11着◎ハーモニーマゼラン

勝浦特別予想結果

1着△サトノファビュラス
2着△コスモアンジュ
3着▲プレシオーソ

4着◎メインターゲット

ここは本線を2頭に絞り、相手に人気薄が来るパターンを期待して馬券を組みましたが、見事なまでの3,4,5着。

直線では読み通りそこそこの配当の馬連が引っかかったと思いましたが、何故かあの手応えでも垂れてしまいましたね(まだ軽くしか確認していませんが、少し窮屈な競馬になってしまったかも)。

シリウスステークス予想結果

1着△サンライズホープ
2着△ウェスタールンド
3着△ブルベアイリーデ

4着◎ダノンスプレンダー

本命馬と同じく4着病に泣く。ここも見事なまでの4,5着善戦止まりと上手くハマらずでした。

ポートアイランドステークス予想結果

11着◎ジュンライトボルト

クソ下手くそ予想すみません。

スプリンターズステークス予想結果

1着△ピクシーナイト
2着▲レシステンシア
3着穴シヴァージ

4着◎メイケイエール

ワイド 2,030円

最後の最後まで4着病でしたが、出負けがありはしたものの、ここはほぼやって欲しい競馬はやってくれた。

神戸新聞杯の穴モンテディオ同様にここは本命がダメでも買い方でカバーすると書いたように、穴シヴァージがやってくれはしたが、またまた今週も人気が買えず、3連はハズレ。

ただ、機転を利かせてワイドを買っていたので、スズメの涙程ではありますが凱旋門賞の追加資金ぐらいは確保出来ました。

そして結果的にこのワンパンチ足りなかった送りバントが次の凱旋門賞に繋がる事に。

凱旋門賞予想結果

1着△トルカータータッソ
2着〇タルナワ
3着◎ハリケーンレーン

3連複 16,780円

そこそこ強烈だった夢の3連単まであと一歩でしたが、それでも不動の本命だった◎ハリケーンレーンが最後の最後に仕事をしてくれました。

結果的に道悪の影響もあってなのか、軸は想像以上に人気になってしまいましたが、対抗馬がしっかりとセットで絡んでくれた事もあってここは一応予定通りの回収。

人気になっていたスノーフォールやクロノジェネシスがめちゃくちゃ怪しいレースだったので、この2頭を嫌えた事も当然ですが、△トルカータータッソをギリギリでも拾えた事が全てだった気がします(穴馬はさて置き、仮に対抗馬とセットでなければ、仮にトルカータータッソまで印を回せていなければ超微プラというオチもありました)。

強気に大きな事故を狙った事もあっていつも以上に点数を買ってしまった事や馬連などが刺さらなかった事など、色々と反省する点もあるにはありますが、これは結果論。

本気で帯を狙いに行く買い方をしていたので、当然外れた時の大ダメージも覚悟していましたが、今回はダメージを受ける事なくプラス収支で終える事が出来た事を素直に喜んでおきます。

ただ、終わって考えるとやはり3連単の246,370円は欲しかった。

最近門別競馬で少しハマっている本命、対抗馬の組み合わせだけマルチをかける買い方(去年は府中牝馬ステークスがこの買い方で大ハマり)をしていれば、とも思いますが、この辺りの買い方に関しては近々バージョンアップした姿をお見せする事が出来るでしょう。

その他にも色々と書きたい事もありますが、今日は眠いのでまた次の機会に。

そして今週からは十八番の東京芝1400m戦が組まれる例の開催になりますので、この開催に関しては馬鹿の一つ覚え攻めで例年通りの大事故があると思っております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大勝負レース毎日王冠!

【毎日王冠注目穴馬】

使い方は自由自在!
競争馬のプロが教える馬券候補5頭

宝塚記念(GI)情報注目馬5選

①ユニコーンライオン(7人気)→2着
②レイパパレ(2人気)→3着
⑦クロノジェネシス(1人気)→1着
⑨アリストテレス
⑩カレンブーケドール

例えば、この5頭をまとめて買った場合…

馬連 2780円
3連複 2200円
3連単 1万3340円

アナタ使い方次第で高配当も狙える!

【毎日王冠注目穴馬】

毎日王冠過去・出走予定他

【過去5年成績】

16年
ルージュバック   牝4 1人気
アンビシャス    牡4 3人気
ヒストリカル    牡7 11人気

17年
リアルスティール  牡5 3人気
サトノアラジン   牡6 5人気
グレーターロンドン 牡5 4人気

18年
アエロリット    牝4 1人気
ステルヴィオ    牡3 3人気
キセキ       牡4 6人気

19年
ダノンキングリー  牡3 1人気
アエロリット    牝5 2人気
インディチャンプ  牡4 3人気

20年
サリオス      牡3 1人気
ダイワキャグニー  セ6 4人気
サンレイポケット  牡5 5人気

【過去5年前走】

16年
エプソムC 1
宝塚記念 16
エプソムC 6

17年
中山記念 8
安田記念 1
安田記念 4

18年
安田記念 2
日本ダービー 8
宝塚記念 8

19年
日本ダービー 2
安田記念 2
安田記念 1

20年
日本ダービー 2
エプソムC 1
新潟記念 3

【出走予定馬】

ヴァンドギャルド 57.0
ヴェロックス 56.0
カイザーミノル 56.0
カデナ 56.0
ケイデンスコール 57.0
サンレイポケット 56.0
シュネルマイスター 56.0
ダイワキャグニー 56.0
ダノンキングリー 58.0
トーラスジェミニ 56.0
ポタジェ 56.0
マイネルファンロン 56.0
ラストドラフト 56.0

【予想オッズ】

1 ダノンキングリー 2.3
2 シュネルマイスター 2.4
3 ヴァンドギャルド 9.6
4 ケイデンスコール 13.3
5 ポタジェ 15.8

【有力馬一週前追い切り】

ダノンキングリー

今回が安田記念以来の出走となるが、美浦ウッドで古馬2勝クラスを3馬身半追走し、ほぼ馬なりの楽な手応えのまま2馬身先着といきなりからこの馬らしい動きを披露。

特に加速してからのラスト1ハロンの動きが目に付いており、大きな身体を使ったダイナミックな走り、そして力強い脚捌きは圧巻で、一週前からここまで負荷をかけて動けていればきっちりと仕上がってくるだろう。

少し馬体は太いが、ある程度絞れればまた動きも大きく変わってくる事が予想されるので、最終追い切りの動き、変わり身に注目しておきたい。

シュネルマイスター

こちらも安田記念以来久々の出走となるが、ウッドでの3頭併せでいっぱいに追われる意欲的な追い切りを消化。

調教パートナーはココロノトウダイ、ユーバーレーベンという豪華な3頭併せとなったが、これらの馬を追走するも結果的にはココロノトウダイには2馬身ほど遅れてしまうこの馬らしくない動き。

ただ、馬場が悪かった事や全体的な時計はしっかりと出せている点など、見た目以上に中身の濃い追い切りだった事も事実なので、この馬に関してもある程度馬体が絞れた時の動きを確認してみたい。

独自の注目ポイント・注目馬

近年勝ち切る馬は外枠!

過去5年9,9,9,8,10番ゲートと開幕週でも近年の勝ち馬は外枠から出る事が多いので、今年もWIN5や3連単を買う上では一応気にしておきたいポイント。

中心は若く力のある3歳馬!

17年のソウルスターリングなど人気を裏切る事もあるにはあるが、3歳馬は過去5年出走してきた4年中、3年で馬券に絡んでいる。

その馬券に絡んだ3頭は前走日本ダービー組だったので、3歳馬でも前走日本ダービー組が出走してきた時は特に注意が必要(過去10年に広げるとアリゼオ、ジャスタウェイも前走日本ダービー組3歳馬)

古馬なら前走安田記念組強し!

近5年で5頭が馬券圏内。去年は前走安田記念組が不在のレースだったが、17~19年まで3年連続で連対馬を輩出していた。

最後に今年の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

条件揃ったここは一撃がありそう。

なお、毎日王冠など土曜,日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【毎日王冠2021予想他】10月9,10日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第72回 毎日王冠(G2)>

配当を引き上げる
人気薄隠れ穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人気馬の成績は、1人気[7.0.0.3]、2人気[0.2.0.8]、3人気[1.2.1.6]と1人気が7勝と安定しているが、2.3人気の成績は振るわず。平均配当では、馬連5150円、3連複1万6730円、3連単9万1030円と波乱含み。3連単では30万馬券を超える高配当が3度出ている。2桁人気馬が3頭馬券圏に好走しているようにヒモ荒れの傾向。馬連3桁配当は5度あるが馬連万馬券も2度出ている。3連単最高配当は38万8350円の特大馬券が出ている。

ステップレース別(3着以内)の成績ではエプソムC組[3.1.2]、ダービー組[2.2.0]、安田記念組[1.3.2]、札幌記念組[1.1.0]、NHKマイルC組[1.0.0]、中山記念組[1.0.1]、海外[1.0.0]、宝塚記念組[0.1.1.]、関屋記念組[0.2.0]、新潟記念組[0.0.2]、とGI組よりも多く勝利馬を輩出しているのがエプソムC組だ。

今年は19年毎日王冠の覇者で前走の安田記念で初GI制覇を達成したダノンキングリーがスタンバイ。今秋、GI2勝目に向け秋緒戦でどんな走りを見せるか注目だ。安田記念3着馬でNHKマイルCを勝ったシュネルマイスターも毎日王冠から始動。初の古馬相手の安田記念も0,1秒差と際どい競馬で力のあるところを見せており、今後のGI戦線でも活躍が見込める期待馬。その他では前走の海外遠征ドバイターフ(GI)で2着したヴァンドギャルド、ダービー4着グレートマジシャン、前走の新潟大賞典2着でここまで10戦して9連対のポタジェなどが出走予定!

天皇賞(秋)・マイルCSのGIに向けて始動する素質馬が揃う毎日王冠だが、今年の毎日王冠は波乱のキーホースとなる激走穴馬がスタンバイ!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『毎日王冠・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第72回 毎日王冠(G2)>

配当を引き上げる
人気薄隠れ穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク