【目黒記念2018予想オッズ】穴馬一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


こんばんは。

続いて日曜の東京最終レース、目黒記念に出走を予定している有力馬、穴馬、ゼーヴィント、ソールインパクト、フェイムゲーム、ポポカテペトルの一週前追い切りの記事を。

日本ダービーに関する記事はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第85回 日本ダービー(G1)■

競馬セブンでは社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、全頭の厩舎情報および追い切り評価など馬券に直結する内部情報を入手可能。公にはならない関係者情報は馬券に直結する裏ネタばかり。今年の日本ダービーもお見逃しの無いようご注意ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


3点勝負買い目を無料公開

目黒記念一週前追い切り

ゼーヴィント

外の馬を追いかけて並ぶまではいいが、そこからなかなか突き放す事が出来ずにそのままフィニッシュ。手応えの違いこそあるも、いい頃と比べると少し動きが硬くもさっとした印象を受ける。

七夕賞を勝った時の最終追い切りなどをみても、仕掛けられるとすぐに反応して加速する場面がみられたり、身体全体を使って動けていたりと大きな違いを感じてしまうので、まだ本調子とまではいかないか。

ソールインパクト

四肢の可動域は至って普通も脚捌きは軽く軽快な動き。いつもスピード感には欠けるような動きをするが、この日は少なくとも前走よりは素軽い。ラストの反応も良く、頸と脚のリズムもしっかりと合っており、一週前としては上々と言える調教内容。

フェイムゲーム

調教パートナーに遅れはしたが、動きはダイナミックで力強さを感じる。いつも反応が鈍いタイプなのでこれはこれで悪い印象はない。割と負荷はかけられているが、まだまだ馬にも余裕があり軸もブレない。前へ出ようとする姿勢も感じられるので調子は良さそう。

ポポカテペトル

調教パートナーに大きく離されたが相手はワグネリアン。深く沈むフォームが特徴ではあるが、この日もしっかりと頸を出し、前脚でがっちり地面を捉えて走れている。

相手が相手なので動きは目立たないが、かなり負荷もかかっており、頭の高さやリズムも安定しているのでいい調教だったのでは。追われてスピードに乗らない辺りがいかにもこの母系という感じなので、今回の舞台を考えると面白い存在だと言える。

予想オッズ

チェスナットコート 3.1倍
パフォーマプロミス 4.3倍
フェイムゲーム 5.6倍
ゼーヴィント 5.9倍
ロードヴァンドール 8.8

1人気は天皇賞春で見せ場をつくったチェスナットコート。続いて日経新春杯の勝ち馬パフォーマプロミス、ダイヤモンドステークスの勝ち馬フェイムゲーム辺りが人気に支持されるもハンデ戦だけあってかなりオッズは割れるのでは。

最後に目黒記念の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

かなり相性の良い重賞で、それなりに荒れるが取りやすいといった感じなので、ここは普通に取りに行く事も考えていますが、まずパッと見ではこの馬が人気的にも面白いと思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第85回 日本ダービー(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

皐月賞は7番人気馬エポカドーロが制し、2着は9番人気のサンリヴァルで、3連単の配当は【37万2080円】と波乱の決着に。「最終週に雨が降って馬場が悪化した影響が大きかった。皐月賞の結果がそのままダービーに直結するとは思わない」と関係者は口を揃えており、今年の日本ダービーはますます混戦の様相を呈してきたと言えるだろう。

そして今回、皐月賞馬・エポカドーロ以上に注目を集めるのは、皐月賞に出走していれば1番人気濃厚だった、無敗の2歳王者ダノンプレミアムだろう。挫石でレース回避が決まった後、ほぼ2週間、馬房から出すことができなかった調整過程を考えれば、今回は決して順調なローテーションとは言えない。それでも、時計を出し始めてからは流石の動きを披露している。

かつて、フェノーメノ陣営が「本当は自信があったがプレッシャーをかけないように煙幕を張った」とレース後に関係者に明かしていたように、大レースになればなるほど、各陣営の本音は表に出づらくなる。ホースマンが誰しも憧れる日本ダービーの大舞台であれば、表に出ないような陣営の本音が、いつも以上に多く存在するのは間違いないだろう。

競馬関係者の裏の裏まで知ることができるのは、当社シンクタンクには、これまでサクラローレル、サクラバクシンオーなど数々のGI馬を育てた境勝太郎元調教師や、“関西のドン”として知られた柳田次男元調教師といった競馬界のレジェンド達が情報ルートとして在籍し、現在もハイセイコーの主戦騎手を務めた増沢末夫元調教師を筆頭に、史上最強馬との呼び声も高いマルゼンスキーの主戦騎手を務めた中野渡清一元騎手、伝説の名馬サクラスターオーを手がけた平井雄二元調教師といった業界最高峰と言われる人脈と情報力を擁しているからこそ。

ある大物関係者は「今年のダービーはまず荒れる」と断言しているだけでなく「これは本当にオフレコ情報なのだが、○○○○○○○○陣営が実は……」という、とんでもない強力情報も既に掴んでいる。レースそのものはもちろん、馬券的にも非常に妙味のある1戦となったのは間違いない。

本来であれば、日本ダービーの関係者情報を無料で提供することはないが、今回は特別も特別、弊社の情報を初めて入手される方に限り、日本ダービーの【◎-穴1点馬券】の情報を先着100名様限定で特別無料公開することが決定した。競馬の祭典である日本ダービーの馬券を購入される方は、是非とも”本物の関係者情報”を味わって頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第85回 日本ダービー(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク