【マイルチャンピオンシップ南部杯2020予想】本命ワイドファラオ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は月曜の盛岡メイン、マイルチャンピオンシップ南部杯の予想を。ゴールドドリーム、インティ、モズアスコット、ワンダーリーデル、サンライズノヴァなどが出走するダート1600mのJPN1レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

本来であれば先週の予想結果や週末のG1の記事を更新する日ですが、今日は地方で重賞が組まれていますので、いつもの記事は明日以降に更新する予定です。

なお、先週行われた東京盃は◎ジャスティンが押し切るも、相手がどちらも△評価の馬だったので馬連と単勝のみの的中。ただ、翌日のレディスプレリュードは☆マルシュロレーヌ◎マドラスチェック〇プリンシアコメータで決まりほぼ本線的中と相変わらず地方は好調続き。

今週もド本線的中でしっかりとプラスを出せればと思いますのでご期待ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

秋華賞(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

秋華賞を無料で見る方法

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
10/3 中京6R  1万5020円的中
9/26 中山11R  1万6480円的中
9/21 中京8R  5万2670円的中
9/20 中山8R  6万9540円的中
9/19 中京11R  17万8980円的中
9/12 中山10R  1万8400円的中
9/6  札幌11R  1万3890円的中
9/5  小倉11R  15万5240円的中

秋華賞を無料で見る方法

マイルチャンピオンシップ南部杯

本命はワイドファラオ

帝王賞は惜しくも馬券に絡む事は出来なかったが、クリソベリル、オメガパフューム、チュウワウィザードといったダート中距離路線のトップクラスの能力を持った馬が揃っていた超ハイレベルなレースだったので、オメガパフュームやチュウワウィザードとほぼ差のない競馬に持ち込めた事を評価すべきレースか。

更に終わってみれば2000mという距離もこの馬には少し長く感じたので、その中で掲示板を確保してきたのは能力あってこそと言えるのでは。

今回と同じマイルで行われた2走前のかしわ記念では少頭数ながらもケイティブレイブ、サンライズノヴァ、モズアスコットなど相手がそれなりに揃っていたレースで楽々逃げ切って勝利しており、その時のメンバーとそう差のないメンバー構成となったここならかしわ記念の再現が濃厚な一戦ではないだろうか。

極端な内枠を引き当てると評価に困ったかもしれないが、幸いにも引き当てたのは願ってもない外枠。この枠なら出たなりの競馬が出来るので、じわっと先手を奪う形に持ち込めば止まらないとみた。

対抗はゴールドドリーム

近走のレース内容を見るとこの馬としては物足りない競馬が続いているが、前走の平安ステークスも乗り慣れていない鞍上が乗っての結果なので、相手関係込みで考えると悲観するような内容ではない。本命馬同様に今回は最高の枠を引き当て、更にハンデ57キロでの競馬、そして乗り慣れた鞍上への乗り替わりなど、ここは最低限の買い材料が揃ったので、この条件であればまず勝ち負け争いに加わってくる一頭と言えるのでは。

▲にサンライズノヴァ

前走のプロキオンステークスは正直勝ち切れるとは思わなかったが、終わってみればハンデ59キロを背負いながらも快勝と格の違いを見せつけられてしまった。条件だけで見ると前走よりも今回の左回りのマイルの方が向いていると思うので、今の勢いを考えるとここも勝ち負け争いに加わってくる可能性が高そう。

☆にアルクトス

4番手は少し迷ったが、前走を使われた上積みを考えるとここは怖さしか感じられないので、狙いすましたローテでの参戦となる今回は久々の好走に期待が持てそう。おそらく人気は地味だと思うが、この産駒は人気がない時こそが狙い目なので、走れる条件揃ったここは上位評価して多少のズレでの小波乱を待ちたい。

◎ワイルドファラオ
〇ゴールドドリーム
▲サンライズノヴァ
☆アルクトス
△インティ
△モズアスコット

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第25回 秋華賞(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年の3歳牝馬路線を語る上で、絶対に外せない存在なのは、言うまでもなく無敗の2冠馬デアリングタクトだ。

桜花賞、オークスともに強烈な末脚を繰り出し、着差以上の強さを感じさせる内容。これまで牝馬3冠は史上5頭達成しているが、無敗でとなれば初めての快挙となる。

鞍上の松山のみならず、この馬で初めてGI制覇を成し遂げた38歳の若き杉山調教師、担当助手や厩務員など、あらゆる関係者にプレッシャーがかかる。

他陣営が『打倒デアリングタクト』で挑んでくるのは自明の理。春の2冠にも増して強まる包囲網を突破するのは、そう簡単な話ではない。

前哨戦の紫苑Sをマルターズディオサが、ローズSをリアアメリアが制したことで、春のクラシック組が優勢であることを証明。デアリングタクトの2冠の価値はさらに高まったとも言える。

だが、まだ未対戦の上がり馬もおり、そこから勢力図をひっくり返すような馬が出てくる可能性はゼロではない。今年は牡馬、牝馬クラシックともに無冠に終わったノーザンFの動向も不気味だ。

世間が“1強”と注目するレースでは、自ずとマスコミもそこへ集中し、他の取材がおろそかになる。

例えデアリングタクトのような圧倒的人気馬が勝利したとしても、2、3着に人気薄が食い込み、結果的に万馬券、馬券的には大波乱決着になったレースは、過去にいくらでもある。

何より、昨年の暮れの有馬記念では、単勝1倍台のアーモンドアイがコケたことは記憶い新しいはず。競馬に絶対はないのだ。

弊社シンクタンクはリスグラシューから3連単5万7860円、3連複1万0750円、馬連2990円の◎◯の大本線でズバリ的中させているが、業界最高峰の確固たる情報力を有しているから、世間の“1強”ムードに惑わされることなどない。

『ブッツケ本番でデアリングタクトは大丈夫なのか』『逆転を目論む陣営がいるのか』などなど、秋華賞を攻略する上で重要となるポイントは、本物の関係者情報を掴んでいる弊社であれば的確にジャッジが可能。

今週は特別に秋華賞の関係者情報と馬券候補が簡単に絞れる“情報馬注目5選”を無料公開する。秋のGI第1戦スプリターズSも無論的中、この情報も見逃す手はない!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第25回 秋華賞(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク