【目黒記念2018予想】本命ソールインパクト

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京最終レース、目黒記念の予想を。サウンズオブアース、ゼーヴィント、チェスナットコート、ノーブルマーズ、パフォーマプロミス、フェイムゲーム、ホウオウドリーム、ポポカテペトルなどが出走予定の芝2500mのハンデ重賞。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第85回 日本ダービー(GI)

ある大物関係者は「今年のダービーはまず荒れる」と断言しているだけでなく「これは本当にオフレコ情報なのだが、○○○○○○○○陣営が実は……」という、とんでもない強力情報も既に掴んでいる。レースそのものはもちろん、馬券的にも非常に妙味のある1戦となったのは間違いない。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━

目黒記念

本命はソールインパクト

何度も言っているがディープインパクト産駒にしてはスパっと切れるタイプでもないので東京2400mよりも東京2500mという中途半端な舞台設定が合っており、東京2400mだと少し足りない部分が100mの延長で補われる少しツボがズレた馬。

特別スタミナが豊富な馬とは思わないが、ダイヤモンドステークスのような特殊なコースで最後の一押しが利く馬なので、今回のコース適性が抜群に高いのは間違いないだろう。

今回と同じコースで行われたアルゼンチン共和国杯ではスワーヴリチャード、セダブリランテス、アルバートと強豪馬がいるレースの中で2着。前走の天皇賞春や2走前の日経賞のレース内容をみる感じでは能力以上にコース適性の差で上位に食い込んだ形ではあるが、逆にそれだけコース適性が高いとも取れるので、その時よりも相手がかなり楽になる今回は当然怖い1頭となる。

何故かここも人気はあまりないが、これだけ実績がある馬にハンデ54キロは軽すぎる印象で、上位人気馬とのハンデ差とコース適性の差を考えるとまず買いと言え、今回もアルゼンチン共和国杯やダイヤモンドステークスのように直線で早めに前を捕らえるような展開になれば簡単には止まらない。

対抗はチェスナットコート

前走の天皇賞春では中段からレースを進め、直線で外を回っての競馬で5着。初のG1と考えれば上々の内容で、勝ち馬との着差も大きくなかっただけに力をつけている事は間違いないだろう。

そこそこ相手が揃っていた2走前の日経賞でも、今回目黒記念に出走しているゼーヴィント、ソールインパクトには先着しており、今年に入ってからの勢いは本物と思っていいか。

早春ステークスでは直線でマイネルヴンシュが抜けだしたところを外から軽くねじ伏せており、この時通ったコースを考えると普通に強い内容と言える。東京コースも相性が良く、距離も守備範囲。更に目黒記念と相性の良い鞍上と買い材料が揃ったここは素直に印を打った。

▲にフェイムゲーム

既に8歳となってしまったが、前走のダイヤモンドステークス、2走までのステイヤーズステークスを見る感じでは極端な衰えは感じられず、スタミナを必要とする展開、レースになればまだまだ上位の存在だろう。ハンデ59キロは楽ではないが、東京2500mという特殊な条件でのレースであればそれなりに警戒する必要はあるだろう。ハンデか嫌われるようなら逆に狙い目とみる。

最後に地味ではあるが今回のコースがいかにも合いそうな☆穴※ノーブルマーズ人気ブログランキングへを上位評価しておく。

条件戦を走っている頃から重賞でもと思っていた馬で、上位人気馬との能力の差は感じる事は事実ではあるが、ハンデ差を活かせば上位に食い込めるだけの能力はある。今回は展開面も大きく味方しそう。

◎ソールインパクト
〇チェスナットコート
▲フェイムゲーム
☆穴人気ブログランキングへ※ノーブルマーズ
△パフォーマプロミス
△サウンズオブアース
△リッジマン
△ゼーヴィント
△ポポカテペトル
△ヴァージュ
△ホウオウドリーム

☆穴はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第85回 日本ダービー(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
日本ダービーを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年は皐月賞組(8勝)、京都新聞杯組(1勝)、NHKマイルC組(1勝)と圧倒的に皐月賞組から優勝馬が出ている。連対馬は皐月賞組[8.7.3.62]、京都新聞杯組[1.1.1.14]、NHKマイルC組[1.0.1.28]と連対馬20頭中15頭が皐月賞組でもあり皐月賞組中心のレースと言える。

過去10年の皐月賞馬がダービーを勝ったのはドゥラメンテ、オルフェーヴルの2頭のみで、オルフェーヴルは3冠馬に。今年の皐月賞優勝馬エポカドーロは2冠達成なるか?また、注目は皐月賞を回避した無敗馬ダノンプレミアム。一頓挫あって間隔は開いたが、果たして無敗でのダービー制覇なるか。1980年以降、無敗のダービー制覇はシンボリルドルフ(5戦5勝)、トウカイテイオー(5戦5勝)、ミホノブルボン(5戦5勝)、フサイチコンコルド(2戦2勝)、ディープインパクト(4戦4勝)と5頭のみ。ダノンプレミアム(4戦4勝)が優勝すればディープインパクト以来13年振りの無敗馬誕生となる。

また、別路線組みからの無敗馬ブラストワンピース(毎日杯組・3戦3勝)の存在も忘れてはいけない。毎日杯を使う前から皐月賞には向かわずダービー直行を断言していた陣営。気性面の問題もあるが、ゆったりとしたローテで1冠獲りを狙っている。鞍上はオルフェーヴルでダービージョッキーとなった池添。開業11年目で悲願のダービー制覇のチャンスが巡って来た大竹厩舎だが、GⅠ初勝利がダービーとなる可能性も十分ある。

競馬セブンでは社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、全頭の厩舎情報および追い切り評価など馬券に直結する内部情報を入手可能。公にはならない関係者情報は馬券に直結する裏ネタばかり。今年の日本ダービーもお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ダービー・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第85回 日本ダービー(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
日本ダービーを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク