【目黒記念2020予想】+安土城ステークス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京最終レース、目黒記念の予想を。ステイフーリッシュ、サトノクロニクル、ウラヌスチャーム、ニシノデイジー、ノーブルマーズなどが出走する芝2500mのG2レース。

その他の追い切りや日本ダービーの予想に関してはこちらから。

【追い切り日本ダービー2020予想】

メインレースに組まれている日本ダービーの的中が◎マイネルフロストの年まで遡る事になりますが、この目黒記念に関してはそこそこ当たっている気がします。

去年も日本ダービーでガッツリと負けた後に◎ソールインパクトで軽くひと捲りしているので、今年もそのパターンがあっていいのか、ない方がいいのか…。とりあえず割と相性は良いレースなので、ダービー同様に当てておきたいです。

まずは本題の前に安土城ステークスや白百合ステークスなどの予想を。今日はダービーという事で現地にいるつもりでバンバン数を打ちます。

東京5R

オンリーワンボーイ

とりあえず現地に行ったら遅くてもこの辺りのレースからスタートすると思われますので、その気分のままで予想しました。

さすがにある程度人気にはなると思うが、案外メンバーが揃ったので人気が割れれば馬連辺りでも十分回収出来そうなレース。ここは前半競られる形になりながらもギリギリまで粘り、更に最後は差し返す競馬をしている本馬が能力的には上位とみる。

安土城ステーク

プールヴィル

マイルでも十分やれる馬ではあるが、やはりツボは今回の1400mの馬というのは間違いないので、ここはベタでも馬券はここから組み立てたい。相手は難しいが、アマルフィコースト、アンコールプリュ、リバティハイツ辺りを中心に手広く3連系を買ってみたい。

白百合ステークス

人気ブログランキングへ

去年は◎モズベッロから爆発したレース。今年も少頭数の割にはメンバーは揃った印象も、去年程の事故はなさそう。

日本ダービーの穴馬3頭

日本ダービー(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

日本ダービー(G1)の予想を無料で見る

目黒記念

本命は人気ブログランキングへ

基本的にこのコースはソールインパクトのように東京2400mでは足りない馬が100mの距離延長でその足りない部分を補って激走してくるなど、少しツボがズレた馬が穴をあける舞台設定となっているので、今年その条件に該当するのはギリギリではあるが一応本馬という事になるか。

ソールインパクトとは違って切れる脚が使えるという部分だけは引っかかってしまうが、それでも血統通りスパッと切れるというタイプではないので、東京の非根幹距離定番の狙い方であるいわゆる直線で流れ込めるという部類に入る馬。

前走は全くの見せ場なしの競馬になってしまったが、着順ほど大きくは負けておらず、更に距離が影響しての結果なので完全に参考外と言えるレースで、本来のこの馬の持ち味が最大限に活かせそうな今回のレースであれば大きな変わり身に期待が持てるのではないだろうか。上位人気馬とのハンデ差やコース適性の差を考えるとここは怖さしかない。

対抗はオセアグレイト

もともと重賞でも通用すると思いずっと目を付けていた馬ではあるが、テイエムジンソクのように鞍上が足を引っ張っている事もあって想像以上に出世が遅れている一頭。

実際に前走のメトロポリタンステークスでも直線で内から外に出す大きなロスがあり、結果最後は上がり最速の脚を使うもガッツリ差し損ねて5着止まりと見た通りのダメ騎乗。当然ではあるが当時の馬場を考えると外から脚を使って勝ち馬と0.2秒差の競馬まで詰め寄ってきた事は高く評価出来るので、仮に冷静に追い出しを待って内を突く競馬が出来ていれば間違いなく馬券には絡んでいただろう。

2走前のダイヤモンドステークスでも上位2頭には着差をつけられてしまったが、差し馬が台頭する流れの中で伸びない内を先行して残す強い競馬で3着を確保しているので、待望の乗り替わり、大幅な鞍上強化となる今回はここ2走よりもパフォーマンスを上げて来ると考えるのが普通の答えになるのでは。

特殊な2500mでの競馬になるので、過去に王道の2400mで結果を残している点だけは気になるものの、強い勝ち方をした信夫山特別の内容を見るとこの距離への適性も決して低い馬ではないと思うので、ハンデ戦らしく人気が大きく割れそうな今回は絶好の狙い目とみた。

▲にノーブルマーズ

基本的に休み明けは走らない馬ではあるが、最近は割と休み明けのレースでもしっかりと見せ場をつくって掲示板を確保しているので、近2走でトリオンフと0.2秒、ステイフーリッシュと0.1秒差の競馬が出来ているなら相手大幅弱化の今回はいきなりから好勝負に持ち込む事が出来るのでは。

☆にタイセイトレイル

近走のレース内容悪くないアイスバブルとどちらを上に取るか迷ったが、最終的にはコース適性の差でこちらを上位に。相変わらず勝ち切れない競馬は続いているが、中距離以上のレースでは大崩れする事なく走ってくる馬で、特に今回の東京2500mという舞台設定はほぼベストと思っていいだろう。

前走も勝ち馬には上手く乗られてしまったが、この馬も後方から追い上げてしっかりと見せ場はつくっていたので、ここも勝ち切れるかどうかは別として、最後は確実に脚を使ってくるのでは。

人気ブログランキングへ
〇オセアグレイト
▲穴ノーブルマーズ
☆タイセイトレイル
△穴アイスバブル
△キングオブコージ
△バラックパリンカ
△ゴールドギア
△ステイフーリッシュ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第87回 日本ダービー(G1)>

無敗馬コントレイルを脅かす
隠れ穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

■基本的には皐月賞組を信頼
過去10年の平均配当では【馬連5100円・3連複1万6350円・3連単35万8640円】。3連系では10万馬券以上が5度、最高配当285万馬券が出ている。過去10年は皐月賞組(8勝)、京都新聞杯組(2勝)と圧倒的に皐月賞組から優勝馬が出ている。連対馬は皐月賞組[8.7.5.65]、京都新聞杯組[2.1.1.20]、青葉賞組[0.2.3.21]、プリンシパルS組[0.0.1.8]。NHKマイルC組は[0.0.0.22]と22頭出走して馬券圏内は1頭もいない。連対馬20頭中15頭が皐月賞組でもあり皐月賞組中心のレースと言える。

■15年振りに無敗のダービー馬誕生なるか?
過去10年の皐月賞馬がダービーを勝ったのはドゥラメンテ、オルフェーヴルの2頭のみで、オルフェーヴルは3冠馬に。1980年以降、無敗のダービー制覇はシンボリルドルフ(5戦5勝)、トウカイテイオー(5戦5勝)、ミホノブルボン(5戦5勝)、フサイチコンコルド(2戦2勝)、ディープインパクト(4戦4勝)と5頭のみ。今年の皐月賞優勝馬コントレイルは無敗で2冠達成なるか?コントレイル(4戦4勝)が優勝すればディープインパクト以来15年振りの無敗のダービー馬誕生となる。

今年注目を集めるのが、皐月賞で激戦を演じたコントレイルとサリオスの2頭でしょう。

今回は東京2400mと全く異なる舞台に変わるだけでなく、この2頭は皐月賞前に「距離は2000mまでかも」という話も、オモテに出回っていたように慎重にジャッジすべき有力馬と言えます。

他にも皐月賞をパスしてダービーへ駒を進めたワーケアだけでなく、NHKマイルC組も加わり、皐月賞の着順が変わる可能性も秘めています。

そして、過去34年間で一度も勝ち馬が出ていない、いわばダービーの鬼門とも言われる【乗り替わり組】。今年は皐月賞で人気を集めたサトノフラッグを筆頭に、有力馬の中にも多数いる点にも注目したいところ。

そんな今年の日本ダービーですが、競馬セブンは3歳牡馬路線に関して、2歳GI『朝日杯FS、ホープフルS』を皮切り、3歳牡馬重賞で的中ラッシュをお届け!ダービーを紐解くうえで重要な皐月賞でも[◎▲△2万馬券的中]をお届けし「3歳牡馬路線は完全に読めている」と言える状態。

さらには、社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、入手可能な情報は公にはならない馬券に直結する裏ネタばかり。

今年の日本ダービーもお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『日本ダービ3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク